1: 名無しさん@涙目です。(catv?) [US] 2018/07/02(月) 11:28:19.40 ID:VcJkLouR0 BE:323057825-PLT(12000)
sssp://img.5ch.net/premium/8114876.gif
2018年6月29日、中国が「超高速鉄道」を開発へと中国メディアが伝えている。
高温超伝導リニアと真空チューブを組み合わせたシステムで、最高速度は音速を上回る時速1500キロ。試験ラインの建設が進められており、早ければ21年4月にも試験速度1500キロの実現を目指す、としている。

真空チューブ式列車は、電気自動車(EV)の米テスラ・モーターズを創業したイーロン・マスク氏が提唱した。
理論的には、外気から遮断して真空状態にしたチューブの内部では摩擦力や空気抵抗がゼロとなり、わずかなエネルギーで列車などの物体が高速で移動できるようになる。宇宙空間のイメージだ。

中国網によると、19日に開かれた2018年世界交通運輸大会「高速鉄道技術発展フォーラム」で、西南交通大学首席教授の張衛華氏は科技日報の記者に「中国版超高速鉄道は『高温超伝導リニア+真空チューブ』技術を採用する。
すでに時速1500キロのフィジビリティスタディーに着手している」と話した。

西南交通大学が担当する「マルチモード接続レール交通動的模型試験プラットフォーム」は、各種低気圧環境を想定できる全長1500メートルの真空チューブ内で、異なる磁気浮上モードやスケールの列車の運行試験を実施できる。
高温超伝導リニアモードを含め、試験速度は超音速に達し、計算上は時速1500キロになるという。

張氏は「抵抗、パンタグラフ、騒音などの制限により、車輪レール交通技術の時速の限界は時速600キロとなっている」と指摘。
「高速リニアレール交通が今後、レール交通技術の発展の主な方向になる」「磁気浮上+真空チューブがつくり出す低抵抗運行環境が、未来の高速鉄道の速度を効果的に上げることが実験室内で実証済み」などと強調している。

音速上回る時速1500キロの「超高速鉄道」開発へ、高温超伝導リニアと真空チューブ組み合わせ?中国メディア
https://news.biglobe.ne.jp/international/0701/rec_180701_7624110942.html

11: 名無しさん@涙目です。(茸) [ニダ] 2018/07/02(月) 11:32:05.27 ID:lPgfl7Pu0
中国の新しい技術を追い求めていく姿勢はすごい
そりゃ日本が抜かされるわけだ


※続きは下にスクロール
157: 名無しさん@涙目です。(catv?) [GB] 2018/07/02(月) 12:19:03.48 ID:inONICzk0
>>11
日本列島では地震で地面がぐにゃぐにゃ波打つのに真空を維持するなんて無理に決まってんだろwww

12: 名無しさん@涙目です。(庭) [ニダ] 2018/07/02(月) 11:32:06.20 ID:Aqc/bNhb0
先進的なのはすごいけど、乗り物に関しては安全性を優先して

18: 名無しさん@涙目です。(長崎県) [US] 2018/07/02(月) 11:33:51.76 ID:gVkMJcdr0
飛行機より早いんだから将来的に飛行機は終わるかもな

65: 名無しさん@涙目です。(SB-iPhone) [US] 2018/07/02(月) 11:47:43.41 ID:jFE9kquL0
>>18
出入り口を作ればいいだけの飛行機と路線を作らなきゃいけないのはだいぶ違うからなぁ

19: 名無しさん@涙目です。(SB-iPhone) [US] 2018/07/02(月) 11:34:14.72 ID:uSI7GalJ0
バブル期の日本を見ているようだ

21: 名無しさん@涙目です。(庭) [JP] 2018/07/02(月) 11:34:43.39 ID:lfcvZm+h0
ロケット、旅客機、スマホ、AIに続いて高速鉄道も完全に抜かれたか?

26: 名無しさん@涙目です。(茸) [US] 2018/07/02(月) 11:37:12.62 ID:gG8cqC7i0
日本から失われたのはこの突撃力

200: 名無しさん@涙目です。(山口県) [US] 2018/07/02(月) 12:42:48.52 ID:9fUjGk2e0
>>26
「儲かる」「儲からない」がすべての起点になっちゃったからな

40: 名無しさん@涙目です。(長野県) [KR] 2018/07/02(月) 11:41:15.47 ID:trWHwzcr0
理論だけはめっちゃ昔からあったけど実現できるんかな?

42: 名無しさん@涙目です。(大阪府) [US] 2018/07/02(月) 11:41:37.28 ID:X9+et77e0
真空チューブリニア、ハイパーループの根本となる物は1847年にイギリスが発案した物
日本でも1970年代に東京-大阪間を14分で駆け抜ける「超音速滑走体」と言うプロジェクトで、
真空のパイプ内をロケットエンジンで推力を得る方針で時速2500kmを記録し、更に蛙や亀を乗せた生物実験にも成功してる
結論から言うと真空チューブリニアは実現する事はできる

でも建設費や運用費などを計算したら、東京-大阪間の大人一人の乗車料金は大体120万円くらいになると試算が出て、
余りにも現実的ではない料金なのでそこで計画は頓挫した

基本的に曲がれないので、直線のコースを作らないといけない建設費がまず膨大だがそんなものは微々たる物
ネックなのがパイプ内を真空にするコストの方
真空にする機械を何千台と置き、また列車を一回走らせるだけでそれだけの機械を動かすのはコストが余りにも高すぎる

実現はできるんだよ、原理は簡単だし作るのもそんな難しくない
ただ運用するととなるととてつもなく難しい
真空にするコストを大幅に削減できるような革新的な技術が見つからない限り現実的ではない
まぁ中国は国土が広大で直線を作りやすいしお金もあるから作り上げるくらいはやっちゃうかも

91: 名無しさん@涙目です。(やわらか銀行) [DE] 2018/07/02(月) 11:53:37.92 ID:5OqyPhgQ0
>>42
読んだだけで維持が面倒臭いのは分かった

105: 名無しさん@涙目です。(兵庫県) [US] 2018/07/02(月) 11:55:54.61 ID:HBR53BxG0
>>42
それってロケットエンジンだから採算が取れないんだよね
推進機関をリニアにしたらどうなるんだろうね
中国は採算がとれると考えてるんだろうが

126: 名無しさん@涙目です。(大阪府) [US] 2018/07/02(月) 12:04:45.92 ID:X9+et77e0
>>105
リニアにしてもそもそも真空にするコストが半端じゃないんだよ
リニアで走らせるならロケットエンジンと違ってゆっくり加速していく訳だから500km、1000kmみたいな道のりを走り抜けないと最高速まで辿り着かない
そんで距離が伸びれば伸びるほど線路の建設費、真空にする設備費が上がっていき、
更に真空設備を動かすコストもどんどん増えて行く
でもロケットエンジンよりは大分現実的なのがリニア
リニアの技術は日本やドイツでもう確立されてるし

そんで恐らく採算性とかじゃなくて「世界最速の鉄道」を作りたいとかそういう目的じゃないだろうか?
本気で火星に人を送り込もうとしてるのも中国だしな
でも人を火星に送り込んだって採算性なんてある訳がない
人類で初めて火星に降り立ったった国が中国!方が大事なんだろう
そんな宇宙開発と比べれば真空リニア作るのもそんなお金変わらないんじゃないだろうか?

51: 名無しさん@涙目です。(新疆ウイグル自治区) [US] 2018/07/02(月) 11:43:22.79 ID:YjxdnXjP0
この分だと火星有人一番乗りはたぶん中国になると思うわ。

53: 名無しさん@涙目です。(新潟県) [CN] 2018/07/02(月) 11:44:00.98 ID:G0eHLwNF0
ドロンジョたちの自転車並みに、走っている間に部品だ何だとポロポロ取れていきそう

引用元: http://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/news/1530498499/

money_fueru