天皇

    1: しじみ ★ 2018/06/24(日) 08:23:26.70 ID:CAP_USER9
    来年の皇太子さまの即位に伴って行われる「大嘗祭」(だいじょうさい)の関連儀式で、宮内庁は、
    宮中に伝わるアオウミガメの甲羅を使った占いを行うことになり、
    特別に捕獲が認められている小笠原諸島から甲羅を調達する方針を固めました。

    来年5月に皇太子さまが新しい天皇として即位されると、秋には、一世に一度の伝統儀式「大嘗祭」が行われます。
    この「大嘗祭」で使う米を収穫する地方を選ぶ「斎田点定の儀」で、宮内庁は、
    「亀卜」(きぼく)と呼ばれる占いを行うことになりました。

    「亀卜」は、カメの甲羅を焼いてひびの入り具合で物事を決めるもので、
    宮中では、伝統的にアオウミガメの甲羅が使われています。

    しかし、このカメは、絶滅のおそれがあり、捕獲や国際的な取り引きが禁止されていて、
    どのように調達するのかが課題になっていましたが、関係者によりますと、
    宮内庁は、東京の小笠原諸島から調達する方針を固めたということです。

    小笠原諸島では、古くから食用としてアオウミガメの漁が行われていて、
    今でも特別に数を限定しての捕獲が認められています。

    宮内庁は、ことしの春に捕獲されたカメの甲羅を、今後、東京に運んで、
    来年の儀式に向けた準備を進めることにしています。

    ■「亀卜」とは
    「亀卜」は、中国や朝鮮半島から日本に伝わり、6世紀ごろから、
    宮中をはじめ各地の神社などでも行われるようになりました。

    宮中では、天皇の体調や天変地異の原因などを占うために行われましたが、
    その後、「大嘗祭」で使われる米を収穫する地域を選ぶ際にも行われるようになりました。

    しかし、科学の発展につれて次第に衰退していき、明治以降になると、
    宮中以外で行われることはほとんどなくなります。

    ■1990年(平成2年)、今上天皇の大嘗祭(Wikipediaより)
    no title

    no title


    NHKニュース
    https://www3.nhk.or.jp/news/html/20180624/k10011493151000.html

    37: 名無しさん@1周年 2018/06/24(日) 08:32:45.61 ID:H5mJK0560
    >>1
    ワシントン条約さんここです。

    84: 名無しさん@1周年 2018/06/24(日) 08:41:08.71 ID:MQd4DiZp0
    >>1

    この行事に右翼はだんまりなんだろうな


    ※続きは下にスクロール
    【新天皇即位の関連儀式で絶滅危惧種の亀を使うことに批判の声が上がる】の続きを読む

    1: 名無しさん@涙目です。(宮城県) [US] 2018/06/17(日) 19:40:15.47 ID:1l553ZnK0● BE:601381941-PLT(13121)
    sssp://img.5ch.net/ico/anime_kuma01.gif
    悠仁さま 「新制度」設置も名門校進学に暗雲か

    帰宅ラッシュの時間が迫る5月25日の夕方、東京駅の新幹線のホームに、帽子を目深に被った秋篠宮妃紀子さまの
    姿があった。その後ろに、紺のキャップにグレーのポロシャツ、黒いリュックを背負った悠仁さまが続かれていた。

    「週末を利用して長野に遊びに行かれたそうです。紀子さまは、悠仁さまにできるだけさまざまな経験を積ませたいとお考え。
    都心だとどうしても一般の目があり、警備などを含めて制限が多いので、関東近県に足を運ばれることが多いそうです。
    今年2月にも、紀子さまと悠仁さまは長野までスキー旅行に出かけられました」(宮内庁関係者)

    折しもその日、宮内庁は《眞子内親王殿下に関する最近の週刊誌報道について》という異例の声明を発表した。

    (中略)

    眞子さまの将来に結論が出るまでには、しばらく時間がかかりそうな中、紀子さまはまた別の不安の種を抱えられているという。
    それは悠仁さまの進学問題だ。

    現在、悠仁さまはお茶の水女子大学附属小の6年生。附属高校は女子校のため、男子がエスカレーター式に内部進学
    できるのは中学までだ。半数は中学進学時に別の学校を選ぶという。当然、悠仁さまもお茶の水を出られる日がくることになるわけだ。

    そんな状況にあって、昨年4月、お茶の水女子大学附属小と、筑波大学附属小の間で、『提携校進学制度』が設けられることが
    発表された。これは、中学進学のタイミングで両校の生徒を“交換”するというものだ。

    20年以上の歴史を誇る筑波中は「偏差値75」。約8割の生徒が附属高校に進学し、毎年、東大・京大の合格者を多数輩出している。

    「悠仁さまのために作られた制度だともっぱらの噂です。学力テストはなくて書類審査だけ。悠仁さまの1つ上の学年から試験的に導入して、
    数年後には廃止されるとも聞いています」(お茶の水小関係者)

    紀子さまにとって、悠仁さまの東大進学は悲願だといわれてきた。しかし、無試験での名門校進学に暗雲が垂れ込めているという。

    「実は、この4月に中学校にあがった学年では、提携校進学制度を使って、筑波小からお茶の水中に進学した生徒が1人も
    いなかったそうなんです」(前出・お茶の水小関係者)

    別のお茶の水小関係者が続ける。

    「双方から希望者を募って交換するわけですが、お茶の水の生徒にとってはメリットが大きいですが、その逆となると…。
    今年はお茶の水小の希望者が筑波中に進学したケースがあったようですが、もし来年も、筑波小に応募者がいないとなれば、
    そもそも双方の交流目的の“生徒の交換”が成立しない。そんないびつな制度が必要なのかという疑問の声が上がれば、
    悠仁さまの進学にも影響は必至です」

    そうなれば、悠仁さまはそのまま進学するか、他の学校を受験されることになる。

    (略)

    最近、お茶の水小、筑波小の6年生には「提携校進学」の希望者に資料が配付されたという。
    その中に、悠仁さまは含まれているのだろうか。

    ※女性セブン2018年6月14日号
    https://www.news-postseven.com/archives/20180601_687733.html


    ※続きは下にスクロール
    【悠仁さま、学力テスト無しの新制度で偏差値75の筑波中に進学か】の続きを読む

    1: 名無しさん@おーぷん 2018/06/03(日)02:46:27 ID:nRP


    ※続きは下にスクロール
    【昭和天皇「原爆投下はやむをえないこと」ソース有り】の続きを読む

    このページのトップヘ