スマホ

    1: 名無しさん@涙目です。(禿) [ニダ] 2018/06/08(金) 10:54:25.68 ID:7VD/LR2i0 BE:932354893-PLT(12931)
    sssp://img.5ch.net/ico/gomi1.gif
    スマホの落下を感知し、ドローンに早変わりするケースがKickstarterに登場

    スマホを地面に落としてしまった、という経験は誰にもあるはずだ。だから我々は、スマホケースや液晶保護フィルムを買い求める。多少の衝撃ではビクともしない製品もたくさん出回るようになった。

    それでも、落下はできるだけ避けたい。
    「The Phone Drone」は、大事なスマホの破損を防ぐケース型ドローンである。

    no title

    http://techable.jp/wp-content/uploads/2018/06/tech180604drone1.jpg
    no title


    マホケース兼用ドローンというものは、すでに存在する。
    だがこのThe Phone Droneは、いざという時に限りドローンに変形するという製品だ。

    スマホの所持者がうっかりしてそれを地面に落としてしまう。
    その際、The Phone Droneの各種センサーがそれを察知。
    瞬時に4枚のプロペラが飛び出し、地面に激突する前に自律飛行を始めるというものだ。

    正直、信じ難い製品ではある。
    しかしもっとすごいのは、そのスマホがちゃんと持ち主の手元に戻ってくるという点だ。
    これは文字通りの意味である。

    もっとも、現在の時点でThe Phone Droneが製品化されているというわけではない。
    一応の予定では、来年3月に最初の出荷が行われるという。

    落下によるスマホの破損を防ぐには、スマホそのものを空中へ飛ばしてしまえばいい。
    極めて斬新な発想のThe Phone Droneは、20ドル(約2200円)からの出資枠をクラウドファンディング「Kickstarter」に設けている。

    もっとも、20ドルを出せば製品が受け取れるというわけではなく、製品化の暁には小売希望価格からディスカウントしてもらえる権利が与えられるというものだ。
    ちなみに、The Phone Droneの価格は95ドル(約1万円)を予定しているという。

    https://techable.jp/archives/77921


    ※続きは下にスクロール
    【スマホ落下時にプロペラで飛行して破損を防ぐスマホケースwww】の続きを読む

    1: 風吹けば名無し 2018/06/07(木) 01:22:08.29 ID:GDBXZ4Tq0
    なんj民1「huawei」
    なんj民2「one plus」
    なんj民3「GALAXY」
    なんj民4「zenfone」
    なんj民5「xiaomi」
    なんj民6「HTC」


    こいつら正気なんか?


    ※続きは下にスクロール
    【なんj民「iPhoneは糞!」ワイ「ほーんそうなんや?じゃあ何がええんや?」 】の続きを読む

    1: 名無しさん@涙目です。(東京都) [GB] 2018/06/05(火) 19:58:29.59 ID:gsB5kjos0 BE:416336462-PLT(12000)
    sssp://img.5ch.net/premium/6931153.gif
    中国のスマホメーカーVivoが、今年2月にスペインで開かれたモバイル・ワールド・コングレスでノッチなしのコンセプトスマホ「Apex」を発表したのを覚えている読者もいるだろう。
    全面スクリーンもさることながら、カメラがポップアップ式というデザインでも話題になった。そのApex、どうやら実際に発売されるようだ。
    VivoがスポンサーをつとめるW杯の広告ビデオにApexがしっかりと映っている。
    海外メディアによると、Apexは6月12日に公開される見込みという。

    広告ビデオはYouTubeでも閲覧でき、映像をみると確かにそこにはスクリーンが目一杯広がるノッチなしのApexが映っている。
    2月に発表したプレスリリースでVivoが「フルビュー」と表現していた通りのデザインだ。
    スクリーンにはまた、指紋センサーが内蔵されているようだが、この指紋センサー埋め込みはX20 Plus UDで採用済みなので、さほど驚くことではないだろう。

    一方で目を引くのが、カメラがニョキっと飛び出すデザイン。通常カメラがあるはずのあたりに、カメラは普段引っ込んでいて、必要な時だけ出てくる。
    カメラを出したり引っ込めたりは面倒なのではと思う人もいるかもしれないが、コンセプトのプレスリリースでは、カメラが出てくるのにかかる時間はわずか0.8秒とある。
    そのままであれば、多くの人にとって許容範囲といえそうだ。
    ノッチなし、そしてポップアップ式カメラ。発表されれば大きな話題となること間違いなしで、その斬新さを市場がどう受け止めるかも見ものだ。

    https://techable.jp/archives/77417
    no title

    no title

    no title


    ※続きは下にスクロール
    【ついに完全なベゼルレススマホが誕生! M字ハゲよさらば】の続きを読む

    1: 名無しさん必死だな 2018/06/04(月) 23:17:22.71 ID:oAq0Y8jB0
    [COMPUTEX]ASUSがゲーマー向けスマートフォン「ROG Phone」を発表。高クロック駆動のSnapdragon 845を冷やす外付けクーラー付き
    http://www.4gamer.net/games/047/G004755/20180604008/

    まずは注目のスペックであるが,SoC(System-on-a-Chip)にはQualcomm製「Snapdragon 845 Mobile Platform」(以下,Snapdragon 845)の特別版を採用しているという。
    何が特別かと言うと,CPU動作クロックだ。QualcommとASUSとの共同開発により,競合他社のSnapdragon 845採用機よりも高クロックな,2.96GHzという動作クロックを達成しているという。
    なお,メインメモリ容量は8GBで,内蔵ストレージ容量は最大512GB。ストレージ容量の大小で,いくつかのバリエーション展開が行われるようだ。
    no title

    no title


    ただし,これだけでは高クロック駆動のSoCからの熱を逃がしきれない。そこでROG Phoneには,本体に取り付けて使う専用の外付けクーリングユニット「Aeroactive Cooler」が付属するのだ。
    Aeroactive Coolerは小型の冷却ファンを内蔵しており,専用アプリでその回転数を制御できるという。
    no title

    no title


    最も来場者の注目を集めていたのは,ROG Phoneをドッキングさせて,ニンテンドー3DSのような2画面ゲーム機にしてしまうコントローラ型の周辺機器「Twinview Box」だ
    no title

    no title


    ※続きは下にスクロール
    【冷却ファン搭載のゲーミングスマホ爆誕wwww】の続きを読む

    1: どどん ★ 2018/06/02(土) 18:32:03.66 ID:CAP_USER9
    「紀州のドン・ファン」と呼ばれた富豪の艶福家が急逝、その死は多くの謎を残し、警察が捜査に乗り出す事態となっている。

     5月26日午後3時過ぎ、本誌記者が和歌山県田辺市で酒類販売業や不動産業を営む野崎幸助氏(享年77)の自宅近くに到着すると、和歌山県警の捜査員ら約10人が、自宅から歩いて数分のところにある
    野崎氏の会社を捜索していた。道路には規制線が張られ、閑静な住宅街は物々しい雰囲気に包まれていた。

     午後5時、捜査員5人ほどが野崎氏の自宅に入り、30分後、2018年2月に野口氏と結婚した55歳年下の自称モデル・Sさん(22)が捜査員とともに外に出てきた。大きなサングラスをかけていたため
    表情は窺い知れないが、口元は硬まっていた。

     警察車両に乗せられて再び会社に移動し、事情を聞かれていたようだ。

     約1時間後、Sさんは捜査員2人に挟まれて自宅に戻ってきた。記者が声をかけたが、こちらに目を向けることもなくうつむき加減で警察官とともに家に入り、バシャンと大きな音を立ててドアを閉めた。

     ようやく通夜が営まれることになった29日にも、自宅には朝から捜索が入っていた。この頃には本誌だけでなく、全国紙やテレビ局の記者も現地に大挙していた。

    「この日から県警捜査一課が動くことになったからです。野崎さんの遺体を司法解剖したところ、致死量を超える覚醒剤成分が体内から見つかったそうです。血中濃度を測ると通常1回で使う量よりはるかに多く、
    自分で使ったとは考えにくいため、事件の可能性が浮上したのです。容疑者逮捕を想定して取材に動いた」(全国紙社会部記者)

     通夜会場に供えられた弔い花は2つだけ。訃報は地元紙にも載ったが、参列者は40人ほどしかいなかった。田辺市で高額納税者1位になったこともある野崎氏の最後としては、なんとも寂しい印象である。

     遺族から激しい声が飛んだのもこの場だった。通夜を終えて出てきた親族が明かす。

    「(55歳年下妻の)Sさんが通夜の最中なのにスマホとタブレットをずっといじっていて、喪主の席にほとんどいないし、誰にも挨拶しない。さらにスマホを見ながらヘラヘラ笑っていたんです。

     この態度に一番年長の親戚が怒り、『笑顔っちゅうのはおかしいで!そんなに死んでほしかったんか!』と大声で怒鳴ったのです」

    ※週刊ポスト2018年6月15日号

    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180602-00000016-pseven-soci
    https://amd.c.yimg.jp/amd/20180602-00000016-pseven-000-1-view.jpg


    ※続きは下にスクロール
    【怪死した富豪の妻、通夜の最中もヘラヘラ笑いながらスマホいじり】の続きを読む

    1: ムヒタ ★ 2018/06/02(土) 07:17:02.26 ID:CAP_USER
    米IT大手、アップルが社会問題になりつつあるスマートフォン依存の対策に乗り出すことが、1日までに分かった。4日に開幕する同社のイベント「年次開発者会議(WWDC)」で、スマホ「iPhone(アイフォーン)」依存を防ぐ効果があるソフトウエアを発表する。大株主からスマホの過度な使用が心身に悪影響を及ぼすと指摘されており、アップルはこうした批判に対応した。

    従来方針から転換

    WWDCでは来年のソフトウエア戦略を説明するほか、将来のハードウエア計画の一部を明らかにする予定だ。同社はこれまでアイフォーンやタブレット端末「iPad(アイパッド)」、パソコン(PC)「Mac(マック)」、「アップルウオッチ」、「アップルTV」に搭載される基本ソフト(OS)を更新する際、ユーザーと端末の関係をより緊密にさせ、最新のアプリやゲームに没頭させるような機能向上をアピールすることに努めていた。

    しかし、今年は端末の利用を減らすための機能をウリにする方針にシフトする。アップルの技術者は、ユーザーが端末や特定のアプリの利用時間を把握できる一連のツール「デジタル・ヘルス」計画に取り組んでいる。

    関係者によると、こうした機能はアップルの次期モバイルOSになるとみられる「iOS12」に搭載し、「設定」内のメニューに追加されるという。

    アイフォーンなどの開発に関わった同社の元幹部、トニー・ファデル氏は「ユーザーがどれだけデジタル活動に時間を費やしているのかを知るツールやデータが必要だ」と提言していた。ただ、同氏はアイフォーンについて「食べ物を保管する冷蔵庫のようなもので、それ自体に依存性があるわけではないということを理解する必要がある」と指摘している。

    追い風の可能性も

    アップルの大株主であるジャナ・パートナーズやカリフォルニア州教職員退職年金基金(カルスターズ)は今年1月、同社の端末の依存性について批判、アップルに対策を講じるよう求めていた。

    こうした要望を受け、アップルは製品の利用管理対策の一環として、親がアクセスを制限できる機能「ペアレンタル・コントロール」を強化すると表明していた。

    もっとも、スマホ依存への懸念の高まりはアップルにとって追い風となる可能性もある。アップルはハードウエアの販売で利益の大半を稼いでおり、「デジタル・ヘルス」のソフト更新は、ユーザーが同社の新製品を買い続ける新たな理由になる公算が大きいためだ。

    同業のグーグルも5月の開発者会議で、アンドロイド端末向けに依存を防ぐためのツールを発表していた。同社はユーザーにアプリを使用した時間を知らせ、休憩を促す「ダッシュボード」と呼ばれる新機能を紹介した。(ブルームバーグ Mark Gurman)
    2018.6.2 06:13
    https://www.sankeibiz.jp/macro/news/180602/mcb1806020500002-n1.htm


    ※続きは下にスクロール
    【【スマホ】アップル、スマホ依存対策に本腰 利用を減らす機能“ウリ”に 】の続きを読む

    1: 風吹けば名無し 2018/06/02(土) 04:11:12.11 ID:ga4DiKwE0
    LG V30+に完敗の模様


    ※続きは下にスクロール
    【Xperia XZ2、ショボすぎwwww】の続きを読む

    1: ニライカナイφ ★ 2018/06/01(金) 09:40:59.81 ID:CAP_USER9
    ◆落としても割れない 強度ナンバー1のスマホが発表

    モトローラ社
    のスマートフォン「Moto Z2 Force」のボディーは強度で群を抜くことがテスト結果で明らかにされた。
    ポータル「トムズ・ガイド」が報じている。
    強度テストでは電話機を2メートルほどの高さから木製、セメントの床に落下させたり、水に沈めて、ボディの耐久度が調べられた。

    その結果、「Moto Z2 Force」は10点中8.5点をクリア。
    これだけ手荒い扱いを受けても画面にはヒビ一つ入らなかった。

    強度テストで続いて2位に入ったのはLG X Venture 、3位は Apple iPhone X でそれぞれ6.6点、6.2点だった。
    6点以上を獲得したベスト5には他に LG V30 とサムスンの Galaxy S9が入った。

    写真:no title


    スプートニク日本 2018年05月31日 11:51
    https://jp.sputniknews.com/science/201805314937920/


    ※続きは下にスクロール
    【2メートルの高さから落ちても水に沈めても壊れないスマホ! モトローラが発表、強度テストトップ!】の続きを読む

    このページのトップヘ