警察

    1: ティータイム ★ 2018/07/12(木) 18:15:29.02 ID:CAP_USER9
    テレビ朝日 7/12(木) 14:56配信

    持ち運びが可能で、狭い道路でも運用できる新型の速度違反取り締まり装置が東京都内で12日から導入されました。

    警視庁によりますと、12日から導入された「可搬式オービス」は小型で1人でも持ち運ぶことができ、狭い生活道路などにも設置できるということです。
    内蔵されたカメラとレーザーで車の速度と運転手の顔などを確認します。

    亀有警察署・木下薫交通課長:「住民要望の高い生活道路や通学路での取り締まりができるようになります」

    警視庁は今後、台数を増やして小学校の通学路や高齢者が多く利用する道路などでの取り締まりを強化したいとしています。

    ※映像あり
    https://www.youtube.com/watch?v=mY6yFBGHQG8


    https://headlines.yahoo.co.jp/videonews/ann?a=20180712-00000027-ann-soci

    95: 名無しさん@1周年 2018/07/12(木) 18:59:46.01 ID:YJbD7Kxv0
    >>1
    どこでもオービスってドラえもんのひみつ道具かよと思ったらソーステレ朝かw
    納得w

    7: 名無しさん@1周年 2018/07/12(木) 18:18:31.93 ID:6A4Sw8hf0
    俺らもそれ使って警察監視しようか


    ※続きは下にスクロール
    【警視庁、持ち運びが出来る“どこでもオービス”導入・・・生活道路や通学路など、狭い道路でも速度違反の取り締まりが可能に 】の続きを読む

    1: 風吹けば名無し 2018/05/25(金) 07:50:15.34 ID:w+7AzhLQM
    元巡査を逆送 大津家裁「動機は両親侮辱」
    2018年5月24日 20時45分

    滋賀県彦根市の交番で4月、井本光(あきら)警部(41)=巡査部長から2階級特進=が射殺された事件で、大津家裁(加藤靖之裁判官)は24日、
    殺人と銃刀法違反の非行内容で送致された部下で元巡査の男(19)=懲戒免職=を検察官送致(逆送)とする決定を出した。
    加藤裁判官は動機について「両親を侮辱されたと感じ、射殺した」と指摘した。

    決定によると、元巡査は4月11日午後7時45分ごろ、同市の彦根署河瀬駅前交番で、井本警部の後頭部と背中を拳銃で1発ずつ撃ち殺害。
    逃亡する際、拳銃と実弾3発を所持していたとされる。

    決定理由は、元巡査が井本警部の指導などに不満を募らせていた面にも触れる一方、「結果の重大性や動機の身勝手さからすれば非常に悪質」とし、
    16歳以上が故意に被害者を死亡させた場合は逆送する原則通りに判断した。大津地検は10日以内に起訴するかどうか判断する。【小西雄介】

    https://mainichi.jp/articles/20180525/k00/00m/040/099000c

    【上司を射殺した警官「両親をバカにされたから射殺した」同情の声が上がる】の続きを読む

    このページのトップヘ