Google

    1: 田杉山脈 ★ 2018/08/18(土) 16:57:58.84 ID:CAP_USER
    インターネット閲覧の主な情報端末がパソコンからスマートフォン(スマホ)に代わっても、ネット閲覧の主役は「ブラウザー」だ。閲覧に加え、様々なアプリを動かす基盤としての役割も担うようになり、重要性が増している。スマホでのネット閲覧や、ゲームを動かす目的に適合したブラウザーを提供する企業が増えている。

    現在、地球上で最も多く使われているブラウザーは米グーグルが開発し無償で配布している「クローム」だ。

     米ネットアプリケーションズによると、パソコンからのウェブ閲覧の61.6%が「クローム」だ。2000年代まで主流だった米マイクロソフトの「インターネットエクスプローラー(IE)」のシェアは11.9%まで後退している。「クローム」はモバイル端末でも62.9%のシェアを持つ。米アップルの「サファリ」が26.9%で続く。

    ■OSとセットで提供が基本

     ブラウザーは基本ソフト(OS)とセットで提供され、スマホのOSに付随したブラウザーを使う人がほとんどだ。このためOS開発企業とブラウザーで競争するのは難しいが、挑む企業が増えている。2014年に設立されたノルウェーのヴィヴァルディ・テクノロジーズはその1社だ。

     米フェイスブックからの個人情報流出などを受け、データの取り扱いに敏感になる消費者は少なくない。ヴィヴァルディはあえて利用者の履歴を追跡できないように、データを蓄積しないブラウザーを提案している。

    「ネット広告企業すら気持ち悪いと感じるほど、ブラウザーが個人データを集めていることに驚かされた」。同社の共同創業者の冨田龍起最高執行責任者(COO)は、前職でのデータ収集の状況を振り返る。

     もともと冨田氏はブラウザー業界で草分け的存在だったノルウェーのオペラ・ソフトウェアの社員だった。14年にオペラはネット上のソフト開発者コミュニティーを閉鎖、ソフト開発を縮小しネット広告に事業の軸足を移した。

     そこで冨田氏が目にしたのが、様々なネット閲覧者のデータが集められ、企業間で共有され広告ビジネスに使われる現実だ。この経験から「個人情報の扱いに留意したブラウザーを作ろうと決意した」と冨田氏は話す。

     14年にオペラ創業者のひとりであるヨン・スティーブンソン・フォン・テッツナー氏らとヴィヴァルディを設立した。利用者の嗜好などを分析せず、追跡もしない。ゲーム好きやエンジニアが使いやすいような機能を盛り込んだのが人気を呼び、サービスを開始後約4年で利用者は世界中で100万人まで増えた。

     ヴィヴァルディの前身とも言えるオペラ・ソフトウェアが開発するブラウザーも一定の支持を得ている。スマホ向けの「オペラ ミニ」は、ネット閲覧時の通信量を抑えられる機能や広告のブロック機能、高速な画面表示機能などが、通信速度やデータ量に制限が多い格安スマホを利用する消費者をひき付けている。広告ブロック機能を持つ米モボタップが開発する「ドルフィンブラウザ」も人気だ。

    ■「2ちゃんねる」が育てた国産

     国産のブラウザーでは「2ちゃんねるが育てたブラウザー」として知られる「スレイプニール」が代表的存在だ。

     ソフトウエア開発のフェンリル(大阪市)の柏木泰幸社長が学生時代、夜な夜なソースコードを書いて完成させた。「新機能を加えた時のネット掲示板での利用者の反応を見るのが楽しかった」(柏木氏)

     その後、05年にフェンリルを設立。システム受託事業など他分野のサービスで稼いだ利益を元に「スレイプニール」の改善にいそしんでいる。

    アスツール(東京・渋谷)が開発した「Smooz(スムーズ)」も、スマホ向けブラウザーとして評価が高まっている。加藤雄一社長は03年に新卒でソニーへ入社。MDの部門に配属されたが携帯音楽プレーヤー「iPod」のブームでMD需要が急減、材料のキャンセルなど後ろ向きの仕事を任された。この経験から「ハードは難しい。小さな組織で大きく生むソフトウエアで生きよう」と決意。16年にアスツールを設立した。

     Smoozは使いやすさにこだわった。片手で操作できるようジェスチャー操作に対応。人工知能(AI)機能を組み込むことで、見たいと利用者が思うニュースを表示できる。目標は「自ら考えるブラウザー」(加藤社長)だ。

     Smoozはビジネスモデルにも知恵を絞る。ブラウザーは今も昔も無償配布が主流だ。ソフトの販売を収益源にするのは難しく、ブラウザーの開発費を他の事業の収益に頼る企業が多い。
    以下ソース
    https://www.nikkei.com/article/DGXMZO34230390W8A810C1X13000/

    7: 名刺は切らしておりまして 2018/08/18(土) 17:32:50.53 ID:7xNB+r9u
    もうクロームの牙城は崩せんよ
    新しいPCや端末買ってもクローム入れたら簡単連携
    手放せないわ

    ※続きは下にスクロール




    【ブラウザー1強グーグル崩せ 独立系、スマホで躍進 】の続きを読む

    1: ムヒタ ★ 2018/08/08(水) 13:28:19.57 ID:CAP_USER
     Google Japanは8月8日、デジタルホワイトボード「Jamboard」を日本国内で発売した。クラウドとWi-Fiで接続し、遠く離れた場所にある別の端末と画面を共有できる。価格は64万円(税別、以下同)。年間の管理費・サポート費として7万7000円が別途かかる。
    no title


     55インチ4Kディスプレイを搭載。従来のホワイトボードを使うのと同じような感覚で、タッチペンや指で描画でき、専用の“白板消し”や指で消せるという。「G Suite」で作成した資料の表示や、Google検索でWeb上から画像などを取り入れることも可能。
    no title


     共有している画面には、別のJamboard、タブレット端末などから参加できる。「ハングアウト」で会話しながら資料にテキストや図を書き込める。Jamboard本体には、Webカメラ、マイク、スピーカーを搭載し、Web会議にも対応する。

     車輪付きのポータブルスタンドを付属し、別の場所への運搬も可能。電源供給用のケーブルを1本備える。

     同様のホワイトボード端末は、日本マイクロソフトが「Surface Hub」(55インチモデルが103万8000円)を販売している。
    2018年08月08日 12時22分
    http://www.itmedia.co.jp/news/articles/1808/08/news064.html

    4: 名刺は切らしておりまして 2018/08/08(水) 13:38:41.63 ID:sfSTrAGd
    中華企業が49800円で類似品を出すまで待て。

    9: 名刺は切らしておりまして 2018/08/08(水) 13:53:57.20 ID:fjE3BVsC
    有料とか
    googleさんのサービスコンセプトに反してんじゃないの?

    23: 名刺は切らしておりまして 2018/08/08(水) 14:55:26.40 ID:yK0f62RU
    >>12
    場所Aで書いた手書きのメモに、場所Bで内容を書き足すといった使い方くらいはできるんでねーの?

    ※続きは下にスクロール




    【Google、64万円のホワイトボード発売wwwwwwwwww】の続きを読む

    1: しじみ ★ 2018/08/04(土) 11:30:10.23 ID:CAP_USER
    Google Glassは2017年7月以来、法人向けに販路を絞ってその活用方法の創出に重点を置いています。そして、最新のトピックはこれを自閉症を持つ子どもたちに周囲のソーシャルな状況を理解させるための活用方法が見出されつつあるということです。

    科学誌Natureの関連誌npj Digital Medicineに掲載された報告書によると、Google Glassと顔認識ソフトウェアを組み合わせ、自閉症など発達障害を抱える子どもたちに、相手がいまどんな感情を持っているか...たとえばリラックスしているのか、怒っているのかといった情報を提供する治療的ルーチンを開発しました。
    そのパイロット試験は、自閉症スペクトラム障害の子ども14人に自宅でこのシステムを使ってもらったとのこと。子どもを対象にした理由は、その人格形成期における生活で社会性を身につけることで、その後の人生におけるコミュニケーションの改善に役立つとのアイデアから。

    この試験ではGoogle Glassを使わない、比較対象となる被験者を用意しなかったものの、試験に参加した14人のうち12の家庭が、以前より子どもがアイコンタクトを活用できる様になったと報告しました。

    テクノロジーによる発達障害や身体的な障害を持つ人たちへの支援は、これまでにもいくつかの大手企業が行なっています。

    たとえばサムスンは2014年にスタートアップのMightierと組んで、自閉症やADHDを持つ子どが感情をコントロールすることを学べるアプリをリリースしています。またMITは話し声とそのトーンを認識、分析して話者の感情を判断しユーザーに知らせるスマートウォッチアプリの試作バージョンを開発しました。

    マイクロソフトは、開発者向けカンファレンス018で、障害を持つ人々を支援するAIソリューションの開発に5年間で2500万ドルを投じることを発表しています。

    自閉症やADHDの子どもを抱える親の負担感や精神的な疲労感は、その立場になってみなければ理解しづらいものです。AI技術がそれらを少しでも緩和でき、そして子どもたちの未来が少しでも明るいものになるのなら、それこそがテクノロジーの正しい使い方だと言えそうです。

    no title


    https://japanese.engadget.com/2018/08/03/google-glass/

    2: ニュースソース検討中@自治議論スレ 2018/08/04(土) 11:32:00.69 ID:aMX9geMi
    空気を読む能力を外付けするのか

    3: ニュースソース検討中@自治議論スレ 2018/08/04(土) 11:50:45.71 ID:uFL0BNTd
    AIに空気を読ませてそれを教えてあげるのか
    いっそのことAIに喋らせて自閉症の人と他の人との間を取り持ってあげたらどうよ?

    【Google Glassで自閉症の子どもにコミュ力を。顔認識ソフトで相手の感情を通知 】の続きを読む

    1: 名無しさん@涙目です。(北海道) [US] 2018/07/31(火) 08:47:21.69 ID:OXg0tL9m0 BE:422186189-PLT(12015)

    3: 名無しさん@涙目です。(やわらか銀行) [EU] 2018/07/31(火) 08:49:23.56 ID:svZohyR30
    >>1
    やっぱりMac使うのか

    9: 名無しさん@涙目です。(埼玉県) [US] 2018/07/31(火) 08:54:07.23 ID:ycw4fvwY0
    おまえらっぽいだけで能力は段違いなんだよな


    ※続きは下にスクロール
    【Googleの社内が楽しそうだと話題に、おまえらっぽいのもいる 】の続きを読む

    このページのトップヘ