ガジェット

    1: 名無しさん@涙目です。(庭) [GB] 2018/07/13(金) 13:04:23.44 ID:lDk7XEGH0● BE:887141976-PLT(16001)
    sssp://img.5ch.net/ico/1fu.gif
    あの養命酒が養命酒型のスマートスピーカー『AI養命酒』を作るという暴挙に出た。これはネタでもなく実際に動作する製品で、
    抽選で10名にプレゼントされるという物。

    機能としては会話モードのほかに、生薬占いモードなどがある。700mlサイズの1.5倍の大きさの本体となっており、
    心臓部にはソニーのスピーカーを内蔵。
    スピーカーもソニーのスマートスピーカーを内蔵しており、Googleアシスタントや音楽の再生、ニュース、天気予報など
    普通のスマートスピーカーとして使うことが可能。

    ※詳細は記事参照
    http://gogotsu.com/archives/41425
    no title

    no title

    no title

    no title


    関連記事
    養命酒ジャンボ抱き枕と腹巻きが当たるぶっ飛んだキャンペーンが開始! ベッドの上に養命酒とかシュールすぎ
    http://gogotsu.com/archives/31508
    no title

    2: 名無しさん@涙目です。(庭) [GB] 2018/07/13(金) 13:04:49.60 ID:lDk7XEGH0
    (つづき)

    また、スマートスピーカーとは別に話した言葉をオウム返しする「AI養命酒(初号機)」を抽選で40名にプレゼント。
    モフモフのボディに手足が付いているという愛らしいやつだ。

    ウェブサイトには大量の動画も公開されているのでそちらもご覧いただきたい。

    ■過去には養命酒抱き枕も
    昨年は養命酒抱き枕なるものを作ってしまい話題となった。毎年この時期になると養命酒の珍グッズが登場するのが
    恒例になってくるのだろうか。来年も楽しみである。

    (おわり)

    ※続きは下にスクロール




    【養命酒が養命酒型のスマートスピーカー「AI養命酒」を作るwwwww 「OK養命酒」 】の続きを読む

    1: ムヒタ ★ 2018/07/06(金) 04:27:49.18 ID:CAP_USER
    no title


    Apple製品の情報通として知られるミンチー・クオ氏が、今秋発売のiPhoneに関する新たな予測を発表し、6.5インチの有機EL(OLED)ディスプレイ搭載iPhoneに「ゴールド」色が加わり、6.1インチのLCD搭載iPhoneは「ブルー」「レッド」「オレンジ」など5色展開となる可能性が浮上しました。

    iPhone5cを彷彿させるカラフルさ
    クオ氏は現地時間の5日、新たな報告書を公開しました。クオ氏は今秋発売のiPhoneモデルの予想販売台数を上方修正し、6.5インチモデルは現行のiPhone Xと同じく販売価格は1,000ドル(約11万円)ほどで、デュアルSIM搭載になると予測しています。6.1インチのLCD搭載モデルは700ドル(約77,000円)ほどになるとみられています。

    今回のクオ氏の予測で最も興味深いのは、iPhoneのカラー展開に関する情報です。6.5インチモデルは「ブラック」「ホワイト」に加え、iPhone Xにはなかった「ゴールド」が仲間入りを果たすとされています。連邦通信委員会(FCC)の資料から明らかになった「ブラッシュゴールド」と近いものとなるのでしょうか。エントリーレベルの6.1インチモデルは「グレー」「ホワイト」「ブルー」「レッド」「オレンジ」の5色展開になるといわれています。

    6.1インチのLCD搭載モデルは、廉価でカラフルだったiPhone5cを彷彿させます。AppleがiPhoneのカラー展開を拡大させるとの噂はありましたが、信用できるソースからの情報は今回の報道が初めてです。

    「レッド」カラーがPRODUCT(RED)を意味しているのかは今のところ定かではありません。iPhone8の特別仕様バージョンが今春発売されたように、PRODUCT(RED)モデルのリリースは通常、デバイス発表の数カ月後に行われます。

    カラフルなLCD搭載モデルが売上の55%を占めるか
    クオ氏によれば、Appleは2018年第4四半期(7-9月)に7,000万台の新作iPhoneを販売し、iPhoneの出荷台数は前年と比べて大幅に上昇するとのことです。

    中でも廉価でカラフルなLCD搭載モデルの売上は55%を占めるとみられており、2019年に入ってそのシェアはさらに伸びると予測されています。
    2018年7月5日 23時53分
    https://iphone-mania.jp/news-217882/

    3: 名刺は切らしておりまして 2018/07/06(金) 04:36:40.60 ID:NJM9lhu5
    色はどうでもいいからSE2を早く出してくれ
    大きさとスペックこそ大事

    36: 名刺は切らしておりまして 2018/07/06(金) 09:08:53.75 ID:wyWzHEBQ
    >>3
    半年前にSEかったけどこれいいなあ。ちっさいし、軽さが最高。アイフオン否定派だったんだがコイツはいいぜ

    38: 名刺は切らしておりまして 2018/07/06(金) 10:01:55.71 ID:Yz8+vkRB
    >>3

    4インチのアイフォン出して欲しいわ
    SE2の開発中止って話があったから
    スナドラ845が入ってるzenfone5z買ったわ。

    【2018秋発売のiPhoneは新色が4つも?「ゴールド」「ブルー」「レッド」「オレンジ」 】の続きを読む

    1: 名無し募集中。。。 2018/06/28(木) 00:16:42.78 0

    3: 名無し募集中。。。 2018/06/28(木) 00:28:27.80 0
    AppleのかGalaxyか二択
    完成度高いのはこの二つ

    Galaxy最近まで使ってたけどLINEやツイや着信の通知便利だったしmp3少し入れられるからBluetoothヘッドホンで簡易プレイヤーにもなった


    ※続きは下にスクロール
    【スマートウォッチのシェア率、腕時計を超す。腕時計は時代遅れか】の続きを読む

    1: ノチラ ★ 2018/06/07(木) 20:06:08.58 ID:CAP_USER
     シャープは、最新のAndroid TV「Android 8.0 Oreo」を搭載した4K/HDR液晶テレビ「AQUOS 4K AM1」シリーズを6月30日より順次発売する。43型「4T-C43AM1」と50型「4T-C50AM1」、60型「4T-C60AM1」の3サイズ展開で、価格はオープンプライス。店頭予想価格は43型が15万5,000円前後、50型が18万円前後、60型が26万円前後。43型は6月30日から、50/60型は8月31日に発売する。
    no title


     AI(人工知能)により、おすすめ番組や情報を音声で伝えるAIoTクラウドサービス「COCORO VISION」を強化したほか、Android 8 Oreoの搭載し、スマートスピーカーや家電連携を強化。画質や音質も強化し、新開発の映像エンジン「AQUOS 4K Smart Engine PRO」を搭載した。

    天気もしゃべる。Andorid OreoのAQUOS AM1
     COCORO VISIONは、AIが、家族のよく見る番組や利用した時間帯を学習。好きなジャンルの番組や、よく見るタレントが出演する作品を教えてくれる機能。人が近づくとテレビが自動でONになり、見逃しがちな番組などを画面や声で教えてくれる。

    これまでのCOCORO VISIONは、家族のよく見る番組や時間帯などの内容を学習して、おすすめ番組をお知らせしてきたが、新たに録画予約番組も分析。それまでに学習した嗜好や地域、時間帯に合わせて、放送予定の番組やビデオオンデマンド(VOD)、音楽、ゲームなどのおすすめコンテンツを表示する。

     テレビに近づくと、人感センサーで電源が自動でONになり、COCORO VISIONの画面を表示。音声でおすすめ番組や選択理由を知らせるほか、新たに居住地域の天気予報も音声でお知らせするようになった。
    https://av.watch.impress.co.jp/docs/news/1125926.html


    ※続きは下にスクロール
    【シャープ、AI搭載のしゃべる4Kテレビ「AQUOS AM1」発売!】の続きを読む

    1: 名無しさん@涙目です。(東京都) [US] 2018/06/13(水) 23:46:28.52 ID:+V5VOhvJ0 BE:416336462-PLT(12000)
    sssp://img.5ch.net/premium/6931153.gif
    最近のスマホは大型化の傾向にあるが、そうした流れに逆らうような小型スマホ「Atom」がKickstarterに登場したところ、わずか1日で目標額を大幅に超える約6000万円を集め、注目を浴びている。
    人気の鍵は、防水・防塵でしかも衝撃に強く、指紋認証やNFCなどにも対応する高性能さにあるようだ。

    写真を見てもらえばお分かりの通り、ジーンズのポケットにも余裕で入るサイズで、重さはわずか108グラム。おもちゃのように見えなくもないが、れっきとした4G対応のスマホだ。
    Android 8.1 Oreoで作動し、CPUはオクタコア。RAM 4G、ストレージは64Gだ。カメラはフロントが8MP、リアが16MPと、それなりの撮影もできる。

    最大の売りは防水・防塵規格IP68をクリアしている点で、アウトドアに持って行くにはうってつけのタフさだ。
    それでいて、指紋リーダーやNFC機能といった先端技術も搭載し、端末のセキュリティに指紋を活用したり、NFCで支払いしたりということができる。

    加えて、デュアルナノSIMカードシステムを採用し、どちらのSIMカードでも4Gをサポートするのも強みだ。
    ちなみに、Atomは世界各国への発送に対応し、「全ての4Gネットワークバンドに対応する」としている。ネットワークの一覧にはドコモやソフトバンク、auなども記載されている。
    前述の通り、AtomはKickstarterでいま最も注目を集めているプロジェクトの一つで、お得なパッケージ“売り切れ”が続出している。
    現在は219ドル(約2万4000円)の出資で入手でき、日本への送料は無料。出資は7月10日まで受け付けるが、気になる人は早めにチェックした方が良さそうだ。

    https://techable.jp/archives/78106
    https://www.kickstarter.com/projects/jellyphone/atom-world-s-smallest-4g-rugged-smartphone
    no title

    no title

    no title

    no title


    ※続きは下にスクロール
    【108gの超小型高機能スマホが話題に】の続きを読む

    1: ガーディス ★ 2018/06/12(火) 18:47:53.41 ID:CAP_USER9
     シャープは、飼い猫の尿の量や体重を計測できるクラウド連携のシステムトイレ「ペットケアモニター HN-PC001」を、7月30日に発売する。価格は24,800円。サービス利用料は月額300円(いずれも税抜)。

     猫の健康管理をサポートするスマートトイレ。本体下部にスケール(計測器)を備えており、尿の量や回数、体重、滞在時間などを自動的に計測する。

     通信機能は無線LAN(2.4GHz)とBluetooth4.0を搭載し、データはクラウド上で記録、スマートフォンで確認可能。AIを用いた独自の「異変検知アルゴリズム」により解析され、「尿量が多い/少ない」「滞在時間が長い」などの異変があった場合は、スマホに通知される。

     異変検知アルゴリズムは、岡山大学 農学部 共同獣医学科・岡本 芳晴教授と共同開発。岡本教授は製品について次のように語った。

     「飼い主が猫を病院に連れていくときは、既に病気に罹っているパターンが多くあります。もう少し早く来てくれればと思うこともあり、猫の変化を捉えるには日常的な観察がとても大事です。尿量や回数は健康のバロメーターでもあるので、きちんと見てもらいたいのですが、日中飼い主が家にいない場合はチェックしにくいのも事実です。スマートトイレを導入することで、飼い猫の変化に早めに気付いてもらえればと思います」

     本体を設置した場所の周辺温度も計測。猫はトイレの場所が寒すぎるとトイレに行くことを我慢することがあるため、温度を計測することで快適なトイレ環境の維持にも役立つという。

     最大3頭の多頭飼いにも対応する。別売りの「個体認識バッジ HN-PM001」(税抜3,980円)を首輪に装着することで、判別可能となる。バッジに搭載される通信機能はBluetooth4.0で、リチウムコイン電池1個で駆動する。

     本体はインテリアになじみやすい、シンプルなデザインを採用。猫の入りやすさはもちろん、チップが飛び散りにくい形状を追求したという。尿量の計測はシートへ染み込んだ分量で行なわれるため、チップは尿を吸い込まない構造となっている。チップは月に1回交換する必要があり、糞が付いた部分はその都度取り除く。交換用のチップとシートも用意しており、価格はチップ(2.5L)が600円、シート(20枚)が800円(いずれも税抜)。

     本体サイズは、筐体部が380×576×188mm(幅×奥行き×高さ)で、スケール部が263×424×50mm(同)。重量は約4kg。電源はAC100V。チップ(2.5L)とシート1枚が付属する。

    no title

    no title

    http://kaden.watch.impress.co.jp/docs/news/1126883.html

    【シャープがスマホ連動のスマートトイレ発売wwww】の続きを読む

    1: ノチラ ★ 2018/06/12(火) 17:54:33.95 ID:CAP_USER
    no title

    サムスン電子が年内に画面を折りたたむことができるフォルダブルスマートフォンを世界で初めて公開する。従来のスマートフォンの外観と使用方式を完全に変える次世代スマートフォンで市場をリードするという戦略だ。

    電子業界によると、サムスン電子は最近、フォルダブルフォンを年内に発表する方針を決めた。7.2インチのディスプレーを内側に折りたたむインフォルディング方式フォルダブルフォンという。画面に合う専用のアプリケーションとコンテンツも開発中している。

    このためサムスンディスプレイは11月ごろ、フォルダブルフォンに適用するフレキシブルディスプレイの量産を始める計画だ。フォルダブルフォンはディスプレーの量産が始まる時期に発表し、来年初めに製品を発売する案が有力という。

    サムスン電子は今年4月、フォルダブルフォンの開発コード名を「バレー(valley)」から「ウィナー(winner)」に変更した後、開発を加速している。当初は「世界初の発売にこだわらず製品の完成度を高めることに集中する」という方針だった。

    しかし中国スマートフォン製造企業ファーウェイ(華為)が11月ごろフォルダブルフォンを公開すると伝えられると、危機感が強まった。サムスン電子はスマートフォン後発企業のファーウェイに先を越されることはできないとし、来年初めに予定していた公開時期を操り上げることにした。

    フォルダブルフォンは、2007年のアップルのiPhone第1世代発売から11年間も大きな変化がないスマートフォンの外形と使用方式に根本的な変化をもたらす見通しだ。

    ある関係者は「フォルダブルフォンは普段は折りたたんで携帯電話のように使用し、開けばタブレットPCとしても使用できるため、スマートフォンとタブレットPCの需要をすべて吸収する可能性がある」と述べた。
    http://japanese.joins.com/article/208/242208.html


    ※続きは下にスクロール
    【サムスン世界初、画面が折れるスマホ公開 】の続きを読む

    1: 風吹けば名無し 2018/06/13(水) 08:14:39.34 ID:w6R0HLvv0
    富士通クライアントコンピューティング株式会社は、FMVブランドより、子供向け14型ノートPC/2in1「LIFEBOOK LH」シリーズ2製品を、7月26日より発売する。

    国内初の小学生専用PCを謳う製品で、クラムシェルノートの「LH35/C2」とタッチ対応パネル/アクティブペン対応の「LH55/C2」の2モデルが用意され、店頭予想価格はそれぞれ7万円強、9万円強。

    商品コンセプトは「はじめての『じぶん』パソコン」で、子供がPCを利用するさいの親の不安を考慮した「あんしん」、子供の成長や将来のために役立つ「そだてる」、子供自身がほしいと感じる「たのしい」の3要素をカバーする。

    そのほかのおもな仕様は共通で、Celeron 3865U(2コア/1.8GHz)、DDR4-2133メモリ4GB、128GB SATA SSD、OSはWindows 10 Homeを搭載。

    https://pc.watch.impress.co.jp/docs/news/1126875.html
    no title


    ※続きは下にスクロール
    【富士通の小学生向けpc、ボッタクリ価格だと叩かれまくるwww】の続きを読む

    このページのトップヘ