手越祐也

    1: ばーど ★ 2018/06/15(金) 19:19:47.29 ID:CAP_USER9
    no title


    メンバーが次々と、深夜の酒の場に未成年者を同席させたと報じられているアイドルグループNEWS。先日は、小山慶一郎さん(34)が一定期間の活動自粛を発表したことで、放送予定だった番組が休止になるなど各方面に影響が出ている。

    こうした事態を受けネットでは、NEWSファンらから「番組を再開してほしい」「出演を継続してほしい」といった声が相次いでいる。6月7日頃にはツイッターで「NEWSハガキ部」というハッシュタグ誕生。番組出演や冠番組の継続要請のハガキを放送局に送るよう呼びかけるツイートが現在まで後を絶たない。

    ■文化放送「続投希望のハガキは大量に届いている」

    ハッシュタグで検索すると、自身が作成したハガキの画像と共に

    「水曜日、1枚も書けなかったから、さっきなんとか2枚書いた。明日の朝出す」
    「ハガキがあと2枚しかねえ。たくさん書いたな」

    などと呟いている人が多数見つかる。ハガキは、色ペンやマスキングテープで装飾してあったり、各放送局のマスコットキャラクターのイラストが描かれていたり、カラフルで手の込んだ物が多い。

    「母と2人で合わせて10通!どうか少しでも力になれますよーに!!」と、1人が複数のハガキを作って送っている例もある。レイアウトや装飾を変え、1つの番組に複数のハガキを出していると思しき投稿も少なくない。

    小山さんがMCを務めるラジオ番組「Kちゃんニュース」を放送する文化放送はキャリコネニュースの取材に「続投を希望するハガキが大量に届いているのは事実」と明かした。通常の放送時には、ハガキは滅多に届かないという。

    ■「これが正しいのか?って思っちゃう」疑問呈するパーナさんも

    一方、こうした動きを諌める呟きもある。


    「ファンが助けちゃうから毎回『俺らは最強のファン持ってる』ってなって反省しないんだろ!」
    「いろんなとこにハガキとかメール送ってるの見てこれが正しいのか?って思っちゃう」

    小山さんと加藤さんはそれぞれ、自身の出演する番組で騒動について謝罪しているが、13日に疑惑が報じられた手越祐也さん(30)は、今の所、騒動に関する言及はない。手越さんに謝罪を求める声はあるが、大きくならないのが現状だ。一連の騒動を受け、ファンの中でも温度差が拡大しているようだ。

    2018.6.15
    キャリコネニュース
    https://news.careerconnection.jp/?p=55358


    ※続きは下にスクロール
    【「NEWSハガキ部」誕生www 出演継続を求め放送局にハガキを大量送付】の続きを読む

    1: 風吹けば名無し 2018/06/14(木) 01:15:17.53 ID:zJnco35D0
    これは聖人手越
    no title

    【NEWS手越、嵐を馬鹿にしていたことがバレるwwww】の続きを読む

    1: 風吹けば名無し 2018/06/13(水) 16:00:41.61 ID:V97pRlPq0

    4: 風吹けば名無し 2018/06/13(水) 16:01:18.94 ID:V97pRlPq0
    NEWS手越と未成年女性の「飲酒パーティー」動画

    ジャニーズ事務所所属のアイドルグループNEWSの小山慶一郎(34)が、同僚の加藤シゲアキ(30)
    も同席する飲み会で19歳の未成年女性にアルコールの一気飲みを煽っていたことを週刊文春6月14日号
    が報じた。記事を受け、2人はそれぞれ出演する番組で謝罪。ジャニーズ事務所は小山を一定期間の活
    動自粛、加藤を厳重注意の処分に付すことを発表した。

    5: 風吹けば名無し 2018/06/13(水) 16:01:41.36 ID:V97pRlPq0
    しかし、問題は小山、加藤にとどまらなかった。週刊文春は同じくNEWSの手越祐也(30)が参加するパーティーの動画を入手。
    そこには昨年12月、手越と複数の若い男女がカラオケに興じる姿が記録されていた。CHEMISTRYの「Wings of Words」の替え
    歌を高らかに歌い上げる手越。動画には、テーブルに並んだクリスタルなどの高級シャンパンが映っている。本誌の取材により、
    パーティーに同席していた女性のうち2人はタレントで、当時19歳と17歳の未成年者だったことがわかった。


    ※続きは下にスクロール
    【NEWS手越、文春砲をくらう。未成年女性と飲酒パーティーwwww】の続きを読む

    このページのトップヘ