世界

    1: 野良ハムスター ★ 2018/06/15(金) 01:37:00.77 ID:CAP_USER
    人類が「まっしぐらに愚かになっている」と、ラグナル・フリッシュ・センターのノルウェーの研究者らが述べている。知識の蓄積は個々の人々の知能レベルを向上させておらず、一方でコンピューター技術の利用が、人類に自主的に考える習慣をやめさせている。

    ノルウェーの学者らは、1970~2009年に兵役に就いた73万人のIQテストの結果を分析。1世代で知能レベルが平均で7ポイント落ちたことが分かった。学者らはこのことを、生活様式の変化で説明している。21世紀では、人間は自らが生き残るために日々戦わなければならないということはないため、自然淘汰の進化の役割が失われたと判明したと、「Medical Xpress」が伝えている。

    ノルウェーの研究者らによって行われたテストの結果は、エディンバラ大学の英国の学者らの結論と一致する。英国の学者らは、第2次世界大戦後、10年ごとにIQが2.5~4.3点低下していたことを発見している。
    ノルウェーの学者も、英国の学者も、人類の知能レベル低下の原因は子供時代から形成されると推測している。子供たちはあまり読書をしないが、テレビゲームではたくさん遊ぶ。教育システムもまた、ますます多くのデジタル技術を利用している。

    https://jp.sputniknews.com/science/201806144990854/


    ※続きは下にスクロール
    【人類の知能レベル、急激に低下。身の回りのデジタル化が原因か】の続きを読む

    1: ムヒタ ★ 2018/06/11(月) 03:16:00.66 ID:CAP_USER
    2018年4月に世界で最も売れたスマートフォンはAppleのiPhone Xではなく、SamsungのGalaxy S9シリーズだったと、調査会社Counterpointが報告しています。

    売上上位2モデルはGalaxy S9シリーズ
    CounterpointのMarket Pulseが実施した最新調査によると、4月の世界スマートフォン売上で市場シェア首位となったのは、SamsungのGalaxy S9 Plusでした。同社はS9シリーズの売上好調は、主にアジア太平洋地域と北米地域によるものとしています。

    第1四半期出荷台数ではiPhone Xがトップ
    先日、調査会社IHS Markitが発表した2018年第1四半期(1-3月)の世界スマートフォン出荷台数予測によれば、1位はiPhone X、2位はiPhone8で、3位Galaxy Grand Prime Plus、4位iPhone8 Plus、5位Galaxy S9 Plusという順位になっています。

    また調査会社Strategy Analyticsによる同じく第1四半期の世界スマートフォン出荷台数予測は、1位iPhone X、2位iPhone8、3位iPhone8 Plus、4位iPhone7、5位Xiaomi Redmi 5Aという結果でした。

    Xiaomiの2モデルがトップ10入り
    今回の調査で4月のiPhoneの売上が落ちている理由について、Counterpointは「季節的なもの」と述べています。4月のGalaxy S9/S9 Plusの売上が2トップとなったのは、同2モデルが3月中旬に発売されたばかりということも影響していると思われます。

    またCounterpointは、同社の調査で売れ行き上位10モデルにXiaomi製品が2モデルランク入りするのは初だと記しています。Xiaomiは手頃な価格を武器に、中国とインドで売上を伸ばしています。
    no title


    2018年6月10日 22時52分
    https://iphone-mania.jp/news-215207/


    ※続きは下にスクロール
    【4月に最も売れたスマホはGalaxy S9だった】の続きを読む

    1: 風吹けば名無し 2018/06/09(土) 13:23:58.79 ID:JbU73Cx0r
    主要7カ国首脳会議(G7サミット)が8日、カナダのシャルルボワで開幕した。
    会議の前から、米国の高関税措置やイラン核合意の離脱方針など「米国第一主義」に対する批判が噴出。
    これに対し、トランプ米大統領は閉幕前に席を立つと発表した。
    会議の共同声明を出すことが難しくなるかもしれない状況だ。

    2: 風吹けば名無し 2018/06/09(土) 13:24:30.89 ID:JbU73Cx0r
     米ホワイトハウスは7日夜、トランプ氏が予定を早めて米朝首脳会談のためにシンガポールに発つ、と発表した。
    気候変動などの会合は大統領副補佐官らに代理出席させ、トランプ氏は欠席する。
    だが、本音のところでは、トランプ政権に対する各国の批判に反発した可能性もある。

    【トランプ、G7首脳会議で各国から批判され途中退場www】の続きを読む

    1: 風吹けば名無し 2018/05/27(日) 09:58:59.29 ID:KMgwoAmq0
    no title


    ※続きは下にスクロール
    【人間の繁殖力がすごいと地球で話題にw 】の続きを読む

    1: DQN ★ 2018/05/07(月) 15:30:07.04 ID:CAP_USER9
    no title


    目指せ、Apple(アップル)?

    いま格安スマホメーカーとして、日本でもユーザーを抱える中国のZTEは、今後のビジネスの行方を左右しかねないピンチに陥っています。アメリカが対イランや北朝鮮に課した制裁に協力せず、違法な取引きを行なっていたことが問題視され、米商務省は7年間の禁輸措置を発表。これによりZTEは、米企業のパーツを使えなくなるばかりか、なんとGoogleの各種サービスを用いるAndroidが使えなくなってしまう恐れまであるんですよね…。

    この事態にビビってしまったのは、同じ中国企業で、最近は世界第3位のスマートフォンメーカーとして急成長が目立つHUAWEI(ファーウェイ)でした。ご存じのように、AndroidそのものはオープンソースなOSです。なので、別にアメリカから制裁を加えられても、引き続き採用に問題はないものの、Google Play Storeでアプリをインストールできなくなり、GmailもGoogle MapsもGoogle Assistantも、要はGoogle(グーグル)が提供するアプリを使えないスマホしか販売できなくなってしまったら、どうなってしまうのでしょうか!

    そこで、このほどSouth China Morning Post(SCMP)が報じているのは、なんとHUAWEIは、たとえAndroidの各種サービスを使えなくなってしまっても、ビジネスを継続させるため、独自のスマートフォンOSの開発に長年取り組んできたとのことです。最近のZTEをめぐるトラブルで、にわかにスタートしたプロジェクトというよりは、実は2012年から続く開発で、ただスマホに入れるためというよりは、タブレットでもPCでもシームレスに動くOSとなる可能性もあるんだとか。そういえば、HUAWEIは、スマホからMatebookシリーズのラップトップまで販売していて、これはiOSとmacOSで帝国を築き上げたAppleに迫る野望でもあるのかもしれません。

    ちなみに、アジアではGoogleに頼らないオリジナルのOSを開発して採用するスマートフォンメーカーは、別に珍しくもありません。有名なところでは、Samsung(サムスン)がTizen OSを開発し、スマートフォンのみならず、Gearシリーズのスマートウォッチにも採用しています。またOnePlusは、国別にスマートフォンで採用するOSを、Androidのカスタマイズ版で調整していますよ。米国市場向けには、Oxygen OSという軽量Androidを搭載したモデルが販売されているのに対して、中国市場向けには、Hydrogen OSという完全にGoogleの影響を排したAndroidを搭載するモデルが販売されたりしています。

    このほど北京で開催されたイベントにおいて、HUAWEIのHonorブランドのZhao Ming社長は、こんなふうに語ったとされています。

    「HUAWEIには、十分に(独自のOSを開発)する力があることは間違いない。ただし、現時点では、Googleと緊密な関係にあって、引き続きAndroidを採用していく方針であるため、差し迫る必要はないだろう。」

    いまAndroidを普通に使えないオリジナルOSのスマホが、世間で歓迎されるとは思えませんから、HUAWEIが、今後も変わらずAndroidスマホをリリースしてくれるのはいいことです。とはいえ、その完成度によっては、たとえ非常事態でなくとも、独自OSで結ばれた新製品群が日の目を見る展開になってほしいような気もします。

    GIZMODO:https://www.gizmodo.jp/2018/05/android-huawei-os.html

    【 目指せ、Apple!HUAWEIが独自OSを開発中 !】の続きを読む

    1: 名無しさん@涙目です。(岐阜県) [US] 2018/05/05(土) 15:28:37.70 ID:DxHcPeK60 BE:723460949-PLT(13000)
    sssp://img.5ch.net/ico/nida.gif
    アルゼンチンが緊急利上げ、40%に 通貨ペソ下落止まらず、過去8日間で3回目

     南米アルゼンチンの中央銀行は4日、政策金利を6.75%引き上げ40%とする
    緊急利上げを発表した。外国為替市場での通貨ペソの下落が止まらないためで、
    利上げは過去8日間で3回目。2015年に経済再建を掲げて当選した中道右派
    マクリ大統領にとって、新たな試練となった。

     ペソは3日、一時1ドル=23ペソ近辺まで下落したが、利上げを受けて4日は
    1ドル=21ペソ台後半で取引された。中銀は4月27日に3%、5月3日にさらに
    3%の利上げを実施したばかり。声明で「必要なら再び行動を取る準備がある」と
    追加利上げの可能性も示唆した。(略)
    https://www.sankei.com/economy/news/180505/ecn1805050013-n1.html

    【【乞食速報】アルゼンチン緊急利上げ40%に 1年で4割もお金が増える!!】の続きを読む

    1: シャチ ★ 2018/05/02(水) 00:46:12.02 ID:CAP_USER9
    5/1(火) 23:56配信 時事通信
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180501-00000141-jij-n_ame
     【ニューヨーク時事】米老舗ギターメーカーのギブソン・ブランズ(テネシー州)は1日、
    連邦破産法11条(日本の民事再生法に相当)の適用をデラウェア州の裁判所に申請した。

     債権者の3分の2以上と再建支援で合意しており、楽器製造などの事業を継続しつつ、経営の立て直しを目指す。

     ギブソンは1894年創業。同社製のギターはエルビス・プレスリーやB・B・キングら多くの著名アーティストに愛用された。

     米メディアによると、音響機器メーカーのティアックなど近年の相次ぐ買収で債務が膨らむ一方、
    販売は伸び悩み、経営が悪化していた。負債額は最大5億ドル(約545億円)に上る。 

    【【企業】米ギター老舗ギブソン、破産申請 】の続きを読む

    このページのトップヘ