スマホ

    1: ムヒタ ★ 2018/06/17(日) 03:11:30.37 ID:CAP_USER
    Samsungが2018年末から2019年初の間で発表すると考えられている、折りたたみ可能なスマートフォン「Galaxy X」は、200万ウォン(約20万3,500円)もの高額モデルとなる可能性があります。

    20万超えのスマートフォンは歓迎される?
    Samsungが現在、フラッグシップモデルとしてリリースしているモデルは、年前半に登場するGalaxy Sシリーズと、年後半のGalaxy Noteシリーズの2種類です。

    このラインナップへ新たに追加されようとしているのが、折りたたみ可能なスマートフォン「Galaxy X」です。

    ただし、Samsungが開発している次世代AMOLEDをいち早く搭載した次世代スマートフォンとして注目が集まっているものの、投資企業Golden Bridge Investmentのアナリストであるキム・ジャンヨル氏によると、同モデルは価格が200万ウォン(約20万3,500円)ほどになるそうです。

    iPhone Xの256GBが129,800円と判明した時も「高すぎではないか」として大きな話題を呼びましたが、20万超えとあっては、さすがに手を出せない消費者が続出しそうです。

    広げた状態で7.3インチ
    キム・ジャンヨル氏は、Galaxy Xがディスプレイを広げた状態で7.3インチ、折りたたんだ状態で4.5インチほどになると述べており、ディスプレイには「人工筋(artificial muscle)」という独自技術を搭載するとみています。

    また、Shinhan Financialのアナリストであるパーク・ヒョヌ氏も「2枚の内部パネルと1枚の外部パネルからなり、内部パネルは折りたたんでいない状態で7.3インチになる」とし、ジャンヨル氏の見方を裏付けています。

    ヒョヌ氏によると、2018年11月にはサプライヤーが部品の供給をSamsungに対して行い、2019年1月には国際的な家電見本市のCESでプロトタイプの披露が予定されているそうです。

    Appleは今秋に発売を予定している次世代iPhoneのうち、LCDモデルを廉価版と位置づけて攻勢に出ると考えられていますが、Samsungは20万円超えのプレミアムモデルで太刀打ちできるのでしょうか。
    2018年6月16日 19時36分
    https://iphone-mania.jp/news-215855/


    ※続きは下にスクロール
    【サムスンの折りたたみスマホ、20万円超えか】の続きを読む

    1: 名無しさん@涙目です。(北海道) [US] 2018/06/15(金) 07:06:15.07 ID:YqPsSF+P0● BE:299336179-PLT(13500)
    sssp://img.5ch.net/ico/yukidaruma_3.gif
    総務省の「情報通信白書」によると全世帯におけるスマートフォンの普及率は7割を超える。いまや幼児から高齢者まで手に取り、スマホのない生活なんて考えられない人たちも多い。だが、学者らは依存性について警鐘を鳴らす
    川島教授らの調査によると、強い意志でスマホに向き合えるのは高校生でも1割程度。残りはスマホとの“主従関係”が逆転し、食事中でも操作し、睡眠時間も犠牲にしている。

    「一握りの前者がエリートへの道を歩む一方で、後者の子どもらは自身も知らないうちに学力をそぎ取られ、将来への可能性まで奪われてしまう。つまり、スマホ依存が、大人になったときの経済格差を広げる要因になり得るわけです」(川島教授)https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180613-00000013-sasahi-soci&p=3


    ※続きは下にスクロール
    【スマホ、やはり将来の経済格差の要因に 】の続きを読む

    1: ムヒタ ★ 2018/06/14(木) 09:16:15.50 ID:CAP_USER
    二次元バーコード「QRコード」や非接触ICを使ったスマートフォン決済の利用者が、16.9%だったことがMMD研究所のスマートフォン決済の利用動向調査でわかった。スマホ決済の導入を発表する企業が相次ぎ、政府もキャッシュレス決済を後押しする中、現状の国内普及率の低さが改めて浮き彫りになった。

    調査はインターネット上で5月8~12日にかけて実施。1万453人が回答した。そのうちスマホ所有者は7956人で、「スマホ決済を利用している」と回答したのは1348人だった。

    そのうちの444人に利用しているスマホ決済サービスを聞いたところ(複数回答可)、利用者が最多だったのが、おサイフケータイを使った「楽天Edy(エディ)」の129人。モバイルSuica(スイカ)やiDなどのおサイフケータイの決済サービスがエディに続いた。

    一方、NTTドコモなどの携帯大手のほか、ゆうちょ銀などの銀行系も導入を発表しているQR決済については、先行する楽天Pay(ペイ)ですら84人、LINEPayも60人に過ぎなかった。QR決済は、店舗の導入費用が少ないことから普及に期待がかかるが、利用にはアプリを立ち上げる必要があるなど、おサイフケータイに比べて手間がかかることが調査結果に反映されたとみられる。
    2018.6.14 08:14
    https://www.sankeibiz.jp/business/news/180614/bsj1806140814005-n1.htm


    ※続きは下にスクロール
    【IT後進国の日本、スマホ決済利用者わずか17%】の続きを読む

    1: 名無しさん@涙目です。(北海道) [US] 2018/06/14(木) 22:06:21.08 ID:bEUyuNap0● BE:299336179-PLT(13500)
    文部科学省によりますと、去年、視力が1.0未満の小・中学生が過去最多となりました。その原因のひとつとして、スマートフォンやゲーム
    などの利用時間が増えていることがあげられています。最近では、視力の低下だけでなく頭痛や吐き気などの症状を訴える子どももいるといいます。その実態を取材しました。

    大阪市阿倍野区にある大手メガネショップのJINSでは、最近「あるもの」の売り上げが上がってきています。

    「こちらが当店ご用意しているキッズとジュニアのフレームのタイプです」(店員)

    小中学生以下を対象とした「子ども用のメガネ」。昔と比べてサイズやデザインも豊富になり
    、最近ではパソコンなどから発せられる「ブルーライト」をカットする子ども用のメガネも増えてきているといいます。

    「ブルーライトがよく出ているものとしてスマートフォン、パソコン、液晶テレビのほかにゲーム機からも強く出ていると言われていて、
    親御さんがストップをかけるため使われる。最近では海外の方のお土産として、キッズ用のものを買われる」(店員)

    スマートフォンやタブレットなどが身近になり、子どもが映像に接する機会も増えているようです。https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180614-10000001-mbsnews-l27


    ※続きは下にスクロール
    【スマホの影響で子どもに「IT眼症」激増へ 】の続きを読む

    1: 名無しさん@涙目です。(東京都) [US] 2018/06/13(水) 23:46:28.52 ID:+V5VOhvJ0 BE:416336462-PLT(12000)
    sssp://img.5ch.net/premium/6931153.gif
    最近のスマホは大型化の傾向にあるが、そうした流れに逆らうような小型スマホ「Atom」がKickstarterに登場したところ、わずか1日で目標額を大幅に超える約6000万円を集め、注目を浴びている。
    人気の鍵は、防水・防塵でしかも衝撃に強く、指紋認証やNFCなどにも対応する高性能さにあるようだ。

    写真を見てもらえばお分かりの通り、ジーンズのポケットにも余裕で入るサイズで、重さはわずか108グラム。おもちゃのように見えなくもないが、れっきとした4G対応のスマホだ。
    Android 8.1 Oreoで作動し、CPUはオクタコア。RAM 4G、ストレージは64Gだ。カメラはフロントが8MP、リアが16MPと、それなりの撮影もできる。

    最大の売りは防水・防塵規格IP68をクリアしている点で、アウトドアに持って行くにはうってつけのタフさだ。
    それでいて、指紋リーダーやNFC機能といった先端技術も搭載し、端末のセキュリティに指紋を活用したり、NFCで支払いしたりということができる。

    加えて、デュアルナノSIMカードシステムを採用し、どちらのSIMカードでも4Gをサポートするのも強みだ。
    ちなみに、Atomは世界各国への発送に対応し、「全ての4Gネットワークバンドに対応する」としている。ネットワークの一覧にはドコモやソフトバンク、auなども記載されている。
    前述の通り、AtomはKickstarterでいま最も注目を集めているプロジェクトの一つで、お得なパッケージ“売り切れ”が続出している。
    現在は219ドル(約2万4000円)の出資で入手でき、日本への送料は無料。出資は7月10日まで受け付けるが、気になる人は早めにチェックした方が良さそうだ。

    https://techable.jp/archives/78106
    https://www.kickstarter.com/projects/jellyphone/atom-world-s-smallest-4g-rugged-smartphone
    no title

    no title

    no title

    no title


    ※続きは下にスクロール
    【108gの超小型高機能スマホが話題に】の続きを読む

    1: サーバル ★ 2018/06/14(木) 13:48:55.77 ID:CAP_USER9
    カメラ・スピーカーを画面から排除。上位版は画面内指紋認証にも対応

    Vivoブランドから、「MWC 2018」で発表の新コンセプトを早くも製品化させたフラッグシップスマートフォンが発表。ハイスペックで画面内指紋認証に対応する上位版の「NEX Ultimate」と、スタンダードモデル「NEX」をラインナップする。

    最大の特徴は、画面占有率91%を超える全画面ディスプレイ。現行モデルではフロントカメラやスピーカー部分のみを画面上の切り欠き(ノッチ)として残すデザインがトレンドになっているが、「NEX」は潜望鏡のように上部フレームからせり上がるインカメラを搭載。同時に本体がスピーカー代わりになる技術を採用することで、“ノッチなし”を実現した。

    ディスプレイ解像度は2,316×1,080ドットの6.59インチ液晶を搭載。スペックは上位版の「NEX Ultimate」がプロセッサにSnapdragon 845、メモリ8GB、ストレージ最大256GBという構成。「NEX」はSnapdragon 710、メモリ6GB、ストレージ128GBを実装する。搭載OSはAndroid 8.1。

    no title

    no title

    http://www.gdm.or.jp/pressrelease/2018/0614/266304


    ※続きは下にスクロール
    【画面をタッチで指紋認証できるスマホ「NEX Ultimate」発表!】の続きを読む

    1: ノチラ ★ 2018/06/12(火) 20:08:07.00 ID:CAP_USER

    no title

    エイチ・アイ・エス(H.I.S)と日本通信の合弁会社・H.I.S.Mobileは6月12日、手持ちの携帯電話端末に挿入されているSIMカードに貼り付けるだけで、既存の携帯事業者の通信サービスと、H.I.S.Mobileの海外格安データ通信サービスを切り替えながら利用できる「サブSIM」を導入した「変なSIM」を22日に発売すると発表した。7月1日からサービスを始める。

    サブSIMは、薄いシールにICチップを埋め込んだもので、シングルスロットのSIMロックフリー端末で利用が可能。外部からデータを書き換えることができる。

     ユーザーは、普段使っているメインのSIMにサブSIMを貼り付け、SIMロックフリー端末に挿入すると、メインSIMを使うかサブSIMを使うを、アプリ上で切り替えられるという。

     国内キャリアが提供するメインSIMに、「変なSIM」のサブSIMを貼り付けた場合、国内にいる時はメインSIMの回線を利用し、海外旅行中は「変なSIM」の格安海外通信(1日500円/200MBまで)を利用する――といったことが、SIMの抜き差しなしでアプリ上の操作だけで可能になる。

     サブSIMは、金融庁の「FinTech実証実験ハブ」の支援も受けている。
    http://www.itmedia.co.jp/news/articles/1806/12/news100.html



    ※続きは下にスクロール



    【手持ちのSIMカードに貼り付けてサブ通信サービスが使える「変なSIM」発売www】の続きを読む

    1: ガーディス ★ 2018/06/12(火) 18:47:53.41 ID:CAP_USER9
     シャープは、飼い猫の尿の量や体重を計測できるクラウド連携のシステムトイレ「ペットケアモニター HN-PC001」を、7月30日に発売する。価格は24,800円。サービス利用料は月額300円(いずれも税抜)。

     猫の健康管理をサポートするスマートトイレ。本体下部にスケール(計測器)を備えており、尿の量や回数、体重、滞在時間などを自動的に計測する。

     通信機能は無線LAN(2.4GHz)とBluetooth4.0を搭載し、データはクラウド上で記録、スマートフォンで確認可能。AIを用いた独自の「異変検知アルゴリズム」により解析され、「尿量が多い/少ない」「滞在時間が長い」などの異変があった場合は、スマホに通知される。

     異変検知アルゴリズムは、岡山大学 農学部 共同獣医学科・岡本 芳晴教授と共同開発。岡本教授は製品について次のように語った。

     「飼い主が猫を病院に連れていくときは、既に病気に罹っているパターンが多くあります。もう少し早く来てくれればと思うこともあり、猫の変化を捉えるには日常的な観察がとても大事です。尿量や回数は健康のバロメーターでもあるので、きちんと見てもらいたいのですが、日中飼い主が家にいない場合はチェックしにくいのも事実です。スマートトイレを導入することで、飼い猫の変化に早めに気付いてもらえればと思います」

     本体を設置した場所の周辺温度も計測。猫はトイレの場所が寒すぎるとトイレに行くことを我慢することがあるため、温度を計測することで快適なトイレ環境の維持にも役立つという。

     最大3頭の多頭飼いにも対応する。別売りの「個体認識バッジ HN-PM001」(税抜3,980円)を首輪に装着することで、判別可能となる。バッジに搭載される通信機能はBluetooth4.0で、リチウムコイン電池1個で駆動する。

     本体はインテリアになじみやすい、シンプルなデザインを採用。猫の入りやすさはもちろん、チップが飛び散りにくい形状を追求したという。尿量の計測はシートへ染み込んだ分量で行なわれるため、チップは尿を吸い込まない構造となっている。チップは月に1回交換する必要があり、糞が付いた部分はその都度取り除く。交換用のチップとシートも用意しており、価格はチップ(2.5L)が600円、シート(20枚)が800円(いずれも税抜)。

     本体サイズは、筐体部が380×576×188mm(幅×奥行き×高さ)で、スケール部が263×424×50mm(同)。重量は約4kg。電源はAC100V。チップ(2.5L)とシート1枚が付属する。

    no title

    no title

    http://kaden.watch.impress.co.jp/docs/news/1126883.html

    【シャープがスマホ連動のスマートトイレ発売wwww】の続きを読む

    このページのトップヘ