健康

    1: しじみ ★ 2018/08/25(土) 14:09:05.12 ID:CAP_USER
     5月以降、「週刊新潮」が毎週のように報じた「食べてはいけない食品」特集。食品添加物について「発がん性がある」「味覚を破壊する」などと指摘し、食品を実名で紹介、反響を呼んだ。

     はたして、日本の大手メーカーが販売する食品は、そんなに「危険まみれ」なのか? 本誌の取材で、添加物以上に恐ろしいリスクが明らかになった――。

     内閣府・食品安全委員会の公式ブログに「食品健康影響評価書を引用した週刊誌記事について」と題する記事が掲載されたのは、5月17日のことだった。

     この日に発売された週刊誌の記事が、同委員会による評価書の一部分のみを引用し、評価の結論とは逆のネガティブな面を強調していることに、注意を喚起する内容だった。

     同委員会が問題視した「週刊誌記事」とは、週刊新潮の「食べてはいけない『国産食品』実名リスト」だ。5月以降、数回にわたって掲載された。

     第1弾の記事では、食品添加物の一種である亜硝酸ナトリウムとソルビン酸の組み合わせには「相乗毒性」があるとし、<毒の相乗効果で発がん性の「ハム」「ウインナー」>の見出しが躍る。

    「新潮の記事はまったくのデタラメであきれてしまいます」

     そう語るのは、鈴鹿医療科学大学副学長の長村洋一教授。

    「新潮では『両者の加熱試験反応によりDNA損害物質が産生されることが報告されている』と、評価書の都合のいい部分だけを抜き出しています。しかし評価書には続きがあり、通常条件下では健康に対する懸念はない、と結論づけているのです」

     新潮が相乗毒性の根拠とした「加熱試験反応」とは、試験管内で添加物の溶液を1時間、90度で加熱するというもので、体内ではもちろん、食品加工の際も起こりえない状況だという。

    「新潮の一連の記事では、食品添加物や化学調味料などを危険な物質と害悪視し、それらを含む商品を『食べてはいけない』と言っています。しかし、その科学的根拠は、引用の方法が間違っています」(長村教授・以下同)

     新潮がおもに危険性を指摘している添加物は「亜硝酸ナトリウム」「ソルビン酸」「リン酸塩」などだ。これらはどんな物質なのか。

    「『亜硝酸ナトリウム』は、発色剤・保存料としてハムやソーセージに使われています。毒性が非常に高い物質ですが、添加物として使用される量はきわめて少なく、人体への影響は無視できる程度です。

     一方、野菜には多くの硝酸塩が含まれており、このうち一部が体内で亜硝酸ナトリウムに変化します。摂取量としては野菜のほうが圧倒的に多いので、危険性も添加物より野菜のほうが高い、ということになります」

     ソルビン酸は、細菌やカビの増殖を抑える保存料として、リン酸塩は肉の保水性を高めて食感をよくする目的で、それぞれ使用される。

     新潮はソルビン酸について「特定のヒト集団に過敏性反応、特に接触性蕁麻疹を起こすとの報告があり」と、食品安全委員会の評価書から引用し、警告している。

     またリン酸塩については「過剰摂取による成人病や腎臓疾患などへの影響が専門家により指摘されている」としている。

    「ソルビン酸は、人の体内に入ると炭酸ガスと水に分解されます。危険性はありません。また、リンは多くの食品にもともと含まれ、必須栄養素でもあります。どんな物質でも過剰摂取すれば悪い影響が出るのは、当たり前ですよ。塩だってそうでしょう」

     アンチ添加物派の人たちに共通するのは「量の概念の欠如」だと長村教授は言う。

    「その物質が安全か危険かは、量によって決まります。添加物の多くには、一日摂取許容量(ADI)が設定され ていますが、これは実験に基づき『一生食べ続けても何も健康障害が発症しない』と予測される量です。

     添加物の使用基準値は、このADIよりさらに低く設定されており、相当な量を食べないとADIには届きません。限りなくゼロに近いリスクを、あたかも深刻な問題だと騒ぎ立てているのが『アンチ添加物派』であり、新潮の記事なのです」

     実際にどれくらいの量を食べると「食べてはいけない」量に達するのだろうか。

    続きはソースで

    no title

    https://smart-flash.jp/lifemoney/47578

    2: ニュースソース検討中@自治議論スレ 2018/08/25(土) 14:10:27.65 ID:p8prQPiL
    日本人の平均寿命がどんどん伸び続けてるのは、
    添加物を多量に摂取してきた世代のおかげ。

    93: ニュースソース検討中@自治議論スレ 2018/08/25(土) 21:02:12.77 ID:1uVWeAWU
    >>2
    ほんと、そう思う
    摂取量が少なくて、危険性の低い添加物を気にするより
    栄養バランスを気にした方がよっぽど健康的

    4: ニュースソース検討中@自治議論スレ 2018/08/25(土) 14:15:02.61 ID:8ssX85O7
    科学的なリスクはどうであれ消費者の嗜好に沿う
    努力は必要だろう

    5: ニュースソース検討中@自治議論スレ 2018/08/25(土) 14:15:02.65 ID:/56DHs7I
    塩分がヤバそうだけど

    ※続きは下にスクロール




    【【朗報】ハム、1日80枚まで食べてOKだった】の続きを読む

    1: 名無しさん@涙目です。(ファラム城下町) [TN] 2018/08/25(土) 08:46:20.29 ID:XKc89zve0
     政府は、漢方薬の効能などについてビッグデータを活用して検証する方針を固めた。
    来年中にも始め、薬1種類につき100万人規模の使用者データを集めて分析する。科学的な根拠を確立し、漢方薬の効果的な服用方法を見つけたり、副作用の防止につなげたりしたい考えだ。

     内閣官房が2019年度予算の概算要求に関連費用を盛り込む。

     漢方薬は、植物の根、茎、葉を乾燥させるなどした生薬を複数種類組み合わせたもので、そのまま飲んだり、お湯に溶かしたりして服用する。
    かぜに効く「葛根湯」や、不眠などに効く「抑肝散(よくかんさん)」などが有名だ。約150種類の漢方薬が保険適用対象になっている。

     日本の伝統医療でもある漢方医学だが、元になったインドの「アーユルベーダ」や中国の「中医」といった伝統医療も含めると、薬は数万種類あるとされる。
    経験に基づいているため、効能や副作用が出る仕組みなどが科学的によく分かっていない薬も多いという。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180824-00050071-yom-pol

    66: 名無しさん@涙目です。(庭) [CN] 2018/08/25(土) 09:27:44.66 ID:K1Dk8HFf0
    >>1
    久しぶりに国民の為の政策しだしたな..政府

    2: 名無しさん@涙目です。(東京都) [FR] 2018/08/25(土) 08:48:02.85 ID:VTbNwlAj0
    どんどんやれやれ
    本物と偽物が玉石混交なままなのは良くない
    ちゃんと効く漢方と迷信的な漢方をきっちり分けてけれ

    ※続きは下にスクロール




    【【悲報】政府「漢方薬を科学的に検証して効果・効能を暴くわ」 】の続きを読む

    1: かに玉 ★ 2018/08/23(木) 17:36:26.75 ID:CAP_USER9
    強い台風20号が四国や近畿に接近しています。早めの避難を呼びかけるニュースを見ながら、心のどこかで「自分は大丈夫」と思ってしまいますよね。でもそれって「正常性バイアス」といって、災害時には危険な心理状態なんです。(ネットワーク報道部記者 吉永なつみ 目見田健)

    ■じゃあどうしたら?じゃあどうしたら?

    まず、仕事の予定を調整したうえで有給をとり、自宅に浸水の危険があるとしたら、被害がなさそうな地域のホテルを予約するでしょう。
    数日分の自分と子どもの分の着替えだけでも大荷物ですが、環境が変わって気持ちが不安定になるであろう子どものために、いつものおもちゃやお菓子も持ち出す必要があります。

    これだけの精神的・肉体的な負担をかけても避難が空振りすることだってあります。いえ、空振りすることのほうが多いでしょう。

    NHK NEWS WEB
    https://www3.nhk.or.jp/news/html/20180823/k10011587431000.html

    39: 名無しさん@1周年 2018/08/23(木) 17:57:35.73 ID:ewqF5GOi0
    >>1
    そんな小難しいたわごとはどうでもエエねん。
    すべては自己責任で片付く話や
    情報弱者は社蓄にして自己責任の下奴隷搾取するだけやで

    48: 名無しさん@1周年 2018/08/23(木) 18:04:09.57 ID:OTymQoze0
    >>1
    台風来るからホテルに泊まる?
    そんな奴みたことないわ

    ※続きは下にスクロール




    【【台風20号】「自分は大丈夫」 それ、正常性バイアスです 】の続きを読む

    1: 風吹けば名無し 2018/08/22(水) 17:36:34.43 ID:1oRp+slSM
    no title

    3: 風吹けば名無し 2018/08/22(水) 17:37:07.32 ID:TEvC+a800
    こういうの傷付くからやめてほしい

    4: 風吹けば名無し 2018/08/22(水) 17:37:51.84 ID:n1iDJmDG0
    うろうろは待ってるとき健常者でもするやろ

    147: 風吹けば名無し 2018/08/22(水) 18:01:13.80 ID:Ydj/46LW0
    >>4
    状況によると思うが病院ではやらんやろ

    150: 風吹けば名無し 2018/08/22(水) 18:02:25.05 ID:gM9NhD6A0
    >>147
    でかい病院やといろんなものがあって面白いからうろうろしちゃう

    ※続きは下にスクロール




    【横浜市「障碍者はこういう行動をとります」 】の続きを読む

    1: 名無しさん@涙目です。(東京都) [US] 2018/08/20(月) 22:31:19.20 ID:2/Ik2/220 BE:123322212-
     精神病床のある全国の病院で50年以上入院する精神疾患の患者数が、2017年6月末時点で少なくとも1773人に達することが毎日新聞の調査で判明した。
    半世紀にわたり継続入院している患者数について公的な統計は取られていない。厚生労働省は入院患者の地域移行を掲げて削減を目指しているが、
    人生の大半を病院で過ごす人たちが数多くいる実態が明らかになった。

     国立精神・神経医療研究センター(東京都小平市)が47都道府県・20政令市を通じ、民間を含め精神病床のある病院から毎年6月末時点の患者に関する
    情報提供を受けていることから、毎日新聞は各自治体に対し、センターに提出した資料を情報公開請求したほか、担当部署を取材。全国の精神病床を持つ病院の
    97.7%に相当する1588病院について、1967年6月以前に入院した患者の人数を確認した。

     神奈川県は「病院との取り決めに反する」として入院年月を明らかにしておらず、同県内の病院については横浜、川崎、相模原の政令3市所管分に限って把握できたため、
    人数はさらに増える可能性がある。

     判明した中で記録上最も長期だったのは長崎県の患者で、1923年11月28日に入院していた。診断をみると、明記されていた1246人のうち統合失調症が約8割を占めた。
    性別は1433人確認でき、内訳は女性が758人、男性が675人だった。

     入院の形態が判明した1291人のうち、自らの意思による「任意入院」は811人。専門医の判断で家族らの同意を得て、本人の同意がなくても病院に入れる
    「医療保護入院」は476人、自分や他人を傷つける恐れのある患者を知事らの権限で強制入院させる「措置入院」は4人だった。

     国立精神・神経医療研究センターは病院の現状を毎年調べており、17年は精神病床のある全国1625病院のうち1610病院から任意で情報提供を受けた。
    センターによると、入院患者は計28万4172人。入院期間が20年以上の患者については集計しており、2万5932人だった。【畠山哲郎、山崎征克】

    全文
    https://mainichi.jp/articles/20180821/k00/00m/040/127000c

    53: 名無しさん@涙目です。(空) [US] 2018/08/20(月) 23:16:02.46 ID:i8leFPrE0
    >>1
    大正時代から入院って何歳だよ?
    百歳超えてるのか?
    戦時中も入院してたのか?

    55: 名無しさん@涙目です。(空) [ニダ] 2018/08/20(月) 23:17:27.75 ID:Pr0hh+810
    >>53
    むしろ病院がすげえよ

    90: 名無しさん@涙目です。(庭) [TW] 2018/08/21(火) 00:00:18.25 ID:jq0eSt7d0
    >>1
    親の年金目当てで死亡届出さない子供と同じように、記録上生きているだけっていうことじゃないだろうね…
    診療報酬が病院にずっと入ってたら、病院にとってはいい金蔓だな

    ※続きは下にスクロール




    【精神疾患で50年以上入院している人は1773人 大正時代からいる患者も 】の続きを読む

    1: 名無しさん@涙目です。(catv?) [SK] 2018/08/14(火) 07:24:02.58 ID:rtvOuma90 BE:323057825-PLT(12000)
    sssp://img.5ch.net/premium/8114876.gif
    琉球大学大学院医学研究科の村上明一助教は、ラクダ科のアルパカの血液を使って、200億種類を超える熱に強い抗体を短期間で製造できる技術を開発した。
    今年4月に琉大発ベンチャー企業「RePHAGEN」(リファージェン、西原町)を立ち上げており、抗体を使った産業化を目指している。
    抗体をセンサーとして機械に搭載すれば、空港などで感染症の原因になる病原体を判別できるとみられ、4年以内の完成を目指して装置の開発を進めている。

     村上氏が開発したのは「高性能VHH抗体の迅速開発技術」。抗体は、体内に入ったウイルスや病原体(抗原)に反応して、免疫のもとになる物質。
    一般的な抗体はL鎖とH鎖で構成されるが、H鎖のみで構成する特殊な抗体を持つラクダ科に注目した。
    ラクダ科の抗体は安定した性質を持ち、ヒトの抗体と構造が近く治療に使いやすい特徴があり、血液を入手しやすいアルパカで抗体を開発した。

    アルパカ血液から抗体  琉大ベンチャー 感染症対策活用へ
    https://ryukyushimpo.jp/news/entry-781659.html

    5: 名無しさん@涙目です。(中部地方) [CN] 2018/08/14(火) 07:27:27.21 ID:wIR6vaba0
    そのために一体何千匹のアルパカが犠牲になるのか

    14: 名無しさん@涙目です。(北海道) [US] 2018/08/14(火) 07:36:01.40 ID:fOosZBqT0
    アルパカ関係の企業の株ってなんだろ?利潤より応援する意味で投資したい

    ※続きは下にスクロール




    【アルパカの血から200億種類以上の抗体が生成可能な技術を開発! 】の続きを読む

    1: 名無しさん@涙目です。(catv?) [CN] 2018/08/09(木) 19:07:17.37 ID:ZB/f/+Lz0 BE:323057825-PLT(12000)

    安倍晋三首相が、2020年東京五輪・パラリンピックの暑さ対策として、国全体の時間を夏季だけ早めるサマータイム(夏時間)の導入について検討する意向を示した。
    一方、夏時間を導入している欧州連合(EU)は、廃止の是非についてこの夏に本格的な検討を始めた。
    健康への悪影響など「利益よりも不利益が大きい」として廃止を望む声があるためだ。

    中略

    廃止派は、時間の切り替えが人間の睡眠などにかかわる「体内時計」を狂わせ、短期・長期で睡眠や心身の健康に悪影響を与えると主張する。
    ちなみに昨年のノーベル医学生理学賞は、体内時計をつかさどる仕組みを解明した米国人科学者らが受賞した。

     近年の研究では、夏時間に伴う社会的な時間の変化に体内時計が同調するまでに数週間かかる可能性が指摘されており、
    専門家の間では従来考えられていたよりも長い時間が適応に必要との見方が広がっている。

     またフィンランドのトゥルク大の研究チームの16年の報告では、短期的には脳卒中のリスクが上がる可能性も示された。
    同国内で10年分のデータを調べたところ、夏時間開始から2日間の脳卒中発症率が8%上昇し、65歳以上に限ると20%高かったという。
    同様に夏時間開始後に急性心筋梗塞(こうそく)の発症が有意に増加するという研究成果が、複数の国で報告されている。

    サマータイム EUは廃止の是非を検討
    https://mainichi.jp/articles/20180809/mog/00m/030/009000c

    2: 名無しさん@涙目です。(庭) [US] 2018/08/09(木) 19:08:22.08 ID:EPglg5Rr0
    是非導入を

    3: 名無しさん@涙目です。(西日本) [CN] 2018/08/09(木) 19:08:30.64 ID:q8pje30n0
    まさかの死亡例にワロタ

    ※続きは下にスクロール




    【サマータイム、脳卒中や心筋梗塞になりやすい事が判明】の続きを読む

    1: しじみ ★ 2018/08/08(水) 11:26:43.00 ID:CAP_USER
    ■2000人以上を7年間追跡した研究結果から、加糖されたもの、なかでも炭酸飲料を多く取る人はアルツハイマー病にかかるリスクが高まる可能性が示された>

    甘い食べ物や飲み物、とくに炭酸飲料を取りすぎると、アルツハイマー病にかかる可能性が高まるかもしれない。2000人以上を対象に行った最新の調査で明らかになった。調査結果は、7月22〜26日に米国シカゴで行われた、認知症に関する世界最大級の国際会議であるアルツハイマー病協会国際会議(米アルツハイマー病協会主催)で発表された。

    過去に行われた複数の調査で、2型糖尿病と認知症が密接に関係していることが示されてきた。本誌米国版によると、そこで米コロンビア大学の研究者たちは、本当に2型糖尿病が認知症のリスクを高めるのか検証するため、高齢者2226人を対象に7年にわたる追跡調査を実施した。

    調査期間中、研究者らは参加者が取った食事と飲み物のうち、加糖されたものを記録した。7年の間に、アルツハイマー病を発症した参加者は429人だった。

    ■甘いものは何でも高リスク。でも一番は炭酸飲料

    調査の参加者で、加糖された糖分の1日あたりの摂取量が30.3グラムだった人は、5.8グラムだった人と比べアルツハイマー病にかかる可能性が33%も高いことがわかった。

    同様のパターンは、「炭酸飲料1缶(平均で糖分20グラム)を1日おきに飲む人と、100日に1本しか飲まない人」や「フルーツポンチやフルーツジュースなどで1日23グラムの糖分をとる人と、1日0.4グラムの人」、「食事や飲み物に1日あたり小さじ2.5杯分の砂糖を加える人と、砂糖を加えない人」などを比較した際にも見られたという。

    コロンビア大学の調査チームはさらに、炭酸飲料とその他の加糖飲料を比較。炭酸飲料は、アルツハイマー病にかかるリスクが他の加糖飲料と比べて著しく高いことが示された。

    英アルツハイマー協会のダグ・ブラウン博士(今回の調査には関与していない)は、今回の調査結果が、過去の実験で示された「2型糖尿病は認知症のリスク要因である」ことを裏付けているとして、砂糖の過剰摂取はアルツハイマー病のリスクを高める可能性があると指摘している。自分が歳を取った時に認知症にかかるリスクを下げるには、炭酸飲料、デザート、ケーキなどを減らし、バランスのとれた食事をすることだ、と話している。

    ■米国の患者数570万人、2050年には1400万人へ

    米アルツハイマー病協会によると、現在米国では570万人がアルツハイマー病にかかっており、米国人の死因第6位だ。65秒ごとに1人がアルツハイマー病を発症しており、米国での患者数は2050年には1400万人近くに達すると予測されている。

    前述の本誌米国版に掲載されたビデオによると、アルツハイマー病を治したり進行を遅くしたりする薬は現在、存在しない(なお、日本ではアルツハイマー病に4種類の薬が認可されているが、どれも病気を根本的に治療するものではないようだ)。アルツハイマー病の新薬の臨床試験が失敗に終わる確率は99%以上に上るため、現在はアルツハイマー病そのものの治癒ではなく予防のための新薬開発に力が入れられているという。

    https://www.newsweekjapan.jp/woman/assets_c/2018/08/iStock-893215238-lectravk-720-thumb-720xauto.jpg

    ニューズウィーク日本版
    https://www.newsweekjapan.jp/stories/woman/2018/08/3-1.php

    11: ニュースソース検討中@自治議論スレ 2018/08/08(水) 11:44:22.21 ID:/Wq3pzPW
    >>1
    チューハイやハイボールなんて最悪だからな。

    15: ニュースソース検討中@自治議論スレ 2018/08/08(水) 11:47:48.15 ID:ODGW6EbB
    ピザ食ったらコーラ飲みたくなってしまうやん

    ※続きは下にスクロール




    【炭酸飲料の取りすぎでアルツハイマーにかかるリスクが3割増】の続きを読む

    このページのトップヘ