1: 名無しさん@涙目です。(禿) [JP] 2018/06/11(月) 13:17:37.86 ID:JvvM2UVK0 BE:932354893-PLT(12931)
sssp://img.5ch.net/ico/gomi1.gif
誕生後すぐに生き埋めにされた赤ちゃん、8時間後に救出(ブラジル)

掘り出された赤ちゃん
no title

掘り出し中
no title

no title


6月5日の午後、ブラジル中西部にあるマットグロッソ州カナラナでブラジル先住民の少女(15歳)が自宅浴室で女児を出産した。
陣痛が始まった時に少女はひとりだったようで、あっという間に産まれた女児は浴室の床に落ち頭を打ちつけてしまったという。
誕生後すぐに泣き声をあげなかったことからも、曾祖母(57歳)は赤ちゃんが死んだと思い裏庭の土の中に埋めた。

しかしこの一家が赤ちゃんの死亡届を出さなかったことから近隣住民が警察に通報、同日午後10時頃に警察官が少女の自宅を訪れた。
女児が誕生してから8時間も経っており、警察官は埋められた女児がすでに亡くなっていると疑わなかった。
2人の警察官が暗闇の中、懐中電灯の明かりだけを頼りに女児が埋められたとされる場所を素手で掘り起こしていくと、深さ50cmに達したところで女児の頭部が見えた。
慎重に女児を引き上げようとした時、かすかな泣き声をあげた女児に驚いた警察官は「生きているぞ! 救急車を呼んでくれ!」と叫んだという。

救急隊員は土にまみれた姿で救出された女児の気道を確保した後に酸素吸入し、アクア・ボア地域病院へと搬送した。
医師らはすぐに女児を緊急治療室へと運び、検査や治療を行った。
誕生時に頭を打ったことで、女児は頭蓋骨を2か所骨折していたが、現在は徐々に回復の兆しを見せているという。

女児を生き埋めにした曾祖母はその後、警察の調べに対し「産まれてすぐに泣き声をあげず、死んだと思った。先住民の風習に従って女児を布で包み裏庭に埋めた。埋める前も生きていた兆候は全く見られなかった」と供述している。

http://jp.news.gree.net/news/entry/2888535
動画
http://www.afpbb.com/articles/-/3177708


※続きは下にスクロール
【死んだと思われ8時間地中に埋められていた赤ちゃん生還する】の続きを読む