動物

    1: 風吹けば名無し 2018/06/29(金) 06:07:30.46 ID:eS3tnfp7M
     24年間ハムスターを飼い続け、ハムスターに特化したYouTubeチャンネルを開設しているハムハム探検隊に批判の声が殺到している。

     ハムハム探検隊がメインにアップしている動画は、「人間の食べ物を与えてみる」というもの。
     生肉や酒粕のほか、コーラ・アイスクリームなど糖分の高いものを与える動画も日常的にアップしており、ネギの入ったとん汁をそのまま与えている動画もいくつか見受けられる。
     また、中には雪の中にハムスターを放り投げ、逃げ惑うハムスターに上から何度も雪をかけ、
    完全に埋めてしまうという行為を収めた動画もあり、その中でチャンネル主は鼻歌を歌いながら楽しんでいた。

     一方、これらの動画に対し、以前からネットでは疑問の声が続出しており、約1年前からは署名サイト「Change.org」でハムハム探検隊の逮捕を求める活動が発足。
    ハムハム探検隊では、ハムスターに子供を産ませ、多頭飼いをしているが、小屋の中に水が用意されておらず、毛並みがぼさぼさという指摘も少なくない。
     サイトには、ハムスターに生肉を与える危険性やハムスターの多頭飼いのリスクなどが記されており、現在、約8700人が賛同している。

     批判の声が上がっているものの、中には「虐待は言い過ぎかも。ちょっとやりすぎちゃっただけかな。独自的な育て方なんだろうね」
    「ちゃんとハムちゃんのこと考えてあげてたし、めっちゃいい人っぽかった」といった擁護の声も見受けられた。

    http://news.livedoor.com/article/detail/14931655/

    no title

    13: 風吹けば名無し 2018/06/29(金) 06:12:52.39 ID:eS3tnfp7M
    豚汁を与えてみる(ハムスターに毒のネギ入り)
    https://youtu.be/GzY_B1o85v8



    ※続きは下にスクロール
    【ハムスター虐待動画を上げているyoutuberの逮捕を求める署名活動発足】の続きを読む

    1: 風吹けば名無し 2018/06/28(木) 10:19:54.85 ID:JfmX4GSQ0
    午前7時58分、大阪・天王寺動物園にも地震が襲った。ナマズやカラスの奇行は音に聞こえているし、ダイオウイカが次々に捕獲……などといった報告もあり、動物は地震の予兆を感じ取るとされてきた。

     そういった「宏観異常現象」を研究してきた東海大海洋研究所の織原義明特任准教授によると、

    「前兆行動が全くないとは言い切れませんが、科学的に証明できないのが実情です」

     さて、当の動物園にいるホッキョクグマにオオカミにトラ、コアラたちはどんな行動を取っていたか。

    「地震前日に動物たちが暴れたりということはひとつもありませんでした。けれども、チンパンジーが……」

     と明かすのは、動物園の飼育担当課長で獣医師の今西隆和氏。目下チンパンジーは6頭おり、それぞれ個室暮らし。オスはリッキー(35)、レックス(25)の2頭、メスはプテリ(35)、ミナミ(33)、ミツコ(30)、レモン(15)の4頭である。

    「地震が起こってから、彼らはみな一様に壁にうんこを塗りたくっていたんです。地面が揺れるという現象がよくわからずに、不安で落ち着かない気持ちを鎮めようとしたのだと思います」

    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180628-00544373-shincho-soci

    7: 風吹けば名無し 2018/06/28(木) 10:21:33.13 ID:bw+xoqj/d
    いい歳して何してんねん・・・

    14: 風吹けば名無し 2018/06/28(木) 10:23:25.37 ID:1RrrlgdN0
    地面が揺れとる…
    せや!うんこ塗ったろw


    ※続きは下にスクロール
    【チンパンジー、地震に怯え壁にう○こを塗りたくるwwww】の続きを読む

    1: 名無しさん@涙目です。(宮崎県) [US] 2018/06/25(月) 07:37:37.33 ID:gRiVdu+w0● BE:512899213-PLT(27000)
     東京都は伊豆大島で繁殖する特定外来生物「キョン」の生息数(推定値)が2017年の調査で前年比57頭増の1万7109頭だったと発表した。
    16年以前は年間1000頭を超すペースで急増していたが、増加に歯止めがかかった。捕獲のための柵を増やすといった対策が奏功した。
     キョンはシカに似ており、体の高さが約40センチ、体重約8キロと中型犬ほどの大きさがある。もともと都立大島公園で飼育されていた。
    1970年の台風で柵が壊れ十数頭が逃げ出し、野生化して頭数が増えた。農作物への被害が深刻化しているため、対策を進めている。
     都などは17年に約3500頭を捕獲した。18年はハンターの増員などにより、捕獲をさらに強化したい考えだ。

    https://www.nikkei.com/article/DGXMZO3213800022062018L83000/

    参考画像
    no title

    8: 名無しさん@涙目です。(東京都) [CN] 2018/06/25(月) 07:42:04.69 ID:W9yGZ4UK0
    >>1
    体高40センチって意外と小さいんだな


    ※続きは下にスクロール
    【外来生物キョンの捕獲強化で増加に歯止め】の続きを読む

    1: ガーディス ★ 2018/06/24(日) 14:15:56.63 ID:CAP_USER9
     北海道大学大学院文学研究科の研究グループは、全国で被害が拡大しているアライグマ対策として巣箱型のわなを開発した。木洞(きぼら)を寝床にする習性を逆手に取り、穴に入るとふたが閉まる仕組み。餌で誘引する必要がなく、スマートフォンに捕獲を伝える装置を取り付けることで見回りが省力化できる。実証試験では、アライグマが少ない地域で捕獲ができた。発生初期など低密度段階での活用を見込み、本格販売を計画する。

     わなは、木製で直方体の箱型。アライグマが穴に入りやすいよう踏み台も設けた。天板は開閉でき、捕獲後にアライグマかどうかを確認できる。軽量で運びやすさも重視した。

     アライグマの個体数が少ない大分県で2014、15年に試験したところ、地面に置いたわな10個のうち4個で捕獲できた。個体数が低密度の地域で捕獲できたことから研究グループの池田透教授は「発生初期でも効果的」と分析する。

     道庁の調べによると、道内の16年度の捕獲頭数は1万2354頭と過去最高を記録。生息範囲は10年前の24市町村から17年3月末時点で149市町村と広がり、農業被害も増えている。被害拡大を受け、今年度から道内では、本格的に捕獲実証を進める。池田教授は「寒さが厳しい道内では、越冬前の設置が有効な可能性がある」と説明。わなは、メーカーと共同で実用化を計画する。

    日本農業新聞
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180621-00010000-agrinews-soci
    no title

    【アライグマ捕獲トラップ、ついにスマホと連動する時代にwwww】の続きを読む

    1: しじみ ★ 2018/06/24(日) 08:23:26.70 ID:CAP_USER9
    来年の皇太子さまの即位に伴って行われる「大嘗祭」(だいじょうさい)の関連儀式で、宮内庁は、
    宮中に伝わるアオウミガメの甲羅を使った占いを行うことになり、
    特別に捕獲が認められている小笠原諸島から甲羅を調達する方針を固めました。

    来年5月に皇太子さまが新しい天皇として即位されると、秋には、一世に一度の伝統儀式「大嘗祭」が行われます。
    この「大嘗祭」で使う米を収穫する地方を選ぶ「斎田点定の儀」で、宮内庁は、
    「亀卜」(きぼく)と呼ばれる占いを行うことになりました。

    「亀卜」は、カメの甲羅を焼いてひびの入り具合で物事を決めるもので、
    宮中では、伝統的にアオウミガメの甲羅が使われています。

    しかし、このカメは、絶滅のおそれがあり、捕獲や国際的な取り引きが禁止されていて、
    どのように調達するのかが課題になっていましたが、関係者によりますと、
    宮内庁は、東京の小笠原諸島から調達する方針を固めたということです。

    小笠原諸島では、古くから食用としてアオウミガメの漁が行われていて、
    今でも特別に数を限定しての捕獲が認められています。

    宮内庁は、ことしの春に捕獲されたカメの甲羅を、今後、東京に運んで、
    来年の儀式に向けた準備を進めることにしています。

    ■「亀卜」とは
    「亀卜」は、中国や朝鮮半島から日本に伝わり、6世紀ごろから、
    宮中をはじめ各地の神社などでも行われるようになりました。

    宮中では、天皇の体調や天変地異の原因などを占うために行われましたが、
    その後、「大嘗祭」で使われる米を収穫する地域を選ぶ際にも行われるようになりました。

    しかし、科学の発展につれて次第に衰退していき、明治以降になると、
    宮中以外で行われることはほとんどなくなります。

    ■1990年(平成2年)、今上天皇の大嘗祭(Wikipediaより)
    no title

    no title


    NHKニュース
    https://www3.nhk.or.jp/news/html/20180624/k10011493151000.html

    37: 名無しさん@1周年 2018/06/24(日) 08:32:45.61 ID:H5mJK0560
    >>1
    ワシントン条約さんここです。

    84: 名無しさん@1周年 2018/06/24(日) 08:41:08.71 ID:MQd4DiZp0
    >>1

    この行事に右翼はだんまりなんだろうな


    ※続きは下にスクロール
    【新天皇即位の関連儀式で絶滅危惧種の亀を使うことに批判の声が上がる】の続きを読む

    1: 名無しさん@涙目です。(四国地方) [US] 2018/06/22(金) 06:34:24.00 ID:6cr99KwY0● BE:201615239-2BP(2000)
    sssp://img.5ch.net/ico/anime_jien03.gif
    紀州の”ドン・ファン”とも呼ばれた和歌山県の資産家が、急性覚醒剤中毒で死亡したことをめぐり、
    警察がその20日ほど前に突然死んだ愛犬を詳しく調べた結果、覚醒剤の成分は検出されなかった
    ことが捜査関係者への取材で分かりました。

    和歌山県田辺市の会社社長、野崎幸助さん(77)は先月24日、自宅で急性覚醒剤中毒で死亡し、
    警察は亡くなった経緯に不審な点があるとして容疑者を特定しないまま、殺人の疑いで捜査して
    います。

    警察は、社長が亡くなる18日前の先月6日に、愛犬「イブ」が突然死んだことに注目し、埋葬され
    ていた自宅の庭から掘り出し、覚醒剤の成分の有無などについて専門機関に依頼するなどして鑑定
    を行っていました。

    その結果、「イブ」の血液だけでなく、臓器などからは覚醒剤の成分が検出されなかったことが、
    捜査関係者への取材で分かりました。

    警察は、野崎社長に覚醒剤がいつ、どのように摂取されたのかが、詳しいいきさつの解明につな
    がるとみています。

    ただ、覚醒剤は、愛犬からも成分が検出されず、捜索した、自宅や会社などからも、見つかって
    いないということで、警察は引き続き慎重に調べを進める方針です。

    https://www3.nhk.or.jp/news/html/20180622/k10011490311000.html

    16: 名無しさん@涙目です。(空) [JP] 2018/06/22(金) 06:39:08.20 ID:VcHFDqbV0
    おいおい下手したら迷宮入りか?

    18: 名無しさん@涙目です。(やわらか銀行) [US] 2018/06/22(金) 06:40:14.09 ID:A2fW05vr0
    完全に画伯案件やで
    妻犯人説流してた奴ら訴えられるかもわからんね


    ※続きは下にスクロール
    【“紀州のドン・ファン” 愛犬イブから覚醒剤検出されなかったwww】の続きを読む

    1: 名無しさん@涙目です。(庭) [US] 2018/06/20(水) 12:07:12.86 ID:vOu03jli0● BE:887141976-PLT(16001)
    sssp://img.5ch.net/ico/1fu.gif
    インド北部の都市アーグラの道路舗装工事の際に、犬の上からアスファルトを注ぎ込み身動きが取れなくなった犬が死亡した。

    6月15日、アーグラの地元警察が道路工事現場で道路上に横たわっている犬の上からアスファルトを
    そのまま注いだとして工事関係者4人を逮捕。

    公示は6月12日にアーグラのタージマハル近くの交差点の工事現場で起きたもので、道路に横たわっている犬は
    工事の際に寝ており、その犬に気付いていながらも無視してアスファルトを注ぎ足が固定され動けなくなった。
    犬はその後死亡してしまったという。

    当時現場を目撃した市民は、110度以上ある熱いアスファルトを注がれた犬は苦痛にもがき吠え続けたという。
    ある市民が舗装した道路を壊して犬を救出して欲しいと要請したが誰も話を聞きれてくれず、結局その後犬は死んでしまった。

    市民曰く「苦痛を訴える犬を無視して作業員たちは工事を継続していた。犬が死んだ後も遺体を放置していた」と述べた。

    この事件に激怒した動物愛護団体などいくつかの団体は、現場作業員の工事機器を略奪するなどし工事の進行を妨害。
    事件を知った工事の代表者は、遺憾に思いクレーンで犬を掘り起こし作業を行った。

    地元警察は現場にいた工事現場の監督、ロードローラーの運転手、工事現場作業員2人、
    計4人を動物虐待の容疑などで逮捕した。作業員らは市民らの主張とはことなり「犬は横になっていたときに
    既に死んでいた」としており「我々のせいでしんだわけではない」と語った。

    今後の解剖により犬の死亡推定時刻が詳細に判明するという。

    http://gogotsu.com/archives/40908
    http://gogotsu.com/wp-content/uploads/2018/06/001-43.jpg
    http://gogotsu.com/wp-content/uploads/2018/06/02.png


    ※続きは下にスクロール
    【寝ている犬の上からアスファルトを流し込み犬を殺した作業員4人逮捕 】の続きを読む

    1: ガーディス ★ 2018/06/16(土) 14:58:14.47 ID:CAP_USER9
    「アライグマいる」通報 実は子グマ?
     岐阜市は15日、同市福富で見つかった小型獣をアライグマとみて処分した。
    その後、子グマだった可能性があることが判明したと発表した。今のところ周辺でクマの
    目撃情報はないが、親グマの徘徊(はいかい)に警戒するよう注意を呼び掛けている。
     市によると、同日午前10時30分ごろ、同市福富の工場の倉庫内で、
    体長約30センチの小型獣を発見した女性経営者が「アライグマのような動物を捕まえた
    ので回収してほしい」と市に相談。
    市職員や処分委託業者が現場を訪問した際、アライグマとみなし、
    特定外来生物に指定されていることなどから焼却処分を行ったという。

     その後、専門家や別の市職員が現場の写真などを確認したところ、全身が真っ黒で、
    尾が短いことから子グマの可能性があると指摘した。
    http://www.gifu-np.co.jp/news/20180616/20180616-49899.html
    no title


    ※続きは下にスクロール
    【岐阜市、子グマをアライグマと間違えて焼却処分してしまう】の続きを読む

    このページのトップヘ