北海道

    1: アルカリ性寝屋川市民 ★ 2018/07/29(日) 15:16:56.28 ID:CAP_USER9
     道の駅「ぐるっとパノラマ美幌峠」(北海道美幌町古梅)内の美幌峠レストハウス2階展望休憩室で、VR(仮想現実)体験コーナーのVRゴーグルが繰り返し壊される被害に遭い、美幌町は撤去に追い込まれた。

     VRコーナーは、峠を上空からドローンで撮影した映像などをゴーグルを使って鳥の視点で体験できる新設備。約4万円のゴーグルを2個設置して今年4月からサービスを始めた。

     ところが、7月までに4回、コードが引きちぎられるなどの被害が発生。そのたびに町職員が応急修理をしていたが、ついに利用できない状態となった。無理やりに引っ張るなど意図的に壊した形跡がみられたという。

     町によると、ゴーグルは盗難防止用のケーブルでつなぎ、防犯カメラで監視もしていた。監視員を常駐させる余裕はなかったという。代わりに、スマホの画面に映像を映す安価な簡易ゴーグルを27日に設置した。担当者は「せっかくの施設なのに残念」と話している。




    YOMIURIONLINE 2018年07月29日 11時56分
    https://www.yomiuri.co.jp/national/20180729-OYT1T50036.html

    287: 名無しさん@1周年 2018/07/29(日) 17:17:30.93 ID:2yBivno+0
    >>1
    今の日本人にはこういうサービスを共有の物として扱う事は不可能
    VRについても知能的に扱い不可能

    7: 名無しさん@1周年 2018/07/29(日) 15:19:39.47 ID:FDeFUYtD0
    監視カメラ公開せいや


    ※続きは下にスクロール
    【北海道の駅に設置されたVRゴーグル、破壊続きやむなく撤去 】の続きを読む

    1: nita ★ 2018/05/28(月) 06:16:29.81 ID:CAP_USER9
    5/28(月) 6:10配信
    北海道新聞

     札幌市内で昨冬に転倒で救急搬送された人のうち、20、30代の転倒者数が過去10年間の平均と比べ3割も増えていることが、寒冷地の地域計画などに取り組む一般社団法人「北海道開発技術センター」(札幌)の永田泰浩主席研究員(45)の研究で分かった。スマートフォンを操作しながら歩く「歩きスマホ」が原因の可能性があるという。

     永田さんによると、市消防局の集計で2017年12月~18年3月に自己転倒で救急搬送された人は、1172人。うち20、30代は115人で、同年代の人口10万人当たりで約25・5人が救急搬送された計算になる。過去10年間の20、30代の10万人当たりの平均は約19・5人で、17年度は30%増えた。40、50代は14%増、60、70代は9%増などだった。

     20、30代が増えた要因について永田さんは「歩きスマホ」の影響を指摘する。転倒の際にスマホをかばおうとしたり、地面を見ていなかったりするため激しく転倒することが考えられ「昔なら救急搬送されるほどではなかった転倒が、ひどいけがになった可能性がある」と話す。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180528-00010000-doshin-hok

    【転倒時に自分の身を犠牲にしてスマホをかばうバカが激増www 北海道】の続きを読む

    このページのトップヘ