2018年04月

    1: しじみ ★ 2018/02/09(金) 18:21:57.17 ID:CAP_USER
    タバコを吸う人間に禁煙を勧めたことのある人は、異様なほどの頑なさで抵抗を受けた経験があるかもしれない。
    これは喫煙に限らず、自己正当化や開き直り、責任転嫁など、嗜癖行動をする中毒者に共通の反応だ。
    普段は穏やかな性格なのに、喫煙を批難された途端、人格が豹変することも多い。

    〈タバコを吸うと大脳皮質が薄くなる〉

     喫煙行動というものは不思議だ。喫煙者の多くは、タバコを止めたほうがいいと内心では思っている。
    だから、まとめ買いをせず一箱ずつ買うという面倒な行動を取る。
    ムダ使いを避けるため、わざと流動性が低く現金化しにくい投資先を選ぶようなものだ。

     タバコを吸う人の頭の中は、タバコを吸わない人の頭の中と違っているのだろうか。

     タバコを吸うとニコチン(nicotine)が身体の中に入り、ニコチン依存症になってタバコを止められなくなる。
    これは一種の中毒のため、離脱症状が起き、ニコチンが切れるとイライラしたり落ち着かなくなったり食欲が増加したりするというわけだ。

     喫煙によるニコチン摂取は、口の中に入った時点で急速に吸収され、全身の臓器へ行き渡り、脳へは10秒という速度で到達する。
    ニコチン自体は約2時間ほどで約半分に代謝されて主にコチニン(cotinine)という物質に変わり、
    12時間ほどでニコチンはなくなる。

     一方、タバコ会社は、ニコチンはアルコールやヘロン、コカイン、大麻などと違い、中毒性は低いと主張するが、
    全くの嘘だ。これらの薬物と比べ、ニコチン依存へのなりやすさは最も高い。
    また依存性が強いほど、禁煙しても再喫煙しやすいといわれている。

     ニコチンは脳内でニコチン性のアセチルコリン受容体にくっつき、ドーパミンなどの報酬系脳内物質を出す。
    これによって中毒性の依存症になるわけだ。

     人間の脳には可塑性があり、また何かの影響で変異が起きても可逆的に元に戻ることがある。
    タバコを吸うことで大脳皮質にあるこの受容体は3~4倍にまで増える。
    禁煙後、1ヶ月経たないとこの肥大した受容体は元には戻らず、
    6~12週間でようやくタバコを吸わない人と同じレベルに戻る。

     タバコは喫煙者の脳内でニコチン性アセチルコリン受容体を著しく増やし、そのことで脳の報酬系の回路を増やし、
    中毒性の依存症を加速させるというわけだ。ニコチン自体は体内で代謝されて排出されるが、
    脳にできたこの回路は3ヶ月経たないと元に戻らない。このように喫煙の習慣性や長期化と脳の変化は密接につながっている。

     カナダのマギル大学の研究者によれば、タバコを吸うことで認知症が起きやすくなり、喫煙により脳の大脳皮質が薄くなる(>>4�。
    喫煙者の大脳皮質は、タバコを吸わない人に比べ、0.07~0.17ミリほども薄く、この脳の変化が元に戻るのには禁煙後25年ほどかかるのではないかという。

    続きはソースで

    関連ソース画像
    no title


    Y!ニュース
    https://news.yahoo.co.jp/byline/ishidamasahiko/20180207-00081366/

    【「喫煙者の脳」やはり異変が起きていた】の続きを読む

    1: ガーディス ★ 2018/04/30(月) 11:43:18.36 ID:CAP_USER9
    夏休みに非行に走ることが心配されるのは生徒のはず。しかし、先生が非行に走っていたのだから話にならない。

     奈良県警は4月18日、18歳未満の少女に現金を渡してわいせつ行為をしたとして、児童買春・ポルノ禁止法違反の疑いで都立上野高校の日本史教諭・藤田将章容疑者(47)を逮捕した。

    「犯行があったのは昨年8月29日。場所は奈良市内の娯楽施設でした」(捜査関係者)

     被害少女は当時高校2年生の16歳。容疑者とは昨年8月、ツイッターを通じて知り合ったという。ツイッターで援助交際をほのめかす少女の書き込みを県警がサイバーパトロールで見つけ、履歴から藤田容疑者が浮上、逮捕にこぎつけた。

    「援助交際した場所はカラオケBOXだったとみられ、少女に支払ったのは1万3000円。ずいぶんとケチったものだ」(全国紙社会部記者)

     理由は“遠征費”だろうか。新幹線を使ったとすると、JR東京から新大阪まで自由席で片道1万3620円。新大阪から在来線を使って奈良市内まで乗り継ぐ運賃を考えると、往復で約3万円はかかる計算になるからだ。

     この容疑者の勤務態度について校長は、

    「もうフツーに普通ですよ。問題はなかったです。遅刻も早退も無断欠勤もないです」

     と普段の様子からは想像できなかったことを匂わせる。

     学校は、保護者会説明の日程や藤田容疑者の穴を埋めるための時間割変更、生徒の心のケアに追われてバタついていた。

    「藤田先生はサッカー部の顧問をしておりまして、サッカーの審判員の資格も持っていました。自身もサッカーをしていたので部活動の指導は熱心にしていたんですが……」

     と前出・校長。

     そんな熱血教師がなぜ奈良までわざわざ出向いて買春を行ったのか。

    「全然(心当たりはないです)。日本史の先生ですから、奈良の史跡を歩くこともあるんじゃないですかね。それくらいしか私には想像できないです。校長でも個人の趣味までは監督できませんから。

     業務で行ったのであればまだしも、なんで奈良に行ったのかと言われても見当が付きません」(同校長)

     容疑者は過去に勤めた高校で、生徒指導担当を務めたこともあった。生徒を指導する側の先生が、警察に捕まるという事態。長期休みに入る前には、先生も“非行”を起こさないよう生徒と一緒に気を引き締める機会が必要かも。

    https://news.biglobe.ne.jp/domestic/0428/sjo_180428_3229815827.html

    【奈良まで3万円かけて遠征し女子高生にわいせつ行為の日本史教諭、支払い額と犯行動機にトホホ 】の続きを読む

    1: ばーど ★ 2018/04/30(月) 18:08:07.42 ID:CAP_USER9
    歌手の郷ひろみさんの母親が、2018年2月、郷ひろみさんをかたる男らから、現金200万円をだまし取られる特殊詐欺の被害に遭っていたことがわかった。

    2018年2月5日、東京・目黒区に住む郷ひろみさんの80代の母親に、郷ひろみさんを名乗る男から「カバンを盗まれた」と電話があり、その後、「カバンは見つかったのだけれど現金が必要で、用意してくれないか」と、再び電話があった。

    そして翌6日に、郷ひろみさんの事務所関係者を名乗る人物が母親の元を訪れ、現金200万円をだまし取ったという。

    警視庁は、郷ひろみさんを装った特殊詐欺事件として捜査している。

    04/30 17:23
    FNNニュース
    http://www.fnn-news.com/news/headlines/articles/CONN00390937.html

    【郷ひろみさん母、特殊詐欺で200万円被害 郷ひろみさんを名乗る男から 】の続きを読む

    1: wisteria ★ 2018/04/30(月) 17:16:56.68 ID:CAP_USER9
     91歳の男性の肩を突き飛ばすなどしたとして、兵庫県警兵庫署は30日、暴行の疑いで、神戸市長田区の無職の少年(17)を現行犯逮捕した。

     逮捕容疑は30日午前10時45分ごろ、同市兵庫区湊山町の路上で、同区の無職の男性(91)の右手を引っ張り、右肩を突き飛ばした疑い。同署の調べに、容疑を認めているという。

     同署によると、少年は男性の知人の孫。少年から「金を貸してくれ」と言われ、男性が断ると、暴行されたという。男性にけがはなかった。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180430-00000011-kobenext-l28

    【【兵庫】17歳、91歳に「金貸して」断られ突き飛ばす 暴行の疑いで逮捕 】の続きを読む

    1: ばーど ★ 2018/04/30(月) 14:04:43.16 ID:CAP_USER9
    愛媛県の刑務所から逃走していた受刑者が広島市内で確保された瞬間とみられる映像が入ってきました。

    道の奥から走ってくるのが逃走していた平尾龍磨受刑者(27)とみられる男です。塀を乗り越えようとする男。追い掛けてきた警察官が2人がかりで男を取り押さえます。

    身動きできなくなってもがく男。押さえ付ける警察官。一部始終がカメラに収められていました。警察によりますと、平尾受刑者は8日、愛媛県今治市の松山刑務所大井造船作業場の寮から逃走していましたが、30日午前11時40分ごろに広島市内の路上を1人で歩いているところを広島県警の警察官から職務質問されました。

    映像はこの直後のものとみられます。平尾受刑者は逃走の疑いで通常逮捕されています。平尾受刑者の身柄は現在、広島東署にありますが、この後に愛媛県警へと移送されて詳しい逃走の経緯など捜査が行われる予定です。

    【動画】警察官が2人がかりで・・・刑務所から逃走 確保の瞬間
    https://www.youtube.com/watch?v=pcGYFzprlxY




    2018/04/30 13:23
    テレ朝ニュース
    http://news.tv-asahi.co.jp/news_society/articles/000126248.html

    【【動画あり】刑務所から逃走 平尾容疑者確保の瞬間!】の続きを読む

    1: 風吹けば名無し 2018/04/30(月) 13:38:00.74 ID:VwUT37BX0
    情弱丸出しやんけ…

    平尾逮捕★2
    http://hawk.5ch.net/test/read.cgi/livejupiter/1525059188/

    56 風吹けば名無し[] 2018/04/30(月) 12:35:30.34 ID:WK+wZGxud

    no title

    一応まだ本人確認はできとらんのか
    まぁ本人やろな

    【【悲報】なんJ民、グノシーをインストールしていた 】の続きを読む

    1: 記憶たどり。 ★ 2018/04/30(月) 11:00:40.77 ID:CAP_USER9
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180430-35118536-cnn-int

    アフガニスタン東部のナンガハル州で29日、子どもたちが見つけて遊んでいた不発弾が爆発し、
    親子ら3人が死亡した。ナンガハル州当局によると、爆発は同日午前7時ごろ発生し、
    女性1人とその娘を含む女児2人が死亡したほか、女児2人を含む8人が負傷した。

    砲弾は、反政府武装勢力「タリバーン」が28日に発射したものと思われる。

    タリバーンは2001年までアフガニスタンを実効支配していたが、2001年、米軍率いる
    有志連合のアフガン進攻によって、タリバーン政権は崩壊した。しかしここ数年は勢力を盛り返し、
    同国内で支配地域を広げつつある。

    アフガニスタンには長年にわたる衝突の影響で各地に地雷や不発弾が残されており、
    地雷除去支援団体によると、1979~2015年の犠牲者は2万3500人を超す。

    国連アフガニスタン支援ミッションが昨年まとめた統計によれば、2016年には子どもの
    犠牲者が急増し、前年より24%増えた。ほとんどは現場に残された不発弾が原因だった。

    「子どもたちは衝突の関係者が置き去りにした不発弾で遊んでいて、死亡したり、
    目が見えなくなったり、手足を失ったり、あるいは意図せず友人を死亡させたりしている」。
    フセイン国連人権高等弁務官は2017年2月の報告書でそう指摘していた。

    地雷除去支援団体の2012年の報告によると、不発弾による犠牲者は、
    地雷による犠牲者の3倍に上っているという。

    【不発弾を見つけて遊んでいたら爆発、親子ら3人死亡】の続きを読む

    1: 名無しさん@涙目です。(北海道) [US] 2018/04/30(月) 07:00:42.19 ID:AM9ikyQ60● BE:299336179-PLT(13500)
    家族に暴言・暴力を繰り返してきた30歳の長男は、両親から年間340万円の仕送りを受けて、働かずに一人暮らしをしている。
    父親の定年退職後も仕送りを要求し、このままではあと3年で預貯金は底を突く。だが長男を自宅に戻せば、また暴言・暴力の被害を受ける。ファイナンシャルプランナーが提案した意外な解決策とは――。

    ■1400万円の退職金が2年で半分に……もう暮らせない

     「一度も働いたことのない長男(30)について相談したくて参りました。長男は今年2月、
    発達障害により障害年金2級の認定を受けました。一人暮らしをしています。5つ下の次男(25)は知的障害者で一緒に暮らしています。
    次男も障害年金(2級)を受けています。長男の仕送り負担が重くて、困っています」

     長男には家賃として月5万円、さらに生活費として月15万円を仕送りしていた。しかし、お金が足りなくなると母親に電話で無心してくるため、
    仕送りはは見込みより100万円ほど多い年間340万円に達していた。父親が現役で働いていたときはなんとか暮らせたが、
    定年後の再雇用により年収は半分以下になり、長男への仕送り分がそのまま赤字に。60歳時の1400万円の退職金は、この2年で半分近くまで減り、このままはマズイと相談に来たということだった。

     <家族構成>
    父親:62歳(定年退職後、再雇用で勤務中 手取り年収390万円)
    母親:60歳(主婦)
    長男(本人):30歳(無職・別居・昨年発達障害と認定され、障害年金2級受給)
    次男(弟):25歳(無職・知的障害がある・就労支援施設に通所・障害年金2級受給)

     <資産>
    預貯金:1012万円(残りの退職金700万円と、それまでの預貯金の合計)
    自宅:マンション(持ち家・3LDK・時価2000万円)

     <収入>
    父親:約390万円
    長男:約78万円(障害年金)
    次男:約80万円(障害年金+給与)

     ▼母親「(長男とは)絶対に、一緒に暮らさない」

     ここまでの話を聞いて、私はひとつ疑問だった。なぜ長男は一人暮らしをしているのだろうか。一緒に暮らせば、経済的な問題はおおむね解決できる。「ご長男を自宅に呼び寄せることはできないのですか」と聞いてみると、ずっと下を向いていた母親が、私に向かってこう答えた。

     「とんでもないです!  絶対に無理です」

     夫妻によると、長男は弟と母に対する暴言・暴力がひどいという。母親には、
    「俺がこうなったのはあのとき、お前の育て方が悪かったからだ」と責め、弟に対しては「お前がこんなだから、
    俺は就活を妥協できなかった」などと罵る。興奮すると、殴ったり、蹴ったりすることもある。

     「本人は戻ってきたいようですが、一緒に暮らす選択肢はありません」

     父親がそう断言すると、母親はふーっと息を吐いて、こう話した。

     「『お金がないから振り込めない』と言ったら、『家を売れ! 』と言われました。無理だというと、『障害年金は俺のものだ。俺が使えるようにしろ』と言います」https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180429-00025060-president-bus_all

    引用元: ・http://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/news/1525039242/

    【【お前らの育て方が悪いせいで俺はこうなった】年340万要求し親の愛情試す無職30歳長男に両親が困惑へ 】の続きを読む

    このページのトップヘ