iPhone

    1: ムヒタ ★ 2018/06/28(木) 04:01:43.40 ID:CAP_USER
    iPhone購入者の15%~20%はAndroidからの乗り換えユーザーであり、AndroidからiPhoneに乗り換えるユーザーは「低価格」「大画面」のモデルを選ぶ傾向が強い、との調査結果が発表されました。

    iPhone購入者の15%~20%はAndroidからの乗り換え
    調査は、2017年10月から2018年3月までの半年間にAndroidスマホからiPhoneに乗り換えた米国内の消費者2,000人を対象として、Consumer Intelligence Research Partners(CIRP)が実施しています。

    CIRPは、iPhoneの販売台数の15%~20%はAndroidからの乗り換えユーザーが占めている、と推定しています。

    低価格モデルを好む元Androidユーザー
    Androidスマホからの乗り換えユーザー(青)iPhoneシリーズからの買い替えユーザー(赤)の、モデルごとの購入割合を比較すると興味深い傾向がみられます。
    no title


    iPhone8/8 Plusが最も人気のモデルとなったのは、Androidからの乗り換えユーザー、iPhoneのリピーターともに共通しています。

    しかし、Androidからの乗り換えユーザーでは、低価格の旧モデルであるiPhone7/7 Plusが約25%、iPhone6s/6s Plus が約12%と、iPhoneリピーターと比べて割合が高くなっています。

    エントリーモデルに相当するiPhone SEを購入したのは乗り換えユーザーの約12%で、iPhoneリピーターのおよそ2倍にのぼります。

    一方で、iPhoneシリーズ史上最も高価なモデルとなったiPhone Xを購入したのは、乗り換えユーザーの10%弱で、iPhoneリピーターの半分以下の少数派です。

    CIRPのパートナー兼共同創業者のジョシュ・ロイツ氏はこの傾向について「Androidスマホは多くのモデルが発売されているが、比較的低価格のモデルが多く、新たにiPhoneに買い換える際、最新のフラッグシップモデルの最新機能にこだわる人が少ないからだろう」と指摘しています。

    大画面の「Plus」モデルを好む元Androidユーザー
    Androidからの乗り換えユーザーのうち、39%が大画面の「Plus」モデルを選んでおり、iPhoneリピーターの29%よりも高くなっています。

    この傾向についてCIRPのパートナー兼共同創業者のマイク・レビン氏は「Androidスマホメーカーは、以前から大画面モデルを提供していたので、Androidユーザーは大画面のiPhoneを好むのだろう」と分析しています。
    2018年6月28日 00時07分
    https://iphone-mania.jp/news-217167/


    ※続きは下にスクロール
    【AndroidからiPhoneに乗り換えたユーザー、安くて大画面のモデルを好む】の続きを読む

    1: 風吹けば名無し 2018/06/21(木) 18:09:25.35 ID:EFWVCmSl0
    マジで

    2: 風吹けば名無し 2018/06/21(木) 18:09:51.90 ID:9ayWr/Ns0
    実際はされてないみたいだけどな


    ※続きは下にスクロール
    【日本の学生はiPhone使ってないと仲間はずれにされるらしいな 】の続きを読む

    1: 名無しさん@おーぷん 2018/06/20(水)07:45:12 ID:ove
    パソコン「iTunesを最新にアップデートしろ」
    iTunesアップデート(1時間)

    ワイ「よっしゃiPhone繋げたろ!」
    パソコン「windowsを最新にアップデートするんやで、手動でアプデする場所は教えてやらないンゴ」
    アップデートの方法を探す(30分)

    スマホ以下のゴミ「インストールするけど一定時間操作なかったらまた最初からやり直しな」
    更新プログラムのインストール(3時間)

    スマホ未満のゴミ「よっしゃアプデや!再起動してクレメンス」
    アプデ&再起動(n時間)←耐えきれなくなって就寝

    ワイ「やっとiPhone繋げられる」
    無機物の池沼「嘘ンゴ不明なエラーで繋がらないンゴ」
    障害者団体「サポートセンターでたらい回しにしたろ!」

    【iPhoneガイジ、長時間格闘するもPCとiPhoneの接続ができずにスレ建て→ネラーに泣かされるwww】の続きを読む

    1: 名無しさん必死だな 2018/06/21(木) 09:54:27.54 ID:B2fbtALv0
    【実売速報】Huawei P20 lite がついにiPhone を抜いてTOPに! スマートフォン 売れ筋ランキング 2018/6/20

    「BCNランキング」日次集計データによると、2018年6月18日、スマートフォンの実売台数ランキングは以下の通りとなった。

    1位 P20 lite ANE-LX2J(Huawei Technologies)
    2位 iPhone 8 64GB(NTT docomo) (アップル)
    3位 iPhone 8 64GB(au)(アップル)
    4位 iPhone 8 64GB(SoftBank) (アップル)
    5位 P10 lite WAS-L22J(Huawei Technologies)
    6位 S4(京セラ)
    7位 Xperia XZ1 SOV36(ソニーモバイルコミュニケーションズ)
    8位 ZenFone 4 Max ZC520KL(ASUS)
    9位 AQUOS sense SHV40(シャープ)
    10位 AQUOS sense SH-01K(シャープ)
    no title

    https://www.bcnretail.com/research/detail/20180620_64587.html


    ※続きは下にスクロール
    【HuaweiのP20 lite、iPhoneの売上を超えるwwww】の続きを読む

    1: ノチラ ★ 2018/06/18(月) 20:26:30.72 ID:CAP_USER
    インターネットイニシアティブ(IIJ)は6月13日、ハイレゾストリーミングサービス「PrimeSeat」(プライムシート)のiOSアプリの提供を開始した。

    PrimeSeatは、ハイレゾ音源で、オリジナル番組やコンサートといったさまざまなコンテンツをライブ・ストリーミングとオンデマンドで配信しているサービス。これまではPC用ソフト(WindowsとMac)でのみ聴取アプリを提供していたが、今回iOSアプリを用意し、iPhoneでもPrimeSeatを使えるようになった。PCで提供しているコンテンツのうち、有償コンテンツを除く無償のものだけを配信する。アプリの対応OSはiOS 9.3以降だ。

    PrimeSeatでは、東京藝術大学で開催された演奏会を録音した「藝大ミュージックアーカイブ」やJAZZクラブでの「JAZZ Live」、キングレコードによるアニメ・特撮関連の名作レコード・CDをハイレゾ化した「ハイレゾ浪漫倶楽部」などをオンデマンドで提供。また、ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団の演奏会をハイレゾ音源(DSD11.2MHz)でライブ・ストリーミング配信している。なお次回のベルリン・フィルハーモニー管弦楽団の演奏会ライブ・ストリーミングは、2018年6月21日に行われる。
    https://news.mynavi.jp/article/20180614-646742/


    ※続きは下にスクロール
    【IIJ、無料でハイレゾ音楽を楽しめるiPhoneアプリ提供】の続きを読む

    1: 風吹けば名無し 2018/06/19(火) 07:17:22.73 ID:+1Lvy4s/M
    iPhoneまで待った方がええんか


    ※続きは下にスクロール
    【なんJ新しいスマートフォン欲しすぎる部 】の続きを読む

    1: ムヒタ ★ 2018/06/13(水) 06:08:27.56 ID:CAP_USER
    2019年モデルのiPhoneやiPadが、Lightning端子ではなくUSB Type-C(USB-C)端子を搭載すると、サプライチェーン関係の情報に詳しい台湾メディアDigiTimesが報じています。

    2019年のiPhoneはUSB-C端子搭載、2018年の充電器に変化なし
    DigiTimesは、2019年にAppleがiPhoneやiPadの充電用端子がUSB-C形式になると、「アナログICベンダー」関係者からの情報として伝えています。

    同メディアは、2018年のiPhoneにUSB-C方式の充電アダプタが同梱されることはない、とも主張しています。

    現在、MacBookとMacBook ProシリーズはすでにUSB-C端子を採用していますが、iPhoneとiPadにはAppleの独自規格であるLightning端子が用いられています。

    以前から繰り返される同様の報道
    同様の情報は、2017年2月に米Wall Street Journalが「2017年のiPhoneにUSB-C端子が搭載される」と報じているほか、以前から数多くの噂がありました。

    2017年秋に発売されたiPhone X、iPhone8/8 Plusには引き続きLightning端子が搭載されましたが、USB-C充電アダプタを使った高速充電に対応しています。

    2019年のiPhoneにUSB-C方式の充電器同梱、の意味か?
    米メディアMacRumorsは、DigiTimesの報道を懐疑的に報じながら、もしかすると、今回報じられているのは、2019年のiPhoneにUSB-C方式の高速充電対応アダプタが同梱されるという意味なのではないか、と指摘しています。

    今年5月には、今秋発売のiPhoneに18W USB-C電源アダプタと対応ケーブルが同梱される、と報じられたほか、USB-CーLightningアダプタのものとされるCAD画像が流出して話題となりました。
    2018年6月12日 23時44分
    https://iphone-mania.jp/news-215461/


    ※続きは下にスクロール
    【iPhone、Lightning端子を廃止しUSB-Cを採用か】の続きを読む

    1: ムヒタ ★ 2018/06/12(火) 03:22:11.71 ID:CAP_USER
    no title


    Appleは今秋、LCD搭載モデルと、2台のOLEDディスプレイ搭載モデルの計3台の新作iPhoneモデルを発表するといわれていますが、6.1インチのLCD搭載モデルと、6.5インチのOLEDディスプレイ搭載モデルの設計図が流出し、iPhone X Plusにトリプルカメラが搭載される可能性が浮上しています。

    iPhone X Plusの詳細な寸法が判明
    米メディアForbesは、今秋発売が予定されている3台の新作iPhoneモデルのうち、2モデルの設計図の入手に成功したようです。

    設計図からデバイスの詳細なサイズ感がわかるだけでなく、隠された機能までも明らかになりました。6.5インチのiPhone X Plusとみられるモデルの背面には、トリプルカメラとみられるものが描かれています。

    当初、トリプルカメラのiPhoneへの導入は2019年になってからだと報じられていましたが、6月に入って韓国のThe Investor(Korean Herald)が、今秋発売予定のiPhoneのうち1台にトリプルカメラが搭載されるとの新たな情報を伝えています。その1台というのは、現行のiPhone Xよりも大きな6.5インチのOLEDディスプレイを搭載するiPhone X Plusであるとのことでしたが、今回リークされた設計図とも一致しています。

    なお、iPhone X Plusの寸法は、157.2 x 77.1mmとなっており、5.5インチのディスプレイを持つiPhone8 Plus(158.4 x 78.1mm)よりも若干小さくなるようです。

    廉価版iPhone Xは現行モデルよりも大きめ
    6.1インチのLCD搭載の廉価版iPhone Xの寸法は、147.12 x 71.52mmと、現行iPhone X(143.6 x 70.9mm)よりも大きめとなっています。デバイス背面にはデュアルカメラではなく、シングルカメラが搭載されるようです。

    6.5インチの廉価版iPhone Xには、第一世代のFace IDが搭載されるといわれており、5.8インチと6.5インチのOLED搭載モデルは第二世代のFace IDをサポートするとみられています。
    2018年6月11日 23時22分
    https://iphone-mania.jp/news-215285/


    ※続きは下にスクロール
    【iPhone次期モデルはトリプルカメラを搭載か】の続きを読む

    このページのトップヘ