1: 名無しさん@涙目です。(宮城県) [US] 2018/06/17(日) 19:40:15.47 ID:1l553ZnK0● BE:601381941-PLT(13121)
sssp://img.5ch.net/ico/anime_kuma01.gif
悠仁さま 「新制度」設置も名門校進学に暗雲か

帰宅ラッシュの時間が迫る5月25日の夕方、東京駅の新幹線のホームに、帽子を目深に被った秋篠宮妃紀子さまの
姿があった。その後ろに、紺のキャップにグレーのポロシャツ、黒いリュックを背負った悠仁さまが続かれていた。

「週末を利用して長野に遊びに行かれたそうです。紀子さまは、悠仁さまにできるだけさまざまな経験を積ませたいとお考え。
都心だとどうしても一般の目があり、警備などを含めて制限が多いので、関東近県に足を運ばれることが多いそうです。
今年2月にも、紀子さまと悠仁さまは長野までスキー旅行に出かけられました」(宮内庁関係者)

折しもその日、宮内庁は《眞子内親王殿下に関する最近の週刊誌報道について》という異例の声明を発表した。

(中略)

眞子さまの将来に結論が出るまでには、しばらく時間がかかりそうな中、紀子さまはまた別の不安の種を抱えられているという。
それは悠仁さまの進学問題だ。

現在、悠仁さまはお茶の水女子大学附属小の6年生。附属高校は女子校のため、男子がエスカレーター式に内部進学
できるのは中学までだ。半数は中学進学時に別の学校を選ぶという。当然、悠仁さまもお茶の水を出られる日がくることになるわけだ。

そんな状況にあって、昨年4月、お茶の水女子大学附属小と、筑波大学附属小の間で、『提携校進学制度』が設けられることが
発表された。これは、中学進学のタイミングで両校の生徒を“交換”するというものだ。

20年以上の歴史を誇る筑波中は「偏差値75」。約8割の生徒が附属高校に進学し、毎年、東大・京大の合格者を多数輩出している。

「悠仁さまのために作られた制度だともっぱらの噂です。学力テストはなくて書類審査だけ。悠仁さまの1つ上の学年から試験的に導入して、
数年後には廃止されるとも聞いています」(お茶の水小関係者)

紀子さまにとって、悠仁さまの東大進学は悲願だといわれてきた。しかし、無試験での名門校進学に暗雲が垂れ込めているという。

「実は、この4月に中学校にあがった学年では、提携校進学制度を使って、筑波小からお茶の水中に進学した生徒が1人も
いなかったそうなんです」(前出・お茶の水小関係者)

別のお茶の水小関係者が続ける。

「双方から希望者を募って交換するわけですが、お茶の水の生徒にとってはメリットが大きいですが、その逆となると…。
今年はお茶の水小の希望者が筑波中に進学したケースがあったようですが、もし来年も、筑波小に応募者がいないとなれば、
そもそも双方の交流目的の“生徒の交換”が成立しない。そんないびつな制度が必要なのかという疑問の声が上がれば、
悠仁さまの進学にも影響は必至です」

そうなれば、悠仁さまはそのまま進学するか、他の学校を受験されることになる。

(略)

最近、お茶の水小、筑波小の6年生には「提携校進学」の希望者に資料が配付されたという。
その中に、悠仁さまは含まれているのだろうか。

※女性セブン2018年6月14日号
https://www.news-postseven.com/archives/20180601_687733.html


※続きは下にスクロール
【悠仁さま、学力テスト無しの新制度で偏差値75の筑波中に進学か】の続きを読む