テクノロジー

    1: しじみ ★ 2018/11/15(木) 20:14:35.00 ID:CAP_USER
    レーザーを照射することで従来の縫合や接着剤の使用よりも素早くかつ強固に傷をふさぐことが可能となる技術が誕生しました。この技術はアリゾナ州立大学のコーシャル・リージ氏らが開発中のもので、シルクタンパク質と金のナノ粒子を含む素材を、レーザーで傷部分と結合させるというもので、従来よりもはるかに効率的に傷口をふさぐことが可能というものです。

    Rapid Soft Tissue Approximation and Repair Using Laser‐Activated Silk Nanosealants - Urie - 2018 - Advanced Functional Materials - Wiley Online Library
    https://onlinelibrary.wiley.com/doi/pdf/10.1002/adfm.201802874

    Star Trek-like Tech Seals Wounds with a Laser - IEEE Spectrum
    https://spectrum.ieee.org/the-human-os/biomedical/devices/star-treklike-tech-seals-wounds-with-a-laser

    リージ氏らによるレーザーを用いた傷口をふさぐ技術は、記事作成時点ではあくまで概念実証の段階にあるものの、驚くべき効果を発揮しています。実験では「豚の腸」および「マウスの皮膚」にある軟組織創傷を素早くふさぐことに成功しており、例えば豚の腸の場合、従来の縫合よりもレーザーを用いた縫合の方が約7倍も強力に傷をふさぐことが可能で、さらにふさいだ部位は傷を負っていない部位と同じように機能することも明らかになっています。

    以下の図は左から「従来の針を用いた傷の縫合」「従来の接着剤を用いた傷の接合」「レーザーを用いた傷をふさぐ方法」による、傷をふさいだ跡の写真および、術後の2日後の写真です。画像の通り、傷をふさいだ際の見た目は接着剤や縫合と同じくらい目立たず、それでいて傷をつなぎ合わせる力は約7倍も強いとのこと。

    公表された論文の共同著者であるディーパンジャン・ゴーシュ氏は、「我々は切開部をより早く閉じ、早期に治癒したいと考えています」と語っています。

    レーザーを用いて傷をふさぐには、まずカイコの繭(まゆ)から精製したシルクタンパク質を原材料とする母材を用意します。「フィブロイン」と呼ばれるシルクタンパク質には、ヒトの皮膚細胞を保持するタンパク質の一種であるコラーゲンと結合する性質があるため、傷をふさぐために使用されているわけ。このフィブロインに金のナノ粒子を埋め込んだもので傷を覆い、ここに近赤外線レーザーを照射します。すると、フィブロインの中にある金のナノ粒子が発熱し、フィブロインと肌を活性化させて結合させることができるとのこと。つまり、金ナノ粒子とフィブロインで作った素材を傷の密封剤とし、レーザーでこれを傷部分と結合させるわけです。なお、傷口に照射する近赤外線レーザーは約800ナノメートルほどの波長のものでOKなため、皮膚を損傷する心配はなく、それでいてフィブロイン中の金ナノ粒子を加熱するには十分に強力なものとなります。

    次に、研究チームはフィブロインと金ナノ粒子を用いて水溶性の密封剤を作り、マウスの皮膚で実験を行いました。実験では1cmの切開部にこの密封剤を塗布したそうで、その結果、塗布から2日後まで縫合または皮膚用接着剤よりも高い強度を示したそうです。加えて、レーザーを用いた施術自体はわずか4分ほどしか必要としないため、素早く適切な処置が簡単に行えるという利点も明らかになっています。さらに、実験でレーザー治療した豚の腸は、傷を負っていない他の部位と同じように正常に機能したそうです。

    レーザーとして用いる近赤外線光は体組織の深くまで浸透するため、研究チームは体の奥にあり修復に時間がかかる血管や神経組織の結合および修復にこのレーザーを用いた傷をふさぐ技術を活用できるのではと考えているそうです。また、「神経や血管といったサイズの縫合は、十分に訓練された外科医にとっても大変な労力を要する作業です」とゴーシュ氏が語る通り、熟練の医師であっても体の深部にある小さな傷を縫合するのは難しいため、レーザーを用いた傷をふさぐ技術は医療界に大きな恩恵をもたらす可能性があります。

    また、ゴーシュ氏によるとフィブロインと金ナノ粒子を用いた密封剤のコストは法外に高価なものにはならないとのことで、メディカルセンターにとって許容できる範囲内に収めることが可能だそうです。

    なお、研究チームは生きたマウスにレーザーを用いた傷をふさぐ技術を施し、経過を観察しているとのこと。この実験がうまくいけば、次は豚を対象に実験が行われ、最終的にヒトでの臨床試験まで到達することとなります。

    no title


    GIGAZINE
    https://gigazine.net/news/20181115-tech-seals-wounds-laser/

    6: ニュースソース検討中@自治議論スレ 2018/11/15(木) 20:43:34.44 ID:90CNIyOF
    レーザーで皮膚を焼き固めるのかと思ったが違ったか

    7: ニュースソース検討中@自治議論スレ 2018/11/15(木) 20:43:49.35 ID:Yj00KMDY
    傷の密封剤をレーザー照射で結合させるというもの。
    レーザーメスや溶接の原理とは異なる利用方法だ。

    【レーザーで傷口をふさぐSFチックな新技術が登場】の続きを読む

    1: 風吹けば名無し 2018/11/13(火) 20:23:06.37 ID:KyVZeefU0
    秒速十何kmで草

    割とマジでそろそろ宇宙の果て着くんちゃうんか?

    3: 風吹けば名無し 2018/11/13(火) 20:23:44.21 ID:QYhI9tTY0
    宇宙空間ってやっぱ摩擦とか殆どないしすごいんやろな

    12: 風吹けば名無し 2018/11/13(火) 20:27:11.42 ID:vtLGoY2t0
    スイングバイしただけで動力はもうないやろ?

    17: 風吹けば名無し 2018/11/13(火) 20:27:41.38 ID:ojzia1bJ0
    >>12
    もう動力ないんか、なら加速はありえへんか

    32: 風吹けば名無し 2018/11/13(火) 20:31:50.84 ID:CBFKJ+PId
    >>17
    去年起動修正のために噴射したとか発表してたぞ

    37: 風吹けば名無し 2018/11/13(火) 20:32:35.03 ID:ojzia1bJ0
    >>32
    小出しにしてるん?ってことはこれからも定期的に修正のために噴射するんか

    42: 風吹けば名無し 2018/11/13(火) 20:33:43.07 ID:CBFKJ+PId
    >>37
    30年ぶりの噴射とか言ってた

    ※続きは下にスクロール




    【ボイジャー1号の速度早すぎwwwwwwwww】の続きを読む

    1: みつを ★ 2018/11/09(金) 22:27:48.41 ID:CAP_USER9
    https://www.cnn.co.jp/fringe/35128409.html

    ドバイ警察、「空飛ぶオートバイ」での訓練を開始
    2018.11.09 Fri posted at 15:15 JST

    (CNN) アラブ首長国連邦(UAE)ドバイの警察が、空飛ぶオートバイ「ホバーバイク」を使った訓練を開始した。

    開発を手掛けたのは米カリフォルニア州に拠点を置く新興企業「ホバーサーフ」。昨年の技術展示会で、ドバイ警察仕様の白と緑の塗装を施したホバーバイクを発表していた。

    ホバーサーフは今回、新モデル「S3 2019」の初回生産分をドバイ警察に引き渡し、警官の飛行訓練も始めている。
    ドバイ警察の人工知能部門責任者によれば、ホバーバイクはアクセスが難しい場所への緊急対応に使われる予定で、2020年までの運用開始を目指す。既に2人が訓練を始めており、現在その数を増やしている段階だという。

    ホバーサーフのジョセフ・セグラコン最高執行責任者(COO)は、オートバイを運転できてドローンの操縦経験もある候補者が理想的だと説明した。
    ホバーバイクの価格は15万ドル(約1700万円)で、一般市民も注文可能。ただしセグラコン氏は、買い手は新技術の取り扱いが可能な場合に限定されると注意を促している。

    航空宇宙誌「エアロスペース」の編集長、ティム・ロビンソン氏は警察業務への応用可能性について「ごく限定的」との見方を示しつつも、「楽しそうだ」と付け加えた。
    現状のバッテリー技術では限界があるものの、将来的にはバッテリーエネルギー密度の向上や新素材の導入で航続時間が増える可能性もあるという。

    ホバーサーフとドバイ警察はこうした目標を見据え、バッテリー技術の開発や推進システムの効率化に取り組んでいる。

    ドバイの警察が、空飛ぶオートバイ「ホバーバイク」を使った訓練を開始/Hoversurf
    no title

    32: 名無しさん@1周年 2018/11/09(金) 22:42:20.07 ID:b3KIX3sn0
    >>1
    後ろからのメンツがいかにもドバイ

    39: 名無しさん@1周年 2018/11/09(金) 22:49:28.51 ID:kQvIxi7j0
    >>1
    ドバイ警察おもちゃ買いすぎw

    ※続きは下にスクロール




    【ドバイ警察、空飛ぶオートバイを導入wwwwwww】の続きを読む

    1: しじみ ★ 2018/11/08(木) 14:48:02.81 ID:CAP_USER
    電力は現代社会に欠かせないものであり、地球温暖化を懸念する動きから再生可能エネルギーを利用した発電方法の開発が世界中で試みられています。そんな中、アメリカの研究者が「3Dプリンターを使ってマッシュルームとバクテリアを組み合わせることで、『発電するキノコ』を作り出すことに成功した」と報じられています。

    Bacterial Nanobionics via 3D Printing - Nano Letters (ACS Publications)
    https://pubs.acs.org/doi/10.1021/acs.nanolett.8b02642

    Mushrooms plus bacteria equals a new source of electrical | Cosmos
    https://cosmosmagazine.com/biology/mushrooms-plus-bacteria-equals-a-new-source-of-electrical-energy

    ‘Bionic mushrooms’ that generate electricity created by scientists | The Independent
    https://www.independent.co.uk/news/science/bionic-mushroom-electricity-light-bacteria-graphene-science-research-technology-a8622006.html

    スティーブンス工科大学のManu Mannoor教授が率いる研究チームは、マッシュルームと光合成を行ってエネルギーを作り出す細菌であるシアノバクテリアを組み合わせることで、発電する機構が作れるのではないかと考えました。

    そこで研究チームは3Dプリンターを用いて、生きているマッシュルームのかさの部分にさまざまな加工を施したとのこと。まずはグラフェンに電気的特製を付与したグラフェンナノリボンを含んだインクで、木の枝のように分岐したパターンを3Dプリンターを使ってマッシュルームのかさに描きました。続いてシアノバクテリアを含むバイオインクを用いて、複数の点でグラフェンナノリボンのインクと交差するようならせん状のパターンをかさに描いたそうです。

    その後マッシュルームに光を照らすとシアノバクテリアが光合成を始め、光化学的反応によって発生した「光電流」が細菌の表面から流れ、グラフェンナノリボンの導電ネットワークを介して移動しました。マッシュルームのかさに付着したシアノバクテリアの光合成を促すことで、研究チームは65ナノアンペアという微弱な電気を発生させることに成功したと述べています。


    今回作ることができた電力はわずかなもので、実際に何かの電気機器を動かすようなことはできません。しかし、研究チームは大量の発電キノコを作り出して並べることで、やがてはLEDライトを点灯させることもできると考えているとのこと。

    また、今回の実験は3Dプリンターを用いてさまざまな細菌を自由に配置し、細菌が持つ特性を利用できる可能性を広げたものといえます。シアノバクテリアとマッシュルームは自然界で共生生活にある存在ではありませんが、3Dプリンターを用いた組み合わせにより、生きた発電機構を作り出すこともできることがMannoor氏によって実証されました。

    Mannoor氏は「現実の自然には存在しない生物種の組み合わせにより、革新的なバイオ構造を生み出すことができます」と述べており、微生物の持つ可能性に目を向けることで、今後さらに多くの発見が可能だとしています。シアノバクテリアをマッシュルームのかさにのせた場合、マッシュルームがシアノバクテリアへ光合成に必要な水分を供給し、同密度のシアノバクテリアを通常のシート上に並べた場合と比較して8倍の光電流を取り出すことができたとのこと。また、通常のシートにのせた場合と比べ、シアノバクテリアが数日間長生きするというメリットも確認されたそうです。

    「さまざまな微生物界を工学的に統合することによって合理的な生体共生の存在を探り、多くのメリットを得ることができる」と、研究チームは述べています。

    no title

    no title


    GIGAZINE
    https://gigazine.net/news/20181108-mashroom-plus-bacteria-generate-electricity/

    4: ニュースソース検討中@自治議論スレ 2018/11/08(木) 15:03:09.65 ID:PZTK7MQn
    なんか無駄な研究に思えるけど
    でも、将来何か凄い事に役立つかも未来は明るいぜ

    5: ニュースソース検討中@自治議論スレ 2018/11/08(木) 15:07:26.02 ID:g9QZrF59
    こうして地球から夜がなくなったのでした

    ※続きは下にスクロール




    【3Dプリンターで「発電するキノコ」が生みだされるwwwwwwwww】の続きを読む

    1: しじみ ★ 2018/10/30(火) 14:29:04.68 ID:CAP_USER
    レンガは古くから家などの建築材料として使われており、今日でも世界中で広く使用されています。そんなレンガを「人間のオシッコ」を使うことで、高熱で焼き上げることなく常温で作り出すことに南アフリカの学生チームが成功したと報じられています。

    World-first: Bio-bricks from urine | UCT News
    https://www.news.uct.ac.za/article/-2018-10-24-world-first-bio-bricks-from-urine

    ケープタウン大学の土木工学科修士課程に在籍しているSuzanne Lambert氏とVukheta Mukhari氏は、数カ月にわたって革新的な方法でレンガを作り出す方法を実験してきたとのこと。そして2人は、「バイオレンガ」と名付けられたレンガを「人間のオシッコ」を使って作り出すことに成功しました。

    バイオレンガの材料となる砂には、「ウレアーゼ」と呼ばれる酵素を作り出す細菌が定着しています。ウレアーゼはオシッコの中に含まれる尿素を分解して炭酸カルシウムを作り出し、レンガを固めるとのこと。

    水質工学の講師でありLambert氏の指導教官でもあるDyllon Randall博士は、「このバイオレンガを作り出すプロセスは、貝殻が作られるプロセスと似たものです」と語りました。ウレアーゼが人間のオシッコから作り出す炭酸カルシウムは、砂をあらゆる形に固めることができるそうで、一般的なレンガのような長方形だけでなく、円筒形にも砂を固めることが可能です。

    「尿素を利用してレンガを固める」という発想は、数年前にアメリカの研究者が合成溶液を利用した実験を行っていました。しかし、Lambert氏は2017年に共同研究を行っていたスイス人学生のJules Henze氏との基礎研究をもとに、世界で初めて「本物の人間のオシッコ」を利用してレンガを固めることに成功しました。

    一般的な焼成レンガは1400度近くの熱を窯の中で加えられ、その過程で大量の二酸化炭素を放出しますが、バイオレンガは室温に置かれた金型の中で作り出すことが可能。通常であれば廃棄されるだけのオシッコを再利用するだけでなく、地球温暖化の原因となる温室効果ガスの排出量を減らすことにも役立つとのこと。Randall博士によると、「時間をかけて細菌を成長させることで、レンガの強度を強めることができます」とのことで、時間をかければかけるほど強度の強いレンガを作ることができる模様。

    また、バイオレンガを作り出す過程の副産物として、商業用肥料の重要な成分である窒素とカリウムが生成されるとのこと。集めたオシッコはまず肥料のもととなる成分を固体にして取り除くプロセスを経てから、残った液体を使ってレンガを固めるプロセスに移行します。さらに、レンガを固めた後に残った液体からもさらに肥料が作れる可能性があると、Randall博士は考えています。

    化学的な観点からすれば、人間のオシッコは「液状の金」といえるほど豊富な資源に満ちているそうです。家庭排水のうちオシッコが占める分量は1%にもなりませんが、排水のうちに含まれる窒素の80%、カリウムの63%、そしてリンの56%を占めています。オシッコに含まれるリンのうち、実に97%が肥料に用いられるリン酸カルシウムに変換できるため、世界的にリン酸塩が枯渇しつつある現在では、非常に重要な資源となり得るとのこと。

    オシッコを使ってレンガを作り出す方法には、オシッコを集める方法や輸送などの点で問題が残っています。また、今のところLambert氏らは「社会的に認められている」という理由から、男性のオシッコだけを利用してバイオレンガを作っているとのこと。しかし、現状の社会認識のままでは、人口の半分を占める女性のオシッコを使うことができず、社会の廃棄物をなるべく減らすというバイオレンガの本来的な理想から離れてしまうという問題もあり、今後もバイオレンガの実用化には多くの問題を解決する必要がありそうです。

    no title


    GIGAZINE
    https://gigazine.net/news/20181029-human-urine-bio-brick/

    85: ニュースソース検討中@自治議論スレ 2018/10/31(水) 13:31:24.08 ID:yuAHrKDA
    >>1
    なんかすげえ。
    仮設トイレの自然循環システムできるんじゃね?

    4: ニュースソース検討中@自治議論スレ 2018/10/30(火) 14:32:14.10 ID:mNOuL9pW
    建築屎材

    ※続きは下にスクロール




    【人間の尿から作られたレンガwwwwwwww】の続きを読む

    1: 名無しさん@涙目です。(空) [MX] 2018/10/25(木) 14:50:20.94 ID:dCKZLVge0●
    https://dot.asahi.com/wa/2018102400011.html

    ソフトバンク社の人型ロボット・Pepper(ペッパー)の契約更改が佳境を迎えている。

     ソフトバンクグループ子会社のソフトバンクロボティクスは、2015年10月から契約期間が3年の法人向けモデル「Pepper for Biz」を開始。つまりPepperを契約した法人は今年10月から契約更改となる。

     ところが、「日経xTECH」の調査で、レンタル契約の更改を予定する企業が15%にとどまることが明らかになった。Pepperの導入を表明している44社を対象にアンケートを実施し、27社から回答を得たが、「更新予定」と答えた企業は27社中4社(15%)のみ。

    no title

    232: 名無しさん@涙目です。(空) [US] 2018/10/25(木) 16:13:53.56 ID:wFMHmQLG0
    >>1
    コレを人形ロボットと言うのは、語弊があると思うがなぁ。
    正確には、ヒトモドキタブレットだろう。

    11: 名無しさん@涙目です。(鹿児島県) [VE] 2018/10/25(木) 14:53:51.85 ID:ouGCvxUE0
    レンタル代いくらか知らんけど、金払うようなもう物珍しさとか目新しさが無くなったしな

    85: 名無しさん@涙目です。(catv?) [AU] 2018/10/25(木) 15:07:50.04 ID:IzkY58aR0
    >>11
    3年で200万

    ※続きは下にスクロール




    【【悲報】ペッパー君、85%がクビになるwwwwwwww】の続きを読む

    1: しじみ ★ 2018/10/21(日) 19:54:43.19 ID:CAP_USER
    【10月19日 AFP】
    中国が2020年までに、照明用の人工衛星、いわば「人工の月」を打ち上げ、街灯の代わりに都市部を照らし、電気代を削減する計画であることが分かった。国営メディアが19日、報じた。

     国営英字紙チャイナ・デーリー(China Daily)によると、南西部四川(Sichuan)省成都(Chengdu)市が開発中の「照明衛星」は本物の月と共に輝き、ただその光は本物よりも8倍明るいという。

     プロジェクトの担当責任者によると、この世界初の人工月は2020年までに同省の西昌衛星発射センター(Xichang Satellite Launching Center)から打ち上げられる計画で、この第1号の試験運用が成功すれば、2022年に追加で3機を打ち上げる予定だという。

     この人工月は太陽光を反射し、街灯の代わりに都市部を照らす。これにより50平方キロの範囲がカバーされれば、成都市の電気代を年間12億元(約200億円)節約できる見通しだという。

     同責任者は、災害で停電が発生した際にも、この衛星からの光が被災地の救助活動に役立つとしている。(c)AFP

    no title

    http://www.afpbb.com/articles/-/3193976

    24: ニュースソース検討中@自治議論スレ 2018/10/21(日) 20:32:29.72 ID:BmrsbSLQ
    満月の8倍明るいとしたら、眩しいて寝られへんがな。

    28: ニュースソース検討中@自治議論スレ 2018/10/21(日) 20:38:28.11 ID:OvdJz1Yd
    軌道維持はちゃんとできるんか?
    あと、デブリ対策をはじめとする
    保守/点検はどうすんだ?

    33: ニュースソース検討中@自治議論スレ 2018/10/21(日) 20:44:56.83 ID:/kQPMgty
    >>28
    制御機構をほとんど持たない構造物、大きなアルミ箔の凧にすれば作れる
    精密な鏡面ではなく乱反射するが、光の吸収はしないいわゆる普通のアルミ箔程度

    デブリは当たり放題で放っておく

    軌道はごく薄い空気抵抗で落下分をたまに補正するだけ

    ※続きは下にスクロール




    【中国、2020年までに人工の月を打ち上げか】の続きを読む

    1: 風吹けば名無し 2018/10/22(月) 16:36:19.81 ID:sejKtw2q0
    コードが絡みつく事も邪魔になる事もないしノンストレス
    持ってない奴は買うべきやわ

    3: 風吹けば名無し 2018/10/22(月) 16:36:55.06 ID:sT48PLFR0
    ワアも 食わず嫌いしてたけど普通に良くて草 でもイヤホンジャック廃止はNG

    4: 風吹けば名無し 2018/10/22(月) 16:37:04.29 ID:Ruc2kGJTa
    遅延のせいでゲームとか動画とか楽しめんわ

    468: 風吹けば名無し 2018/10/22(月) 17:20:13.48 ID:VSQ3wR7zM
    >>4
    ゲームは知らんがええやつは動画ほとんど遅延ないで

    ※続きは下にスクロール




    【未だにワイヤレスイヤホン使ってないやつwwwwwwwww】の続きを読む

    このページのトップヘ