海外

    1: 風吹けば名無し 2018/05/19(土) 16:58:05.29 ID:YcvpaEd70
    「交際中の女性と結婚したい」と言われ激怒の父、息子の両目をくり抜く(
    http://japan.techinsight.jp/2018/05/ellis11330516.html
    no title


    2018年でありながら、好きな人との結婚を許されない国や文化は存在する。このほどパキスタンで交際している女性との結婚を望んだ男性が、
    父親と家族の怒りを買い眼球をくり抜かれるという事件が起こった。『Storytrender』『Mirror』などが伝えている。

    パキスタンのバローチスターン州ナシラバッドにある村で、5月12日に悲劇が起こった。
    アブドゥル・バキさん(22歳)は父親ドスト・ムハンマド(70歳)と4人の兄に交際中の女性と結婚したい旨を伝え、女性の家に婚約の提案をしてもらいたいと願い出た。

    ムハンマドはその件に同意した様子を見せていたが、3時間後に態度が急変。
    バキさんの兄4人と組んで、バキさんを部屋に閉じ込めた。さらにバキさんをベッドに縛り付け、眼球をくり抜くという冷酷極まりない行為に出たのだ。
    ムハンマドは、息子を助け出さないようにと妻を別の部屋に監禁した後、バキさんが泣き叫ぶ中、片方の目をスプーンでくり抜いた。
    その時、バキさんは自分の眼窩から目がぶら下がったのを見たという。
    その後ムハンマドはナイフで静脈を切断。「もうやめてくれ」と懇願するバキさんを無視し、もう片方の目にも手をかけたのである。

    両目をくり抜かれたバキさんは父親に「殺してくれ」と頼んだが、ムハンマドは冷酷に「村の他の男たちの見せしめだ」と言い放ったそうだ。
    近隣住民らがこの騒動を聞きつけ、外出していたバキさんの別の兄アブドゥル・ガファーさん(24歳)に電話をした。
    すぐに自宅に戻ったガファーさんは、両目をくり抜かれ痛みで泣いている弟の姿を目にし衝撃を受けた。

    バキさんはガファーさんに同州クエッタにある政府運営の病院へ連れて行かれたが、深刻な事態であることからカラチにあるジナ・ポスト・グラデュエイト・メディカル・センター(Jinnah Post Graduate Medical Centre)へと急きょ搬送された。
    そこでバキさんは医師から、もう二度と目が見えることはないと告げられた。

    pose_taiiku_suwari_back_man
    【息子「この人と結婚したい!」父「許さんぞ、お前の目をスプーンでくり抜いてやる!」父逮捕される】の続きを読む

    1: すらいむ ★ 2018/05/17(木) 17:11:27.51 ID:CAP_USER9
    拉致されたアルビノ5歳女児、首切られ発見 選挙控え呪術の犠牲か

    【5月17日 AFP】西アフリカのマリで、先天性色素欠乏症(アルビノ)の女児(5)が武装集団に拉致され、首を切断された遺体で見つかる事件が起きた。
     頭部を呪術に使うため殺害されたとみられている。

     警察によると、ジェネバ・ディアッラ(Djeneba Diarra)ちゃんがさらわれたのは13日午前2時ごろ。
     首都バマコの北方125キロにある村ファナ(Fana)の自宅の中庭で、母親や妹と一緒に寝ていたときに武装集団に襲われた。

     母親はジェネバちゃんを抱えて中庭を囲む壁を乗り越えようとする男たちを追いかけようとしたが、次女もアルビノなことから、引き返して次女を守ったという。

    「みんなであちこち探し回った。モスクのそばで(ジェネバちゃんの)遺体を発見したが、頭がなかった」と、村で教師をしているウマル・ディアキテ(Oumar Diakite)さんは語った。

    (以下略、続きはソースでご確認下さい)

    AFPBB News 2018年5月17日 16:58 発信地:バマコ/マリ
    http://www.afpbb.com/articles/-/3174965

    【【アフリカ】拉致されたアルビノ5歳女児、首切られ発見 選挙控え呪術の犠牲か マリ  】の続きを読む

    1: 名無しさん@涙目です。(禿) [ニダ] 2018/05/16(水) 18:47:44.83 ID:0H38p1gY0 BE:932354893-PLT(12931)
    sssp://img.5ch.net/ico/gomi1.gif
    世にも珍しい「2つの頭を持つ鹿」が発見される

    http://i.gzn.jp/img/2018/05/16/two-headed-deer-discovered/00_m.jpg
    no title

    no title


    結合双生児は体が結合している双子のことを指し、人間ではおよそ5万~20万組に1組の割合で双子が結合しているケースがあるとされています。
    結合双生児が自然界の動物に見つかることは非常にまれですが、ミネソタ州の森林で「2つの頭を持つ鹿」が発見されたと報じられています。

    Two-Headed Deer Found Dead in Minnesota Woods
    https://www.livescience.com/62571-two-headed-deer-minnesota.html

    Two-headed deer discovered in forest described as 'amazing' by scientists | The Independent
    https://www.independent.co.uk/environment/nature/two-head-deer-minnesota-conjoined-twins-white-tailed-a8350911.html

    2016年5月、ミネソタ州ミシシッピ川付近の森林でキノコ狩りを行っていた男性は、草の下に横たわった1体の子鹿の死骸を発見したとのこと。
    子鹿の死骸を発見するだけであればそれほど珍しいことではありませんが、なんとその子鹿は2つの頭を持っていました。

    全身に白い斑点が浮いている子鹿は全長約60cmほどで、よく毛繕いされてきれいな状態だったとのこと。
    発見された時点で既に死んでいたそうですが、死後それほど長い時間は経過しておらず腐敗が進んでいるということもなかったようです。
    ただし、周囲に子鹿の親らしき姿は見えなかったとしています。

    発見者の男性はミネソタ天然資源局に子鹿を引き渡し、研究者らが子鹿の体を研究した結果、子鹿は妊娠した親鹿から産み落とされた個体であることが確認されました。
    ジョージア大学のジーノ・ダンジェロ准教授は、「双頭の鹿の発見は、その希少性を評価することさえできないほど非常に貴重な発見です」と述べています。

    https://gigazine.net/news/20180516-two-headed-deer-discovered/

    【【画像】「2つの頭を持つ鹿」が発見される 】の続きを読む

    1: 風吹けば名無し 2018/05/11(金) 11:31:38.72 ID:qMfKSt+G0
    「誰でもいつかは死にますから」と救急対応されず女性死亡 フランス

     フランスで急病を発症し、死亡した女性への救急対応が問題になっています。女性が病院
    に搬送されたのは、救急電話をかけてから、およそ4時間後とされ、警察が調査を始めました。
    「どうされたんですか?」(オペレーター)
    「助けてください」(女性)
    「どうしたのか言ってくれないなら、切りますよ」 (オペレーター)
    「とても痛いんです」(女性)
    これは去年12月、フランス東部ストラスブールの自宅で、ナオミ・ムセンガさん(22)が
    激しい腹痛に見舞われ、救急電話をかけた際の会話です。オペレーターは女性の訴えにもかか
    わらず、救急車を派遣せず、医師が出張診療する案内番号を教えて電話を切りました。
    「死にそうです」(女性)
    「死んでしまうのですね。もちろん、誰でもいつかは死にますから」(オペレーター)
    「お願いです、助けてください」(女性)
    「私にはできません。あなたがどう具合が悪いのかわかりませんから」(オペレーター)
    地元メディアなどによりますと、女性はその後、親族に発見され、病院に搬送されましたが、
    救急電話からおよそ4時間たっていて、多臓器不全による出血性ショックで死亡したということです。
    https://headlines.yahoo.co.jp/videonews/jnn?a=20180511-00000030-jnn-int

    【女性「死にそう」彡(^)(^)「誰でもいつかは死ぬから、じゃ(ガチャツーツー」 】の続きを読む

    1: ニライカナイφ ★ 2018/05/04(金) 17:02:42.93 ID:CAP_USER9
    宗教指導者「スマホは危険だ」信者「マジか、捨てるわ」→火に投げ入れ爆発30人以上負傷

    ◆スマホ火に投げ爆発か ユダヤ教の祭典で30人超けが

    スマートフォンを火に投げ入れて爆発したとみられています。
    大勢が取り囲むなかで起きた突然の爆発。

    ロンドン北部で3日未明、ユダヤ教の祭りが執り行われるなか、中心に据えられたかがり火で爆発が起きました。
    現地メディアによりますと、30人以上が負傷し、10人が病院に運ばれたということです。

    爆発は、指導者が「携帯電話は危険だ」と語り、それに従った信者がスマートフォンを火に投げ入れた際に起きたという情報もあります。
    一方で、祭りの主催者は「爆発の原因は別のものだ」と否定しています。

    写真:https://i.imgur.com/SKCaRvi.png

    テレ朝NEWS 2018/05/03 19:13
    http://news.tv-asahi.co.jp/news_international/articles/000126488.html

    【【イギリス】ユダヤ教の指導者「スマホは危険だ」 ⇒ 信者「捨てるわ」 ⇒ 火に投げ入れ爆発 30人以上負傷/ロンドン 】の続きを読む

    1: ばーど ★ 2018/05/07(月) 16:41:26.52 ID:CAP_USER9
    [パリ 5日 ロイター] - フランス・パリの16区にある現代美術館パレ・ド・トーキョーで5日、ヌーディストらの特別来館が許可され、約160人が裸体で訪れた。パリの美術館としては初の試みだが、ウィーンでも2013年に同様の特別公開が行われた。

    ヌーディストの活動を推進するパリ・ナチュリスト協会の広報責任者、ジュリアン・クロード=ペネグリー氏は、世界の文化都市における画期的なイベントだと評価。「ナチュリスト(裸体主義者)の生活様式は、裸であるべきだ。文化はわれわれの日常生活の一部であり、今回は特別な機会になった」と述べた。

    さらに「人間の精神構造は最近変わりつつある。ナチュリストは、妨害となっていた過去の障壁、タブー、メンタリティーを突き破ろうとしている」と主張した。

    同協会によると、パリだけで8万8000人の支持者がおり、フランス全体では260万人のナチュリスト実践者がいるという。

    パリではほかにも、東部にあるヴァンセンヌの森で昨年ヌーディスト向けの区域を試験的に設置。夏期シーズンを前に最近再開された。年内にはヌーディストのためのナイトクラブイベントも予定されている。

    2018年5月7日 / 14:56
    ロイター
    https://jp.reuters.com/article/nudist-idJPKBN1I80EN

    【【裸族速報】パリの現代美術館でヌーディスト向け特別公開、160人が裸で来館 】の続きを読む

    1: ニライカナイφ ★ 2018/05/07(月) 12:31:14.04 ID:CAP_USER9
    ◆電気リルで女性を襲撃、17歳少年を起訴 北アイルランド

    英領北アイルランドで女性(38)が電気ドリルで襲撃され、警察は6日に容疑者の少年(17)を起訴したと明らかにした。
    被害者の女性は5日午前2時頃(日本時間同日午前10時頃)、ティロン州ストラベーンの路上で襲われて頭部に重傷を負い、現在危険な状態にあるという。

    北アイルランドの警察当局は「重大な身体的危害を意図的に加えた容疑、公共の場で攻撃用武器を所持していた容疑、および電動ドリルの窃盗容疑で17歳の少年を起訴した」と発表し、残忍な襲撃による女性の傷は非常に深刻だと付け加えた。
    容疑者の少年は7日にオマーの治安判事裁判所に出廷する予定。

    写真:英領北アイルランドの警察
    no title


    AFPBB News 2018年5月7日 12:09
    http://www.afpbb.com/articles/-/3173626 

    【ドリルで女性の頭に穴を開けて重傷を負わせた17歳少年を起訴】の続きを読む

    1: ばーど ★ 2018/05/07(月) 08:36:12.86 ID:CAP_USER9
    ※たまたまスレです

    ・中国の携帯電話を持つ北朝鮮住民に、金正恩氏に抱く印象を聞いている
    ・陰では「子豚野郎」と呼んでおり「寝ている間に死ねばいい」と大学生の男性
    ・建設労働の男性は、以前は若い正恩氏に期待もしたが、それは違ったと話した

     トップ会談によって、朝鮮半島はどう動くのか。武力衝突か、緊張緩和か。中朝国境では中国の基地局の電波が北朝鮮の領土まで及ぶ。国境近くに住む北朝鮮住民の中には中国人と商売をするため中国の携帯電話を持つ人がいる。韓国人ジャーナリストの朴承ミン氏が、3月から4月にかけ、そんな北朝鮮住民を探し直接電話をかけて生の声を聞いた。名前は全て仮名にした。

    ●キム・サンジュン(男性・29歳・大学生)の話

    ──金正恩委員長をどう思うか。

    「それは人々がみな同じ考えだ。人前では言葉にできないが、陰では『子豚野郎』と呼んだり、『三代目熊の子野郎』と悪口を言う。そいつ(金正恩)が、あの若い奴が、(声のトーンが高くなった)民が食べて生きていけるように統制を解くこともしない。毎日のように、軍事準備をする、訓練するといい、住民が死んだり、食べるものがなくて悩んだりするのは眼中にもない。私の個人的な考えは、『彼(金正恩)が寝ている間に死ねばいい』ということしかない」

    ──米国が北朝鮮を攻撃すると思うか。

    「北朝鮮では、『朝鮮がない地球はない』と話す。私たちが核を保有しているため、米国やその追従国家(同盟国)らが、私たちにむやみに怪我を負わせるようなことはできないだろうと思う」

    ●カン・ソンチョル(男性・47歳・建設労働)の話

    ──仕事は?

    「建設労働の仕事をしている。給料は1か月に3000ウォン(45円)程度だが、貰った記憶はおぼろげだ。仕事をしても給料日に国家に出す金が多く、賃金から控除されてしまう」

    ──食料などはどのようにして購入するのか。

    「ここでは(国が)『やってはいけない』ということをしないと、食べて生きていくことができない。違法的なことをしているが、この電話は盗聴される恐れもあるので、申し上げられない」

    ── 一つか二つだけでも教えてくれないか。

    「希少金属、鉄鋼材などを集めて売っている。米は高くて買えず、3人家族で1か月に必要なトウモロコシ40kg程度をやっと買って、トウモロコシの飯を食べて暮らしている」

    ──金正恩委員長の統治をどう思うか。

    「ああ! このような話を電話で話すことは少し怖いが、(金委員長は)若い人なので以前は期待したが、期待とは違いすぎた」

    ──日本に対してどのような感情を抱いているか。

    「日本といったら、今でも感情は良くない。36年間、朝鮮を強制占領して朝鮮人を沢山殺したから……。労働新聞に、(日本は)日本軍慰安婦に謝罪をしなかったと出た。 私の年代の人々はまだ、(日本を)良くないと思っている」


    ──トランプ大統領は、北朝鮮の核をなくそうとしているが。

    「だから米国大統領トランプは狂ったヤツだ。自分の国を自分が守るというのに、なぜ彼が柿をそなえろ!(ああしろ)、梨をそなえろ!(こうしろ)と言うのか。それじゃ駄目だ」

     彼は怒った声で語った。

    ●パク・スンミン/時事通信の元ソウル支局記者。長年、北朝鮮問題と韓国政治を取材。その間に平壌と開城工業団地、金剛山など北朝鮮の現地を5回ほど訪問取材。現在、韓国と日本のメディアに寄稿している。

    ※SAPIO2018年5・6月号

    2018年5月7日 7時0分
    NEWSポストセブン
    http://news.livedoor.com/article/detail/14678057/

    【北朝鮮大学生 「金正恩を陰では “子豚野郎” と呼んでいる」 】の続きを読む

    このページのトップヘ