テクノロジー

    1: @くコ:彡 ★ 2018/10/07(日) 09:50:32.17 ID:CAP_USER9
    ・インターフェースで3人の脳をつなぎ、意思伝達に成功

    米研究者らが、2人の脳から発信されたシグナルを他の1人に非侵襲的に伝達するインターフェースシステム「BrainNet」を発表した。科学系サイト「arXiv」のウェブ上で公表された。

    「arXiv」によると、新しいシステムは、人体への埋め込みなどを必要としない、特殊なデバイスを介して、脳から別の脳へ直接的に思考を伝達する。
    https://arxiv.org/abs/1809.08632

    2015年の段階ではこの方法での意思疎通が可能だったのは2人の間だったが、今回、米ワシントン大学およびカーネギーメロン大学の研究者らによって、3人の間での意思疎通が可能となった。2人から発信された脳波が非侵襲的インターフェースを介して、磁気によって第三者の後頭皮質へ刺激が伝達されることによって思考が伝わる。この方法では、人間の脳へ何らかの装置を埋め込む必要はない。

    テスト研究の際、3人の被験者はテレビゲームのテトリスに似たゲームを行った。2人は画面上の一つのブロックを目で追い、そのブロックを回転させる決定を下し、3人目がその指示にしたがって対応した。テスト研究の経過から専門家らは、被験者グループは意思伝達を正確に行い、成功率は80%を超えるものとなったと強調した。

    ・Scientists Have Connected The Brains of 3 People, Enabling Them to Share Thoughts
    Are you thinking what I'm thinking?
    https://www.sciencealert.com/brain-to-brain-mind-connection-lets-three-people-share-thoughts

    (イメージ画像)
    no title


    2018年10月07日 08:04 スプートニク日本
    https://sptnkne.ws/jGGz

    99: 名無しさん@1周年 2018/10/07(日) 10:37:36.67 ID:GXpOrWEK0
    >>1
    テレパシーを人工的に成功させたわけだ
    まあ脳波は電気信号だから可能だわな

    13: 名無しさん@1周年 2018/10/07(日) 09:55:49.10 ID:09SUQBnp0
    記憶を若い人体の脳に移植して永遠に生き続けることが可能になる日も近いだろう

    ※続きは下にスクロール




    【インターフェースで3人の脳を繋ぎ、意思疎通する事に成功】の続きを読む

    1: 風吹けば名無し 2018/09/26(水) 13:26:08.95 ID:vLb4B8rRd
    全身を冷凍して保存してもらうという父親の遺志、すなわち契約を尊重しなかったとして、ある男性が人体冷凍保存の財団を訴えています。
    申し立てによると、財団は父親の全身ではなく頭部を切断して保存、息子には火葬した胴体を送ったとのこと
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180926-00010004-giz-sci

    6: 風吹けば名無し 2018/09/26(水) 13:27:37.52 ID:1t58SQBw0
    頭部だけで生きられる未来まで待て

    10: 風吹けば名無し 2018/09/26(水) 13:28:45.28 ID:89FH8Vbn0
    胴体送るとか嫌がらせかな?

    ※続きは下にスクロール




    【将来生き返るために全身を冷凍保存の男性、頭部を切断され胴体を焼かれる】の続きを読む

    1: 田杉山脈 ★ 2018/08/29(水) 01:11:26.65 ID:CAP_USER
    伊藤忠商事は中国で新興の電気自動車(EV)メーカー、奇点汽車(上海市)に出資する。世界で広がるEV市場でのビジネス展開をにらみ、EV関連サービスのノウハウを蓄積する狙い。現地でEV商用車のレンタル会社にも出資し、次世代の自動車ビジネスを世界で広げる足がかりにする。

     奇点汽車のほか地上鉄(深?市)から第三者割当増資を引き受け、それぞれ数億円を出資。地上鉄への出資は完了した。

     奇点汽車は企業価値が約…
    https://www.nikkei.com/article/DGXMZO34716320Z20C18A8TJ2000/

    10: 名刺は切らしておりまして 2018/08/29(水) 01:51:38.59 ID:EqpHZzkf
    商社がEV研究やってるわけでもないのに、どうやってノウハウを提供するんだろ。
    まさか、国内の中小電気メーカーとの取引で知ったノウハウを横流し?

    11: 名刺は切らしておりまして 2018/08/29(水) 01:58:58.84 ID:BAV63M4c
    >>10

    伊藤忠がノウハウを蓄積

    ※続きは下にスクロール




    【伊藤忠、中国で新興EVメーカーに出資 ノウハウ蓄積 】の続きを読む

    1: しじみ ★ 2018/08/17(金) 14:38:54.28 ID:CAP_USER
    携帯電話のバッテリーやエコカーの駆動電源に用いるため、リチウムイオン充電池の研究は今でも盛んに行われています。特に研究者から注目されているのが、安全性と生産コストに優れた「全固体リチウムバッテリー」です。ミシガン大学が、従来のリチウムイオンバッテリーの倍の性能を持ち、劣化や発火する心配もないという、新しい全固体リチウムイオン電池を開発したと報告しています。

    Battery breakthrough: Doubling performance with lithium metal that doesn’t catch fire | University of Michigan News
    https://news.umich.edu/battery-breakthrough-doubling-performance-with-lithium-metal-that-doesnt-catch-fire/

    1980年代に発明された、金属リチウムと液体電解質を使用した「金属リチウムバッテリー」は新しい技術として大きな期待を集め、NTTが発売したショルダー型携帯電話のバッテリーに採用されることで市場に登場しました。しかし、電極表面にデンドライトと呼ばれるリチウムの塊が析出し、最終的に電池のショートによって発火する可能性がありました。当時はこの問題を解決することができず、電極に金属リチウムを使用した充電池はやがて使われなくなってしまいました。


    1991年にソニー・エナジー・テックが販売したリチウムイオンバッテリーは、電極に使うグラファイト(黒鉛)がリチウムイオンを吸収することでリチウムデンドライトの析出を防止するため、それまでの金属リチウムバッテリーに比べて安定していました。そのため、今に至るまで充電式バッテリーの主流はリチウムイオンバッテリーとなっています。

    ただし、リチウムイオンバッテリーは、金属リチウムバッテリーよりも充電速度が圧倒的に速いものの、比容量・エネルギー密度は大幅に負けてしまいます。また、リチウムイオンバッテリーは充電を繰り返すことで少しずつ劣化が起きてしまう上に、発火の危険性も依然としてありました。

    ミシガン大学の機械工学教授であるジェフ・サカモト氏は、金属リチウムバッテリーがデンドライトの析出によってショートしてしまうという欠点を解決するために、電極に用いる金属リチウムの表面をセラミック製の固体電解質でコーティングすることで物理的に安定させるというアイデアを思いつきました。度重なる実験の末、高温でコーティングしたセラミック電解質によって、デンドライトが析出しないような金属リチウム電極の開発に成功しました。

    研究チームによると、この新しい電極を用いた全固体リチウムバッテリーは、リチウムイオンバッテリーとほぼ同じ速度で充電することができる上に、リチウムイオンバッテリーに見られるようなバッテリーの劣化が見られず、リチウムイオンバッテリーの倍以上の比容量・エネルギー密度が期待できます。

    ミシガン大学の研究員であるネイザン・テイラー氏は「私たちは新しい金属リチウムバッテリーを22日間使い続ける実験を行いましたが、バッテリーの電極は一切劣化していませんでした。これほど長い間うまくいっている全固体電池は見たことがありません」と語っています。

    セラミックを利用した全固体リチウムバッテリーが実用化されれば、現行のリチウムイオンバッテリーよりも小型で高出力かつ安定した充電池となり、携帯電話やノートPCだけではなく自動車(EV)への応用も期待できます。

    no title


    GIGAZINE
    https://gigazine.net/news/20180817-lithium-solid-battery-breakthrough/

    2: ニュースソース検討中@自治議論スレ 2018/08/17(金) 14:40:03.89 ID:0xgdm4we
    トヨタは既に全固体電池開発してますけど

    71: ニュースソース検討中@自治議論スレ 2018/08/17(金) 22:10:09.39 ID:78CP9bZn
    >>2
    トヨタは全固体電池を2020~22年に実用化っていってるよな
    これ研究内容としては20年くらい遅いだろ

    3: ニュースソース検討中@自治議論スレ 2018/08/17(金) 14:42:16.18 ID:zFITRFm5
    劣化の殆どないリチウムイオン電池が廉価でできれば、重くてもかなり電力分野での応用は効くと思う。

    ※続きは下にスクロール




    【リチウムイオンバッテリーの倍以上の性能で発火の危険性がない「全固体リチウムバッテリー」の開発に成功】の続きを読む

    1: 野良ハムスター ★ 2018/08/10(金) 09:05:06.28 ID:CAP_USER
    国際宇宙ステーション(ISS)の宇宙飛行士は約1ヶ月にわたり、日本の実験棟「きぼう」で起きている水漏れ部位を見つけられない。ロシアメディアが報じた。

    ISSの管制管理機関筋の話によると、水漏れは「きぼう」の温度調節システムの不具合のため起きていると見られる。

    「実験棟内部の壁には大量の水滴が滲んでおり、この数日は1日20ミリリットルが漏れるようになった」と関係筋は語る。

    しかし、水漏れ発見から3週間以上たっても部位を特定できていない。特定作業は続いている。

    飛行士らはティッシュやタオルを使って水漏れに対処している。

    1日にハザードラボが伝えたところ、その時点までに計400ミリリットルが漏れた可能性が高い。また、残存水量から少なくとも2ヶ月は実験等の運用に支障はでない。ほかのシステム機器への影響はない。

    https://jp.sputniknews.com/incidents/201808095209232/

    6: ニュースソース検討中@自治議論スレ 2018/08/10(金) 09:30:26.63 ID:zyoyqsfy
    >>1
    ロシアより先にJAXAが発表するべき事なんじゃないの?
    隠そうとすんなハゲ!

    15: ニュースソース検討中@自治議論スレ 2018/08/10(金) 09:49:04.35 ID:Ehe9bcah
    >>6
    日本では、公的な失態は隠蔽するのが常識です

    ※続きは下にスクロール




    【【宇宙開発】ISS日本実験棟「きぼう」で水漏れ1ヶ月つづく】の続きを読む

    1: しじみ ★ 2018/08/06(月) 16:22:33.55 ID:CAP_USER
    病気や事故によって臓器が機能しなくなったとき、臓器移植によって他人の健康な臓器と取り替えて機能を回復させることがあります。しかし、臓器移植は臓器を提供するドナーが現れなければ行うことができず、免疫による拒絶反応によって患者への負担は増大するなど、臓器移植技術は多くの課題を抱えています。そんな中、健康なブタから採取した細胞を研究所の装置内で培養して人工的な肺を作り、生体移植するという実験に成功したことが報告されています。

    We Can Now Successfully Transplant Lab-Grown Lungs
    https://futurism.com/lab-grown-lungs-transplant/

    Engineered pig lung transplant 'a success' - BBC News
    https://www.bbc.co.uk/news/science-environment-45046674

    テキサス大学医学部の研究チームは、ブタの肺から取り出した細胞をバイオリアクターと呼ばれる巨大な培養槽の中で培養し、臓器として成長させてから移植する実験を行いました。研究チームはまず、ブタの肺から、砂糖と洗剤の混合物を使用して全ての細胞と血液を除去しました。細胞と血液がすべて除去されることで、タンパク質で構成された骨格だけの「足場」が残ります。

    次に、さまざまな栄養素を調合した液で満たしたバイオリアクターにこの足場を配置し、さらに足場にレシピエントのブタから採取した細胞を付着させ、30日間培養させることで、「バイオ工学肺」を作り上げることに成功しました。そして、できあがった新しいバイオ工学肺をレシピエントのブタに移植し、定着するかどうかを実験しました。

    すると、移植してから2週間以内に肺の血管がブタと連携し、血液のネットワークが確立し始めていました。さらに2ヶ月ほど観察を続けましたが、レシピエントのブタの免疫系が新しい肺に対して拒絶反応を示すような兆候はみられませんでした。さらに、健康な肺の中に自然生息する微生物も発見されたとのこと。研究チームは4匹のブタで実験を行いましたが、その全てで移植が成功したと報告しています。ただし、バイオ工学肺がどれだけ酸素供給能力があるのかはまだ評価しきれておらず、2ヶ月で肺が十分成熟したかどうかはわからないと、研究チームは述べています。

    研究に携わったテキサス大学医学部のジョーン・ニコルス教授は「この技術をヒトに応用することができれば、ドナーによって肺が提供されるまで順番待ちする必要がなくなります。また、拒絶反応を抑えるための免疫抑制剤の摂取も必要となくなることが期待できます」と語っています。また、バイオ工学による肺培養技術を確立するためには、バイオリアクターを組織の発達を適切にサポートできるように改良していく必要があると、ニコルス教授は語っています。
    no title

    no title


    GIGAZINE
    https://gigazine.net/news/20180806-lab-production-pig-lung/

    3: ニュースソース検討中@自治議論スレ 2018/08/06(月) 16:28:28.20 ID:y3Uacdxm
    そのうち臓器が出来上がるまで患者の脳みそだけ豚に移植しておこうとかあるのかね

    4: ニュースソース検討中@自治議論スレ 2018/08/06(月) 16:31:51.80 ID:bLbjL2PP
    まず、腎臓と肝臓を成功させろよ。
    肺とか難しいものからやるなよw

    7: ニュースソース検討中@自治議論スレ 2018/08/06(月) 17:01:36.77 ID:uWxv0yfk
    >>4
    腎臓もブタまでは成功してるぞ

    20: ニュースソース検討中@自治議論スレ 2018/08/06(月) 21:13:44.66 ID:E9b40/XW
    >>7
    えっ ほんとに
    もうすぐ透析屋は潰れるな。

    ※続きは下にスクロール




    【【人工臓器】バイオリアクターの中で培養した「バイオ工学肺」を生体に移植する実験に成功[06/06] 】の続きを読む

    1: 田杉山脈 ★ 2018/08/03(金) 00:29:38.25 ID:CAP_USER
    サイゼリヤは7月30日、運営するイタリアンレストラン「サイゼリヤ」の525店のトイレに、パナソニック製の全自動お掃除トイレ「アラウーノS2」を導入すると発表した。

    約2億円を投資し、8月末までに、店内にトイレのある店舗の約80%を順次、アラウーノを導入する。

    残りの20%の店舗は、新設店舗などでトイレ設備が新しいため、トイレの改修に合わせ順次、アラウーノに切り替える。

    アラウーノは、流すたびに2種類の泡とパワフルな水流でしっかりと清掃するほか、泡と新構造で飛び跳ね汚れを抑制するのが特徴。

    サイゼリヤでは、常に清潔なトイレとすることで、「サイゼリヤ」への来店のきっかけを増やしていきたいという。
    https://www.ryutsuu.biz/store/k080144.html

    5: 名刺は切らしておりまして 2018/08/03(金) 00:37:21.62 ID:PQJLPteC
    店員ゼロを目指して欲しい。

    7: 名刺は切らしておりまして 2018/08/03(金) 00:41:06.82 ID:Yk01Qrty
    客のマナーが悪そうな店ほど導入する価値があるな


    ※続きは下にスクロール
    【サイゼリヤ、2億円投資で525店に全自動お掃除トイレを導入 】の続きを読む

    1: 名無しさん@涙目です。(東京都) [DE] 2018/07/29(日) 17:03:20.07 ID:aPgZ+7sy0 BE:514943473-2BP(3000)
    sssp://img.5ch.net/ico/yumi.gif
    スマホで今よりずっと高画質の画像を撮れるようになるようだ。ソニーは、有効画素数が4800万というスマホ向けCMOSイメージセンサー「IMX586」を発表した。
    この画素数はスマホ向けとしては最多で、また高感度撮影や低ノイズでも明るい画像の撮影が可能という。
    今年9月にもサンプル出荷を開始する予定だ。
    常に持ち歩くスマホで撮影する人は多く、スマホカメラの高画質化への期待は増すばかりだ。近年は、カメラの性能がスマホを選ぶ際のポイントとなっている向きもある。
    そうしたニーズに応えるべく開発されたのがIMX586だ。ポイントは0.8マイクロメートルという微細な画素サイズを開発したことにある。
    これにより、センサーそのものは対角8ミリという小ささながら4800万画素を実現している。
    また、高感度撮影を可能にしているのも見逃せない。隣接4画素が同色のカラーフィルターを採用していて、明るさが足りないところでの撮影時には4画素の信号を加算することで感度を高められる。
    露光制御技術と信号処理機能を内蔵していて、ダイナミックレンジも従来の4倍に広がっている。同社のXperiaへの搭載も期待できそうだ。
    スマホが一眼レフ化することで、今後ますますスマホカメラが日常で活躍し、SNSなどに投稿される写真の質も大幅にアップすることになりそうだ。

    https://techable.jp/archives/80569
    no title

    no title

    3: 名無しさん@涙目です。(新潟県) [CA] 2018/07/29(日) 17:05:41.05 ID:KADxCiTw0
    俺たちのソニー

    6: 名無しさん@涙目です。(チベット自治区) [ニダ] 2018/07/29(日) 17:07:31.72 ID:uAcH3Owd0
    すげーけどセルフィユーザーみたいなのには持て余すな

    手軽に一眼ぽいのとれるデュアルカメラで画素そこそこのがええんじゃん


    ※続きは下にスクロール
    【スマホで一眼レフ並みの写真! ソニーが4800万画素のCMOSセンサー開発 】の続きを読む

    このページのトップヘ