1: 風吹けば名無し 2018/06/02(土) 03:01:20.95 ID:KxjeWDDMa
先月の5月25日、タイにて大量の金塊が地中から発見、
旧日本軍が埋めたものではないかとして話題になっている。

発見された場所はミャンマーとの国境付近にあたるタク省メーソート地区。
政府によるゴム園の開墾中に作業員たちが洞窟を発見。
その土中から大量の金塊が出てきたという。

金塊は数トン規模のもので刻印はない。
発見者である農場主らは金塊の所有権を主張し、
国に対して裁判も起こす予定だという。

もし金塊が旧日本軍のものであったとするならば
泰緬鉄道やラングーン部隊が保有していたものである可能性があるが、
終戦間際の激戦地であり敗戦も濃厚であったため、
大量の金塊を持っていた部隊が隠れていられたのかという疑問も残る。

no title


http://mnsatlas.com/?p=35847


※続きは下にスクロール
【旧日本軍が隠したと思われる金塊が発掘される!】の続きを読む