1: 名無しさん@涙目です。(空) [CN] 2018/07/04(水) 16:18:29.68 ID:1iCsF/0o0● BE:842343564-2BP(2000)
sssp://img.5ch.net/ico/nida.gif
『ベルサイユのばら』風のキャラ、広報に掲載した札幌市が謝罪。「モチーフにしてないが結果的に…」
https://m.huffingtonpost.jp/2018/07/03/kouhou-sapporo_a_23474202/?utm_hp_ref=jp-homepage


no title


札幌市の広報誌に登場したキャラクターが、人気漫画「ベルサイユのばら(ベルばら)」そっくりとして作者から抗議を受けた。札幌市は「誤解を招く表現となりました」と謝罪した。

問題となったのは市内の95万世帯に配布された「広報さっぽろ」6月号。「公共マナーって何かしら?」という7ページを使った巻頭特集で、「ベルばら」のマリー・アントワネットに似た「マナー・シラントワネット」という女性が登場した。

公共マナーを無視した行動を繰り返す彼女に、指導役の「オシカル」という「ベルばら」の主人公「オスカル」によく似たキャラクターが自転車の正しい乗り方や、ごみ捨てのルールについて注意するという内容だった。特集ページ内にはバラの模様が散りばめられている。
「著作権侵害」と抗議を受ける
これに対して、「ベルばら」作者の事務所「池田理代子プロダクション」が「キャラクターが酷似していて著作権侵害だ」と札幌市に抗議した。

札幌市広報部によると、市内在住のファンからの指摘を受けた池田プロが「著作権違反だ」と市役所に抗議。札幌市は広報部長ら2人が直接事務所を訪れて謝罪。配布中の7月号の広報誌などで市民に向けて、以下のような謝罪文を掲載した。

<広報さっぽろ6月号「公共マナーって何かしら?」の特集記事が漫画「ベルサイユのばら」を想起させるというご指摘をいただきました。このご指摘を真摯に受け止め、誤解を招く表現となりましたことについて、深くおわび申し上げます。>

札幌市広報部の担当者は、ハフポスト日本版の取材に対して以下のようにコメントした。

「市民の方に公共マナーについて親しんでもらうために、世間知らずなお姫様のキャラクターを出すことをデザイン会社の方と考えました。
『ベルサイユのばら』をモチーフにしたわけではなかったのですが、キャラクターの名前であったり、バラの模様であったり、結果的に『ベルサイユのばら』をイメージさせる表現になったことを深く受け止めています。
営利目的ではないことなどを説明し、池田プロからは事後承諾という形で認めていただきました」

13: 名無しさん@涙目です。(東京都) [JP] 2018/07/04(水) 16:39:13.33 ID:RcULS6Rh0
無断でやるのはまずいだろ

22: 名無しさん@涙目です。(やわらか銀行) [US] 2018/07/04(水) 17:00:05.57 ID:xz78F+af0
>>15
お上がやったから問題になってるんじゃね


※続きは下にスクロール
【公共マナーを説いた札幌の広報誌が著作権マナー違反だと話題にwwwww】の続きを読む