軍事

    1: しじみ ★ 2018/12/30(日) 22:29:04.41 ID:CAP_USER
     防衛省は2019年から、低空を飛来する攻撃・偵察型ドローン(小型無人機)や迫撃砲弾の迎撃を目的に、高出力の軍事用レーザー兵器の研究を本格化させる。今年度予算には開発費として87億円を計上。年明けに陸上配備型の研究試作機製作の入札を行い、23年度までに技術的検証を終えたい考えだ。
     レーザー兵器の開発は米国や中国など各国で進められており、米軍は既にレーザー兵器を揚陸艦に搭載して運用を始めている。
     戦闘機のステルス能力向上やミサイルの低高度化・高速化により、迎撃までの対処時間は短くなるばかり。

    レーザー兵器は、直進するレーザーを照射して目標を瞬時に破壊することができるため、迎撃ミサイルなどで必要な事前の弾道計算が要らない。ミサイルや高射砲弾のように破片も発生しないため、地上被害が少なくなる利点もある。
     ミサイル防衛と比べると、ミサイルの補充が不要で撃ち漏らしもないため、運用コストは格段に下がるとみられる。米軍ではレーザー発射1回の費用は1ドル程度とされている。
     課題は出力の強化だ。防衛省は、最大50キロワットのレーザー発生装置を開発しているが、迎撃には100キロワット程度の出力が必要になる。将来的には長距離巡航ミサイルや戦闘機などの迎撃に使用することを目標に研究開発を進める。(2018/12/30-18:39)

    no title


    時事ドットコム
    https://www.jiji.com/jc/article?k=2018123000216&g=pol

    2: ニュースソース検討中@自治議論スレ 2018/12/30(日) 22:30:07.24 ID:u00ajnk4
    >>1
    防衛省がマトモになってきた!
    防衛大臣は劣化しているけど・・・・・・

    5: 2chのエロい人 がんばれ!くまモン! 2018/12/30(日) 22:46:34.39 ID:ByrJyQ4e
    「高出力遺憾砲」の間違いじゃないのか?

    ※続きは下にスクロール




    【防衛省、高出力レーザー兵器開発へ】の続きを読む

    1: しじみ ★ 2018/11/22(木) 15:17:15.58 ID:CAP_USER
    <リチウムイオンバッテリーは、今やスマートフォンなどの小型家電に欠かせないエネルギー源だ。これまでは高出力と高い安全性を要する大型機器や産業用機械には向いていないとされてきたが、日本製の最新鋭潜水艦が世界で初めてリチウムイオンバッテリーを搭載するなど、そのデメリットは覆されつつある。戦場から日常生活まで、リチウムイオンバッテリーがあらゆるシーンを支える時代がすぐそこまで来ている>

    ■100年ぶりのブレイクスルーを果たした日本製潜水艦
    先月初め、三菱重工神戸造船所で、海上自衛隊の最新鋭通常型潜水艦「おうりゅう」が進水した。2005年から三菱重工と川崎重工が建造する「そうりゅう型」の11番鑑という位置づけだが、世界で初めてリチウムイオンバッテリーを搭載したことで巡航速度、航続距離、連続潜水時間などが大幅にアップしており、事実上の次世代鑑だと見る向きも多い。

    原子力を使わない通常型潜水艦は、静音性が求められる戦闘時や作戦行動の際には、エンジンを止めて電力のみで行動する。平時にはディーゼルエンジンを回し、その際に充電を行うというハイブリッド車に近いシステムだ。「おうりゅう」までの世界の通常型潜水艦は、100年前の第1次世界大戦の時代から受け継がれてきた鉛蓄電池を用いてきたが、現代の潜水艦の活動にはその性能が見合わなくなってきている。そのため、「そうりゅう型」では、補助動力装置を用いた非大気依存推進(AIP)システムで鉛蓄電池の性能不足を補ってきた。

    AIPでも画期的な性能向上が果たされたが、スターリングエンジンという補助動力装置をメインエンジンと別に搭載するなど、重量・船体容積の増加を余儀なくされることや、システムの複雑化というデメリットもあった。リチウムイオンバッテリーを搭載した「おうりゅう」は、それだけで鉛蓄電池の約2倍の蓄電量と充電時間の大幅短縮、1.5倍以上の繰り返し充放電回数などを実現したため、AIPは廃止された。今後世界で開発される潜水艦も「おうりゅう」のシステムを踏襲することになる可能性が高い。


    ■潜水艦「おうりゅう」進水式
    Japan just launched first lithium-ion battery powered submarine JS Oryu https://youtu.be/HVFPtQl7TYo



    続きはソースで

    no title


    ニューズウィーク日本版
    https://www.newsweekjapan.jp/stories/world/2018/11/post-11320.php

    26: ニュースソース検討中@自治議論スレ 2018/11/22(木) 16:27:35.93 ID:ldCh6ko7
    単三形のエネループを何十万個も束にして実装してたりして

    60: ニュースソース検討中@自治議論スレ 2018/11/22(木) 17:47:45.36 ID:dImOCw/c
    >>26
    ニッケル水素は水素が発生するので
    水素逃がす穴が+側にあるんだが
    狭い艦内で水素出したら....
    まあわかるよな

    ※続きは下にスクロール




    【日本の潜水艦、世界に先駆けリチウムイオン電池を搭載。100年ぶりのブレイクスルー】の続きを読む

    1: 砂漠のマスカレード ★ 2018/11/22(木) 07:28:07.00 ID:CAP_USER9
    超党派の国会議員やNPO、NGO有志が主催する第2回「キラーロボットのない世界に向けた日本の役割を考える勉強会」が20日、衆院議員会館で開かれた。
    映画「ターミネーター」シリーズで描かれたキラーロボットによる支配を人類は防げるのか!?

    キラーロボットとは人間の介入、操作なしに人を殺傷するAI(人工知能)搭載の兵器で、自律型致死兵器システム(LAWS)と呼ばれている。

    LAWS自体は実戦で投入されたことはないが、水面下で各国が開発・研究を進めている。

    ヒューマン・ライツ・ウォッチ日本代表の土井香苗氏は「LAWSが兵士と一般市民とを判断するのは本質的に難しく、市民の死傷が増大する。
    市民を違法に殺した場合、国際法違反行為を裁く相手がいない。抑止力が弱体化する」と懸念する。

    この日は、ロボット開発の専門家やAI専門家からさまざまな意見が相次いだ。
    千葉工業大学未来ロボット技術研究センターの古田貴之所長は「(規制するのは)“無人で動く殺りく兵器”と定義を変えた方がいい。
    作る側からすればドローンだろうが、形状は関係なく、抜け道はいくらでもある。災害救助の名目ロボットでも軍事用にいくらでも転換できる」と指摘する。

    会合の発起人である公明党の遠山清彦衆院議員は、「ターミネーター」に登場する自我を持ったコンピューター「スカイネット」の現実化を危惧する。
    人類を敵とみなしLAWSで攻撃するSF設定だが、AI専門家で慶応大学理工学部の栗原聡教授は「(スカイネットは)100%ないとは言えない」と答え、
    将来的に現実世界で起こり得る可能性を示唆した。

    現在、特定通常兵器使用禁止制限条約(CCW)の枠組みで議論されているものの、LAWSがまだ現存していない状況とあって、定義を巡る“入り口議論”で立ち止まったまま。
    急速にAIの開発・研究が進む中、LAWSに支配される時代があっという間に来てしまうかもしれない。

    http://news.livedoor.com/article/detail/15631486/
    2018年11月22日 7時0分 東スポWeb

    https://www.youtube.com/watch?v=PhFy62G-G9U


    ターミネーターBGM

    25: 名無しさん@1周年 2018/11/22(木) 07:35:16.83 ID:+6KYv5Mp0
    今の無人機ってAIついてなかったっけ?

    37: 名無しさん@1周年 2018/11/22(木) 07:38:09.59 ID:SnkzrGqF0
    >>25
    付いてるけど完全に自律して相手を攻撃するとかは出来ない

    45: 名無しさん@1周年 2018/11/22(木) 07:40:10.53 ID:37ODbmzS0
    >>37
    敵、味方、民間人の区別、巻き添えの判定も難しそう

    499: 名無しさん@1周年 2018/11/22(木) 13:01:52.81 ID:3t+SbhGf0
    >>45
    人間のパイロットもそこまで区別しちゃいないだろ

    ※続きは下にスクロール




    【殺人ロボット“リアルターミネーター”誕生間近か 】の続きを読む

    1: 名無しさん@涙目です。(四国地方) [US] 2018/11/19(月) 20:14:50.45 ID:Vi/PF3+o0●
     防衛省は「宇宙部隊」を新たに設ける方針を固めた。部隊は「宇宙ゴミ」(スペースデブリ)と呼ばれる人工衛星やロケットの残骸のほか、他国の不審な衛星などを監視。陸海空の各自衛隊が統合運用する。
     2022年度をめどに設置する予定で、政府が来月改定する「防衛計画の大綱(防衛大綱)」にも新設が明記される。19日、複数の政府関係者が明らかにした。

    https://www.asahi.com/sp/articles/ASLCM55QGLCMUTFK00S.html

    13: 名無しさん@涙目です。(新疆ウイグル自治区) [IN] 2018/11/19(月) 20:18:06.91 ID:7wHKwvXK0
    JAXAを自衛隊の管轄に回したほうがいいんじゃねーの?

    14: 名無しさん@涙目です。(茸) [ES] 2018/11/19(月) 20:18:27.81 ID:04lYk+pO0
    これ以上新しいものにお金持ってくの止めて!
    もう現場は限界よ(`;ω;´)

    【自衛隊に「宇宙部隊」新設へwwww他国の不審な衛星などを監視】の続きを読む

    1: 名無しさん@涙目です。(dion軍) [IT] 2018/06/13(水) 23:54:04.06 ID:WrWl4lCt0 BE:479913954-2BP(1931)
    sssp://img.5ch.net/ico/nida.gif
    2009年の水上主力艦
    no title


            ↓

    2019年の水上主力艦
    no title


    旧式艦は新型艦に置き換えられた
    no title

    no title

    no title


    世界最大最強055型艦の量産開始
    no title

    no title



    中国海军次世代054B型导弹护卫舰CG https://m.sohu.com/a/219972394_600562/?pvid=000115_3w_a

    【中国海軍、ここ10年で恐ろしく増強】の続きを読む

    1: 風吹けば名無し 2018/06/02(土) 03:01:20.95 ID:KxjeWDDMa
    先月の5月25日、タイにて大量の金塊が地中から発見、
    旧日本軍が埋めたものではないかとして話題になっている。

    発見された場所はミャンマーとの国境付近にあたるタク省メーソート地区。
    政府によるゴム園の開墾中に作業員たちが洞窟を発見。
    その土中から大量の金塊が出てきたという。

    金塊は数トン規模のもので刻印はない。
    発見者である農場主らは金塊の所有権を主張し、
    国に対して裁判も起こす予定だという。

    もし金塊が旧日本軍のものであったとするならば
    泰緬鉄道やラングーン部隊が保有していたものである可能性があるが、
    終戦間際の激戦地であり敗戦も濃厚であったため、
    大量の金塊を持っていた部隊が隠れていられたのかという疑問も残る。

    no title


    http://mnsatlas.com/?p=35847


    ※続きは下にスクロール
    【旧日本軍が隠したと思われる金塊が発掘される!】の続きを読む

    1: 名無しさん@おーぷん 2018/06/03(日)02:46:27 ID:nRP


    ※続きは下にスクロール
    【昭和天皇「原爆投下はやむをえないこと」ソース有り】の続きを読む

    1: 名無しさん@涙目です。(ポルトガル) [PL] 2018/05/29(火) 18:10:21.54 ID:70GmVYZX0● BE:782249187-2BP(2000)
    sssp://img.5ch.net/ico/nida.gif
    男女平等を掲げた英軍歩兵部隊に初めて女性が参加→ 訓練のあまりの辛さに2週間でバックレてしまうwwwwww

    イギリス軍はこのたび前線任務を担う歩兵部隊に初の女性隊員を配属。

    戦闘部隊に女性を加えることで世論に迎合する意図があったが、彼女はトレーニングに求められる身体条件をクリアできなか
    ったようだ。18週間の訓練期間を与えられるも、およそ2週間で辞退を申し出た。

    イギリスでは2016年、デーヴィッド・キャメロン元首相の指示のもと、女性隊員の前線への配属が解禁となった。これは男女同権を求める世論に後押しされた決定だった。

    そして今月、解禁後初となる女性歩兵隊員が誕生。

    サフォーク訓練基地で18週間の訓練を積むこととなったが、彼女は肉体的にも精神的にも周りの男性隊員についていけな
    かったようだ。「歩兵隊に必要な身体条件を甘く見ていた」と認めた上で、「(女性は自分だけという)疎外感に心が折れた」と語っている。


    戦闘部隊への女性進出には以前より軍内でも反発があった。

    司令官の多くは「女性は訓練の厳しさに耐えられない」と考えていたからだ。特に歩兵隊員は重装備のまま重火器をかかえ
    て戦地を長距離移動する必要があり、これは男性隊員でも過酷なものだろう。

    当初3名の女性隊員が歩兵部隊に志願したが、彼女だけが「訓練にも耐えられる」との判断が下り、採用されたようだ。しか
    しそんな彼女の突然の離脱は、軍部の女性進出を推進していた官僚らにとって大打撃となるニュースだ。
    http://yurukuyaru.com/archives/76327679.html

    war_kyu_nihonhei_rikugun

    ※続きは下にスクロール
    【女「差別反対!女も歩兵部隊に入れろ!」→2週間でバックレ・・・】の続きを読む

    このページのトップヘ